BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

あなたと共鳴し合うエネルギー・何を信頼するかの選択

先月、「見える景色も感じ方も一変する」という記事を書きました。

beats-and-love.hatenablog.com

その実感をますます深めています。

たとえば、同じメンバー、同じ場所、同じ条件だったはずのものが、あなたの意識が変化するにつれ、まったく異なる様子に感じられたら……
「別世界」のように、変化していると気づいたら……

あなたは、あなた自身のエネルギーと「外に見えている世界」とは、連動していることを実感するでしょう。
あなたの意識の反映が「現実」であるという認識を深めることになるでしょう。

今回は、そんなお話です。
「あなたと共鳴し合うエネルギー・何を信頼するかの選択」

感じ方が変化してるから、だけでなく、物理的にも世界は変わります

先にご紹介した先月の記事で書いた通り、私自身、ものの見方や感じ方の変化に伴う明らかな「現実の変化」を度々体験しています。
該当記事では住まいや暮らしなどの「環境」を例として取り上げました。

かつては嫌いだった。良いと思わなかった。苦手としていた。
そういった要素が、いつしか「好き」に昇格することがあるなどと、過去の自分が想像できたでしょうか。
「受け入れる」とか「何とか大丈夫になる」ではなく、「好む」ようになるということ。
全く違う受け取り方が育っていて、心から「幸せを感じる」ようになるということ。
それは、180度の変化と呼んでいいものです。
「かつてのエネルギーとは異なる質の並行現実を生きている」と説明することもできます。

もちろん、意識(内面)が変化してこそ、物理的な現実面でも目を見張るような発見が相次ぐということも学びました。

ここで大切なのは、まず意識の変化があって、それから物理的な変化が起こることです。
先に、外の状況が変わることを期待するのではありません。
前回の影絵のたとえで言うと、影の変化を待つのではなく、元を変えるということですね。
前回「共栄共存、続き~取り入れる~」

beats-and-love.hatenablog.com

どんどん自分好みの世界になっていく。その仕組みは……

私の場合、かつては惹かれなかった場所が、今では惹かれる場所に変わり、すでに体験済みであるはずのところへ物理的に戻ってきた形なのですが、驚いたのは、
「環境すらも、どんどん自分好みに変わってしまっていた」
ということです。つまり、知っていたはずの「外の世界(状況)」に見られる変化です。

自分自身の捉え方や感じ方、解釈が変わったということはもちろんありましたが、それだけでなく、実際の状況の面でもうれしい発見が続出しました。

この地域、この環境、こんなに素晴らしい暮らしだったっけ?
欲しいものがすべて揃っている。まるで理想通りじゃないの!
そんな、あぜんとするような気持ちで、よろこびを感じることが多いのです。

中には「かつてもあったはずなのだが、今の自分のエネルギー状態やフォーカスがあってこそ見つけられた」という物事を知る、目からウロコの体験もありますが、
もっと不思議なのは、「かつてはそうでなかったけれど、思いがけず新しく作られたり、変化したりしていた」物事と出会うことです。
一体どんな経緯で、私がよろこぶ形、満たされる状況に、変わっていったのか。
その展開についてはよく知らず、想像もつかず、ただ変化をありがたく享受するだけです。

この「魔法のような」変容の感覚は、現実で意外と起こるものです。

現実は固定されたものではなく、柔軟な媒体であるということを、思い出していただけたらと思います。

どんな物事も時と共に変化しますが、その変化があなたにとって望ましいこともあれば、そうでなく、かえって変化によってある物事や場所から離れる・去る決断をするということもあるでしょう。

その違いは、あなたのエネルギーが共鳴しているか、いないかに言い換えることができます。
自分のエネルギーと共鳴し合っているところへ、あなたは惹かれます。
逆に、あまりにもエネルギーの質が合わなくなってしまったら、響き合うところがなくなってしまったら、あなたはそこにいられなくなります。関われなくなります。

私にとって今回は自分の心、フィーリングによる呼びかけに従って場所を移動し生活を変えた結果、既知であった環境も、
「こんな風に、自分に合っているものに変わっていたとは!」
と、新しい体験をすることができたという流れでした。

自ら主体的にその決定を行ったからだけでなく、実際に今味わっている様々な「一致」の感覚からなお一層、

私がここにいたくて、いる。自分が好んで、選んでいる。

との明晰さが強まっているのですが、「なぜそうしたか」については、後から種あかしのようにもたらされたことが面白いです。

先に「理由なき(そのときは詳細がわからない)フィーリング」があり、それを信頼すると、後で「どうしてそう感じていたか」の内容を目にするのです。

でも、もしここで、あなたが「頭で分析し、自身のフィーリングを否定したら」、その一連の流れを体験することができません。

大切なのは、あなたの心が何に惹かれているかを素直に認識することです。 
内から湧く流れに従えば従うほど、人生はスムーズになり、よろこびにあふれます。
ただし、あなたの心は変化するものなので、「自分はこうである」と思い込む代わりに、その都度「今」の自分がどう感じているかへ耳を傾ける必要があるのです。

以前の経験を参考にせず、心の導きに従うこと 

私たちが過去を参照するとき、「今」を見ていません。

かつての経験から物事を決め付けてしまったら、意識の中では、過去の焼き直しが繰り返されるばかりです。本質的に同じ構造の現実を外に反映して、あなたの体験にしてしまいます。

あなたの心そのものは、本当はなにものにも囚われていません。
あなたのフィーリングを通して、「今」のあなたへ調和した現実、共鳴しているエネルギーのありかへと案内してくれます。

信頼に足るのは、どっち?

過去という辞書を参考にすること?
それとも、今のあなたのハートが教えてくれること?

選択するのは、いつでもあなた自身なのです。


★6月17日(日)講座のお申込み受付中
詳しくはこちらの記事をご覧ください★

beats-and-love.hatenablog.com

★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★ 

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.