BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「動物の世界を眺める際、気をつけた方がいいこと(コミュニケーターとして)」note公開

noteに「動物の世界を眺める際、気をつけた方がいいこと(コミュニケーターとして)」を公開しました。

note.com

<目次>
◇動物の世界に持ち込まれる人間の観念【観察者の解釈によるミスリード
◇動物への理解を制限する思い込みを外す【隣人としての生き物たち】

人間以外の生物を理解すること、テレパシーコミュニケーション、アニマルコミュニケーションについての記事です。

テクノロジーによって私たちは、自分で直接見たことのない生き物の生活の様子も垣間見ることができるようになってきています。
ただし、それらを「知る機会」として用いるとき、どんな注意が必要でしょうか。
あるいはいかなる状況でも、あなた自身が他の生物を眺めるときに覚えておきたいことをお伝えしています。

テレパシー・アニマルコミュニケーションを実践する際のアドバイスとしてはもちろん、
人間以外の生物や自然界との間に「自分で設けた境界」を見直したい方、
内にある観念の作用を自覚し、手放したい方、
「ひとつの私」の視点から全生物を捉えたい方、

記事を通して、私の得ている気づきや実感、心の姿勢がお役に立てれば幸いです。

 

「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.