BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「この世に興味が薄れたら・魂はチャレンジが好き」noteに公開しました

noteに「この世に興味が薄れたら・魂はチャレンジが好き」を公開しました。

note.com

<目次>
◇この世に興味が持てないように感じるとき
◇不足から来る動機ではない「純粋な動機」
◇できない、と思うと「湧く」こともストップする。魂はチャレンジが好き!

以前から「悟り」ってゴールではない、言い換えるとゴール足り得る悟りはなくて、何段階も先があるということを伝えてきた私ですが、その視点からの語りも入れた今回は「この世に興味がなくなっちゃったよー」と感じている方におすすめの記事。

私とは何か、この世界とは何なのかの自覚を取り戻した方――その度合いは様々かもしれませんが、目覚めを通過した方にとって、それまで通りにこの世界への関心を持ち続けることは難しくなることがあります。

そのようには経験しない方もいるでしょうし、その感覚が一時的である方も、また、思いのほかそれが長く続く方もいるかもしれません。
私に関して言えば、この世への興味が減じる感覚がよくわかります。

私の過去の記事から最近の記事まで幅広く読んでくださった方は感じるかもしれませんが、私は今は、かつて以上に平和な生活をしています。
家族仲も良く、いつかの私が「夢みたい」と思うような、自分自身のままで好きに暮らしているのに周囲とも調和していて平穏で楽しいという生活が実現しています。

ただ、そうなった一方でしばらくの間「あれ? この世に興味が薄れたなぁ」という感覚を自覚しており、それをどうしたらいいのか困惑する気持ちもありました。
決して、この世への愛しさを失ったわけではないのですが、特定の執着もない代わりに、以前のような興味関心が抱けるかといえば、それは薄れたのです。

同時に私は、自分の魂がここにいたいと思っていなければ、この世で生きているはずはないことを知っていました。
ですから、なぜそのような「誤差」が生まれるのかを精査していました。

それでわかったことを、この記事にまとめています。
したがって、この記事は「この世にいまだ生きているにも関わらず」(笑)、

この世に以前ほど興味が持てなくなったとか・関心が薄れたと感じている方、
自分のワクワクすることや情熱がわからなくなった方、
「自分がここにいる」魂の意図はなんだろうと思っている方、

あるいは「悟り」の段階や「目覚め」のその後について造詣を深めたい方、
世界を救う・他者を救済するなどの概念に何かしら違和感をおぼえる方、
承認欲求や、「分離した他者」がいるという観念によってではない「純粋な自己表現」をしたい方、
魂からの純粋プログラムとは何だろうと考えている方。

どうぞこの記事をお読みください。
あなたの魂への尊厳をもって、あなたがあなたの可能性を認めるためにお届けする記事です。


「noteの読み方、楽しみ方。」 

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.