BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「ガラケー家族がスマホにしたら。スピリチュアル視点をまじえて語る【第2話 強制され得るという錯覚から目覚める】」note公開

noteに、「ガラケー家族がスマホにしたら。スピリチュアル視点をまじえて語る【第2話 強制され得るという錯覚から目覚める】」を公開しました。

note.com

<目次>
ガラケーにさよならしたくなかった理由
◇全力を尽くした結果、スマホ街道を歩むことに
◇乗り気じゃなかったスマホ選び
◇機が熟すと、出会う。喜びの展開 

第一話からのつづきです。

変化の過程で、抵抗がある間はどんな体験をするか、自分の心がすっきり一致したときはどんな感じなのかなど、具体的現象も挙げながらの私の例を読むことができます。

自分の内以外の「何か」に強制されていると感じているときには、自身の信じている幻想の中で眠り込んでいます。
現実は、あなたの反映にほかなりません。

ガラケースマホそれぞれに対して私が感じてきたことも書いています。
この回は、家族というより主に私の話です。
次回は家族のエピソードも登場しますよ。

☆この記事は続き物で、全3回を予定しています。
各回ごとの購入もできますし、続きも含めた全体を「2020年1月後半のエッセイ」マガジンでお読みいただけますので、通しで読む方はそちらもご検討ください。


★noteの使い方、ご購入の説明は、こちらの記事を。
「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.