BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

幸せも、やり甲斐も、外にはない(移住や海外生活の話に関連して)

相変わらず、スピリチュアルカウンセリングの個人セッションを通して、びっくりするほどのシンクロに気づくことがあります。

セッションは、ご依頼者様の大切なテーマにフォーカスする場なので、私個人のことはお話ししませんが、このタイミングでこういった話題を目の前の方からお聞きするとは、間違いなくこれは「私の現実」の1シーンなのだなぁと認識せざるをえないのです。

もちろん、ご相談内容そのものが、私自身のテーマと一緒なわけではありません。
ただ、何らかの形で私が現在フォーカスしている物事の断片が含まれていたり、関連する話題が含まれていたりすることがあるのです。

少し前からブログ上でもふれている、場所の移動や「移住」のお話もそのひとつです。

こちらの記事でも書いたように、「豪華な桜と、門出」

beats-and-love.hatenablog.com

私が(この仕事に加え)これからやりたいことを検討し始めたり、それを前提にすると現在の場所からは動いた方がいいと決断したりするずっと以前から、類似したテーマがセッションでお話しする方々を通して、先に現れていたのでした。

必ず何かの形で、私のエネルギーを反映する(共鳴し合うところのある)方々がやってきてくださる。
そんな現実を眺めていると、本当はウェブサイト上の情報や、説明や、文章や条件ではなく、その奥で感じているエネルギーの方に沿ってお申込みをしてくださるのだと実感します。

見える物事の前に、始まっているもの。
私たちは、それこそを確実にキャッチしている
のです。

さぁ、今回は、そんな近況とともに、講座や各種セッションで交流をさせていただいた方や、このブログを読んでくださっている方々へ私がお届けしたいメッセージ、
「幸せも、やり甲斐も、外にはない」です。

活動する場所の移動や、移住といったトピックに絡めて、お話しします。 

海外にまつわるエネルギーを一新

引越しに備えた整理作業の中で、興味深いことに、私は「海外」にまつわるエネルギーを一新している感がありました。

数年前から、昔に比べると海外との縁が減り、自分の気分としても、海外に出かけたいという思いがまったく湧かなくなっていた期間が、つい最近までありました。
これは私の人生の中では珍しいことで、そんな様子だったのでパスポートも切れたまま更新をしていませんでした。

それが、この数ヶ月、近年途絶えていた海外へ向かうエネルギーが蘇ってきたかのように、「またそろそろ、海外の空気にふれたいなぁ」と自然と思うようになったのです。

でも、ただ旅行がしたいというわけでなく、観光やレジャーでどこか行きたいという気持ちは全然ないんだよなぁ……
と、その感覚の出どころを不思議に思いながら、過ごしていたのでした。

過去を振り返っても、私は、純粋な観光で行った海外旅行はあまり多くない方です。
留学や仕事で過ごす機会の方が多く、特に仕事で行くことに関しては、自ら希望してそうなったというよりも、思いがけない流れで決まることばかりだったので、「自分の人生には案外、海外との縁が多いなぁ」と感じていたものです。

そんな様子でしたので、海外へ行くときの道具も特別に買い集めるというよりは、古いもの(中には高校留学時代に使っていたものまで)をそのまま使用していることがありました。
趣味の旅行のために改めて積極的に道具を揃えた、という切り替えどきもなく。

スーツケースなんかも、今では軽くて持ち運びしやすいものがありますよね。
でも、私はずっとかなり古い、重たいスーツケースを使っていたので、それは数年前の引越しのときに処分しました。

そして今回処分したのは、社会人になって旅行や出張が増えてから買ったボストンバッグ。
デザインもすごく気に入っていて、旅には必ず持って行ったバッグでしたが、鞄自体が重く、丈夫な素材とはいえ長年の旅行のお伴にしていたのでよく見るとあちこちが劣化していて、「もう役割を終えたな」と納得したので処分しました。

これでもう、かつての見慣れたスーツケースも、ボストンバッグもありません。

このとき、「私の海外との一時代が終わった!」という象徴であると感じました。
記憶の中にある色々な場所に、一緒に行ったバッグでしたから。 

と同時に、今度は私は、海外や異文化とどんな関係を築いていくのだろう?ということも考えました。
私が私を生きていくとき、その要素が完全になくなることはないということを、最近になってようやく自覚したからです。

古いエネルギーを処分すると、新しいエネルギーが入ってくる。
新しいエネルギーを入れたいときには、古いものを処分したくなる。

内から湧いてくる感覚は、それをそのまま現実に活かすように、促してくれます。
素直に行動に移すと、内のエネルギーと外のエネルギーが一致するのですよね。

一見、とても「物理的な行為に見える」、こうした整理作業もそうなのです。

どこに行っても、自分を通して物事を経験するという点は変わらない

海外にまつわるエネルギーを新しくしたことは、私がこれからやりたいことと無縁ではありません。
私にとって、地球上に多種多様な文化があるということは、「自分を元気づけるもの、興味を引いてやまないもの」であり、結局そこに目を向けないことは不可能なのです。

自分なりのゆっくりした歩みでありながらも、日本で暮らしているとあまり使う機会のない(英語ではない)言語を勉強したり、まだ体験したことのない文化について知ったりすることは、私のワクワク、よろこびでもあります。

その一方で、今の自分にははっきりと認識できていることがあります。

それは、どこに行っても、「私」を通して物事を経験するという点は変わらない、ということです。 

場所を移動すれば、あなたは別の自分になれる?それはNOです。

別の国や場所へ行けば……別の文化や慣習のもとだったら……何かが変わるに違いない。

そういう期待が「先に」来ていて行動するとき、あなたは結局はどこへ行っても、あなた自身と向き合うことになるでしょう。

もちろん、これまでしたことのなかった経験、知らなかったものの見方が、あなたにヒントをくれることはあります。それらから学ぶことはできます。

でも、そうした経験もやっぱり「あなたという自己」を通して、起こるのです。

どこへ行っても、「自分」からは逃げられない。
私はそれを、まだ悩み多かった高校生の時代に、1年のアメリカ留学で早くも学びました。
(その当時は日本に帰りたくて、自分で決めたことなのに、帰国日を心待ちにしていた留学生でした。) 

人は、自分を変えたくなるときに、場所を移動したくなるときがあります。
新天地、新展開。新しい自分と、新しい生活。

けれども、あなたの内側で感じることに、外の条件が果たす役割はほんのわずかなのです。
あなたの中にある脚本を、外はなぞってみせてくれるだけです。

幸せも、やり甲斐も、人生の充実も、外にはない。
あなたが物事をどう眺めるか。

もっと言えば、自分をどう眺めているか。
内にあるそれが、外に反映されるだけ。

あなたが本当に新しい世界、新しい価値観の中で生きることになったとき、「先に」あなたの中で変化が起こったのです。

その変化に伴って、共鳴するエネルギーが変わり、場所を移動する方が「自然」になることはあり得ます。
あなた自身は変化したけれど、それで十分で、今ある場所で違った視点で暮らしていくことが「ちょうどよい」こともあります。

創造者であるあなたが、この世で求めているものを目にするとき

あなたの欲しいものは、まず、心の中で得ます。
あなたは創造者だからです。

トレジャーハンターのように「まだ見ぬ宝」を探すつもりでどこかへ移動するとき、不足からそれを目的に探し回るとき、その宝探しにはゴールがありません。

あなたの心の中にあるものだけを、あなたは現実に目にするからです。

「それじゃあ、何もしなくていい、どこへも行かなくていいという結論にならないかい?」
――いいえ、この現実で体験するところまでが「1セット」なんです。
あなたが反映を見ることは、避けられないのです。
言い換えれば、心の内に見合った「行動」までして、それで「コンプリート」なのです。

鏡は平等に、その前にあるものすべてを映し出しますよね。
そこに、鏡による「選り好み」がないのと一緒です。

あなたが、あなたでいる上で。
幸せも、やり甲斐も、外にはないとわかった上で。
それでもなおかつ、あなたの心が特定の場所に惹かれるとき。
移動したいという意欲が内から湧いてくるとき。

ぜひとも、実際にそこへ行ってください。
誰かの話を聞いて、満足しないで。メディアの情報で、知った気にならないで。
それは、「あなたを通しての経験」そのものではないのだから。

あなたの内側のエネルギーが示しているものと、外側で取る行動とを、一致させるのです。


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー

お申込みのご案内

個人セッションについて

☆ガイドさんの絵とメッセージ☆

beats-and-love.hatenablog.com

★オンライン講座「明晰夢基礎」4/22, 29, 5/6(日)の全3回
(4/17までにお申込みください)

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.