BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

エネルギー的なコミュニケーションを見直す

しばらく前から進行している変化にともなって、今後やりたいことを絞り込んでいる最中です。
その内容を言葉で説明するならば……と考えながらつけたタイトルがこちら。

「エネルギー的なコミュニケーションを見直す」

私にとって、エネルギーの領域(一般に「見えない」とか「非物質的」と呼ばれている世界)で何を行うかが、以前よりますます意義を増しています。

近頃のこうした記事にも、その流れに対する思いが含まれていました。

「理想を実現するために、変わった方がいいこと。」

beats-and-love.hatenablog.com

「自然界の仲間の声にもっと耳を澄ますには」

beats-and-love.hatenablog.com

言葉や行動の次元を軽んじるというわけではありません。見えない領域も含めた「すべての側面が揃うこと」が大切であるという実感が深まっているのです。

このことを、個人セッション講座の内容にも反映させたいと思いました。

エネルギーのあり方や、そのバランスを体感すること

私は以前、エネルギーヒーリングのセッションを中心に行いたいと考えていた時期がありました。
結果として、その当時の現場ではエネルギーヒーリングよりもスピリチュアルカウンセリングを求められることが多く、私は物事を言葉で説明したり、お話ししたりすることが得意でもあったために、自然とそれがセッションスタイルになっていきました。
しかも、後述するように、カウンセリングで意識や心にあるものを紐解き、その内容を自覚してもらうことは、パワフルな上に不可欠でもあったのです。

そう認識すると、カウンセリングに十分な時間を取ることを優先し、ヒーリングはセッションのクロージング時に短い時間行う、という形を一時期は取っていました。

やがてエネルギーヒーリングの時間をなくし、スピリチュアルカウンセリングのみのセッションへと変化を遂げたのは、
「ご本人が気づき、納得し、腑に落ちること」
「ご自身の意志や望みを認め、許可すること」
それさえ定まれば、エネルギーはその内容に沿って自動的に動くからという理由がありました。

逆に言うと、いくらエネルギーを「一時的に」整え、バランスを促すことができたとしても、「本人の意識」によってはまた元に戻るということです。
意識の内容、あり方を変えることができなければ、セッションで何をしても対症療法的なものとなり、根本にアプローチすることはできません。 

エネルギーの世界を扱い、調和を味わう楽しさ

スピリチュアルカウンセリングという「形」を取ろうが、さらに言えば日常生活においての様々な関わりであろうが、エネルギーの領域で交流が起こっているということに変わりはないのですが、セッションという観点で見ると、限られた時間の中で何へ意識的にフォーカスし、具体的に行うか、という違いは出てきます。

私自身は、言葉を用いない表現方法が今でもかなり好きなのです。 
以前から記事でも書いているように、言葉には限界があり、より広大だったり柔軟だったりする内容を、特定の解釈へ閉じ込める「枠」となるということを無視できません。

音楽などを楽しむときにはよりダイレクトに「エネルギー」を扱いますが、それが私にとっては面白く、とっつきやすく、趣味と実益を兼ねているなぁとつくづく感じます。
すると、私自身の活動、個人セッションを含めたメニューにおいて、
「言葉を用いないエネルギー的アプローチも併用するのが、私には自然である」
と、改めて思うようになったのです。

たとえば、先のリンク先記事でふれた「異種間コミュニケーション」もそのひとつです。

多様な生物とコミュニケートするとき、「言葉」でお話しするのとは違いますよね。
たとえもし、あなたにとって言葉でお話ししているように感じられたとしても、それはあなたの解釈(翻訳)を通してそのように経験されているのであって、本当に行われていることは「言語になる前のテレパシー的な(エネルギー的な)コミュニケーション」なのです。

今後、フォーカスしていきたいこと

というわけで、昔の自分が行っていたように、

1.個人セッション(スピリチュアルカウンセリング)にエネルギーヒーリングも取り入れる。

これは近々実行する予定です。
すべてのセッションをこの形にするのか、あるいはメニューの選択肢のひとつとして、そうしたエネルギーヒーリングを含めたセッションを作るのかは検討中です。

さらに、

2.異種間コミュニケーションに力を入れること

こちらは現在進行形で、自分の生活を通して経験を重ねているところです。
これまでも個人セッションの中で、ご依頼者様と共に暮らした動物さんたちのお話が出ること、場合によっては、彼らからのメッセージをお伝えすることがありました。
様々な生物のメッセージをお伝えすることは私の本望ですが、最近の記事に書いた通り、虫さんたちとのコミュニケーションなどまだまだおろそかにしていた部分があり、実践から学んでいる最中です。

いずれはセッションにも異種間コミュニケーションをより活かせればと思いますが、しばらくはブログ記事で、私の経験をシェアできたらいいなと考えています。

この夏、あなたにはどんな志(こころざし)がありますか。
ひそかなものでも、おおっぴらなものでも、どうぞあなた自身のそれを大切にしてください。


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.