BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ガイドによるエネルギー調整

こんばんは♪

もうちらほら、桜が咲き始めたところもあるみたいですね。

気候はまだ、あまり春の感じがしないですが。


 
室内のお花も絶好調♪


今回の話題は、「ガイドによるエネルギー調整」です。


ここ数日、夢見が濃い!と思っていたら一昨日が満月だったんですね。

ここのところ、私特有の「満月前日の体験」があまりないかな…

と、思っていたのですが、(気になる方はブログ内検索か、

「夢、明晰夢、体外離脱」のカテゴリをご覧ください。)

そうでもなかったみたいです。


亡くなっている人かどうかは不明ですが、夢の中で、

ある人の思念の中に深く集中して入っていき、癒す体験もありました。

相手は、この人生では出会ったことのない人です。


そういうときには本当にエネルギーを使っているし、

その体験への集中力もものすごいので、

こちらの世界に戻ってきたときに「あれっ!」と、現実感がおかしくなります。

さっきまで確かに体験していた世界が、急に消えるわけですから。


あちらの「現実感」は、こちらの現実とまるで変わらず、

あなたがたった今、経験しているこの現実がふっと消えて、

急に自分がどこかで寝ていることを発見して、

「こっちが現実なんだよ」と思わなければならない…

というシーンを想像してください。ちょっとあせるでしょう(笑)



さて、そんな濃い夢のつづく中でも、

最新の夢の中で、普段とはひと味違う体験をしました。


ガイドが出てきてエネルギー調整してくれたんです。


一体何をガイドと呼ぶかは微妙ですが、

過去には私が体外離脱で会いに行った「ビリー」のお話などもしましたね。

「明晰夢体脱でガイドと会うの巻1」「2」を参照。)

beats-and-love.hatenablog.com

beats-and-love.hatenablog.com

今回は、特に意識して会ったというわけではなくて、

気づくと夢の中に登場していて、コミュニケーションを取ったのです。


最初は、普通の夢でした。


ボブ・マーリー好きのインド人の親子(父親と成人している息子)が、

日本で就職先を探していました。

(※私自身が、ボブ・マーリー好きなわけではありません。

なぜだか夢の中のその人たちがボブ・マーリー好きである、

という情報は、はっきり覚えているのです。 笑)


私は、身近な者たちと協力しあって、彼らを助けました。

日本で仕事を探していたのは息子さんの方だったのですが、

息子さんの就職が決まり、親子はよろこんで、

ぶじ、私は2人と笑顔で握手を交わしたことを覚えています。



そんな夢からいくつかの夢が色々あって、気づくと、ガイドの登場です!


それまでの夢の中で、ストーリーの形を取りながらもあちこちで、

自分の「エネルギーが動いている」という実感
はありました。

ただ、うまく夢のストーリーの脈絡に織り込まれている感じでしたので、

そのときは「エネルギー調整をしている」という認識はなかった
のです。



ところが、あるときから、舞台裏を見るがごとくの、プレーンな世界にいて…


表現するなら「試着室」や「楽屋」みたいなわりと味気ない白っぽい場所、

そこに、私はガイドといました。


ガイドは私の後ろに立っていて、エネルギー調整を手伝ってくれていました。


私はびっくりして、テレパシーで(口を通してしゃべっているのではない)、

「あなたはガイドなの?」

と、尋ねたのです。


すると、相手の答えもはっきりとした音声で聞こえますが、

やはり「口を通した声」ではなくて響く音なのです。

「頭の中に直接聞こえる音」という表現がありますが、それです。

ただし、「思考のような無声の音」ではありません。


「そうだよー(それが何か?)(°∀°) 」

という感じで、気楽に答えてくれました。


このとき、私は状況が自覚できていたので、明晰夢」の状態でした。

こんな風に会話できることにワクワクした私は、

「あなたの性別は?」と、尋ねました。


すると、返ってきた答えが、

「うーん…姿は、女性。」


ガイドの外観を見ると、まず、

形は人間の形をしているのですが、どこか生身の人間っぽくないのです。

電気的な白色の人型が、人間の形だけとっているような…。

たとえるならばそんな「気配」を感じるというか、

元々こういう姿なわけではないんだろうな、と思わせるのでした。


そして確かに、見かけは普通の女性の外見をしていました。

日本人か?と言われると、それは違う感じです。

ただ、先述のようにあまり「色」の印象がなかったので、

なに人、と定義することも難しそう。


顔立ちなどの容貌は、華美でうつくしい女性…というわけでもなく、

ごく普通の印象でした。髪は長くなく、体型は細身でした。



そしてその後も、ガイドのガイダンスに従って、

私は姿勢を変えたりしつつ、エネルギー調整が続行されたのです。


ある方向からエネルギーを流すと、

今度はまったく逆のプロセスでエネルギーを流したりしました。

(たとえば、流したエネルギーを手の全指先から抜けさせた後、

今度は逆に、手の全指先からエネルギーを入れて流す、ということもする。)


そうしている間、

普段、あたかも夢で「ストーリー」を経験しているように見える背後でも、

こうしてエネルギー調整が起こっている場合があるのだということに気づいて、

「それって自作自演みたいでなんだか気が引けるというか…」

と、私が感想をもらすと、※

(※自分自身がエネルギーを調整していることを、

自分でうまく夢のストーリーに仕立てあげているわけだから)、


「なんで?(´・_・`)」

と、本当にその意味や感覚がわからないという顔をされました。※

※補足…そもそも、「自作自演」ということに対して私たちが抱きがちな、

むなしさだとか、ネガティブな感覚を彼らはいっさい持っていないということ。


☆☆☆


こういう「ガイド」との遭遇は、

それすら「自分自身の中での体験」と見るのもひとつですが、同時に、

多くの「肉体という形態を選択していない存在」があるということ、


私たちも、

「この現実に意識をあわせていないときには、

彼らと同じように活動し、彼らと交流している」

ということを認識することは、大切だと思います。


なぜならそれは、私たちの「この現実以外のフォーカス」

つまり、生まれる「前」や、死の「後」は?

…という身近な疑問にも答えてくれるからです。


あなたも、夢の中で様々な「シナリオ」を作るという創意工夫をして、

自分自身に必要なエネルギー調整を施していることでしょう!


ヘルパーたちとも協力しながらね。(*^▽^*) キラキラ☆

ブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!

精神世界ランキング

スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.