読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

イントロダクション・ゼロ~自分のままでいる~

「ただ自分のままでいること」
これが一番簡単に思えて、できないものだな、と、実感したことがある方も多いのでは。

タイトルの「イントロダクション・ゼロ」は、記事を書くにあたりインスピレーションで受け取っていた言葉です。この記事の“内容”が器に入っているとすると、中身を表す認識ラベルのようなもので、語自体を分析して理解していただく必要はないけれど、記事を読んでもらえるとフィーリングがわかると思います。


ただ自分のままでいる。

ここで示している意味は、「あなた自身であること」です。
自分を偽らず、余計な観念を挟まず、本心に従っている状態のこと。
そのようにできない状態を、“ありのままの自分”として説明する意図ではありません。
このポイントについて混乱を避けるために、より詳しく具体例をあげて説明します。

たとえば日常生活の、身近なお買い物の話を使いましょう。
ちょうど、先日の「講座」のシェアリングでも、ご参加者同士の間で多くの笑い、おそらくは共感も起こったであろう、話題でしたね!

あなたが本心では「これがほしいな」と思うものがあって、それはあなたが納得できる値段であり、手元にはそれを買うことのできるお金もあったとします。

ところが、お店を見回っていると、値引きされているものがありました。
あなたはどっちが「得か」と考えます。

そして、自分がほしいと思っていたものよりも、色々な条件を「考えると、得だなと思った」方を購入しました。

ところが家に帰ってみると、購入した品は本当にほしかったものほど、自分によろこびをもたらさず、「元々ほしかったものを買えばよかったなぁ」と思いました。

この例の場合、「自分のままでいる」とか「ありのままでいる」ということは、あなたが元々ほしかったものを、そのままただ本心に従って買うことです。シンプルです。

「これがほしい」と思っていた気持ちを元にある気持ち、本心と呼べば、あとから、他の品と比較する気持ちや、値段について「得」をしたい気持ち…などが「派生している」ということがわかるでしょう。

元々あるものから、あなたの思考によって、選択が枝分かれしていくのに気づくと思います。

これは「たとえ」ですから、いつもこのケースのようである、という意味ではありません。
たとえばもし、このときあなたが何らかの理由で、ほしいと思って見に行ったものに「惹かれていなくて」、それで他のものを探していたのなら、話は別になります。

また、たとえばあなた自身が「金銭の節約」という行為そのものにとてもワクワクしていて、それが何らかの「目的」、面白いと感じているいうこと自体なのであれば、この話はやはり、別の結果をもたらすかもしれません。

しかし、今のたとえのケースでは、元々ほしかったものに何の問題もなかったのに、余分な「確認したい気持ち(自分の決断を疑う)」、「比較したい気持ち(“損”をしていないか、もっと好条件ものがあるのではないかと考える、など)」、の方に意識を持っていき、そうすることで、「調和している(素の)自分からブレていく」わけです。

お買い物程度のことならば、この体験に気づいた後に、「次からは、自分の本心に従おう」と気づくことができればいいのです。こういった出来事自体も、その気づきをもたらしてくれた有益な経験でしたよね。

いつでも「今」というポイントから、あなたの好ましい現実へ意識を向けることができます。望む選択に調和するように、経験を活用することができます。すると、現実もその通りのものになります。

ところが、これが人生の「あらゆる場面において」そういった癖があったなら、どうでしょうか。

あなたにとって大切な決断をするときにも、「あなた自身のフィーリング・直接感じていること・本心」から逸れて、他の条件を考慮してしまう。

自分自身が「ただ感じること・思うこと」よりも、心の中でこれまで採用してきた「観念」に従って、分析して考え、それを頼りにしてしまうことが習慣になっていたら……。


「自分のままでいる」というのがどういうことかがわかりやすくなったでしょうか。

あなたがあなた自身のままでいるとき、場合によってはそれまで学んだり、信じたりしてきた観念に反することをすることになるかもしれません。

他の人たちが笑顔で肯定してくれるようなことばかりではないかもしれません。

「あなたのしていることが好きです」とか「いいね!」とは言ってもらえないかもしれません。

それでも、あなたがあなた自身でいることは価値があります。

それのみがあなたに調和をもたらし、結局、あなたの「現実(=世界)」にも調和をもたらします。

こんなにも、私たちが「ゼロ(何もくっつけない素の自分)」であることが大切な理由です。

心に色々なものをまとっていると、その反映である現実も複雑化します。

その「複雑」というのは、出来事やシステムや構造そのものが複雑であるという意味ではなく、「こんな風にもつれなくてもいいのに…」と感じるような、エネルギーが無益に消耗されていくような複雑さです。

あなたが「不毛さ」を感じるとき、何らかの形であなたがあなた自身の心から逸れていないかどうか、その感じ方をサインとして自らへ活用してください。


あなたが、あなたのままで人(または世界)と向き合うとき、
あなたは調和しているので、あなた自身に葛藤が生まれなくなっていくのはもちろんですが、それに対する人の反応も気にならなくなります。興味を持つというのはまた別のことですが、「気になる」というのは、「そこに自分の価値や存在根拠を探そうとする」などの「恐れ」に関わっています。 

また、あなたがあなた自身のままでいると、それぞれの人がどんな状態にいるかもクリアーに観察しやすくなるでしょう。
これは「空気を読む」、「人のご機嫌を伺う」というのとは全く違う意味で、です。

不安や恐れから自分と人とを結び付けて考えたり、オーバーラップさせたりして、自分自身の思っていることや感情を「人に投影して見てしまう」ということが、なくなるからです。


クリックありがとう! 

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「お申込みのご案内」
 

 

バラエティに富んだ現実!4/22講座レポート

昨日は、講座と懇親会にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
楽しかったですね!

beats-and-love.hatenablog.com

初開催の懇親会も、あっという間でした。
まさに「Time Flies!」という感じ。
みんな一緒にいる空間で、色々な話題を共有できて、心躍るひとときでした!
今回は講座が少し長引いたことに加え、懇親会への流れも私を含め全員にとって初体験でしたので、次回からはもっとゆったりできるんじゃないかなと思っています。

「インナーフォーカス~意思決定と現実」講座は、いつも通り講義も「みっちり」でしたが、皆さんの課題のシェアリングも、毎度のことながら興味深いものでしたね。

たとえば「仕事のこと」、「経済のこと」、「人間関係のこと」など、該当するテーマ自体は誰かと同じに見えても、その人その人で何が最善かは異なるということ、わかりやすく観察できる機会だったのではないでしょうか。
またその一方で、それぞれの具体的な事象は異なっていても、「本質的には同じことなのだ」という内容があったことも観察できたと思います。

ある講座で集まるメンバー(顔ぶれ)も、参加者それぞれの発言も「偶然」ではなく、お互いに何か助け合っていたり、ヒントになる事柄が含まれたりしています。


懇親会の方は、嬉しいことに今回は全員が参加をしてくださり、バラエティ豊かな話題が飛び交いました!

出てくる話題にともなって、私の方でも、ふと、
「この中で、体外離脱や明晰夢を経験したことある人はどのくらいいますか?」
とか、
「青空に粒子状のうねうね(プラーナやオルゴンエネルギーと呼ばれる)が見えている方は?」※エネルギーを肉眼で見る話題のとき。これが普段見えている人は、他のエネルギーを肉眼で見ることもきっと容易ですよというお話で。
…などなど、尋ねて知ることができて興味深かったです。


それに加え、懇親会で皆さんと一緒に過ごしたことで、私個人の新たな発見もありました。

それはこういうものです。

私は気づくと、もうずいぶん長い間、いわゆる「精神世界やスピリチュアル」の分野に携わり続けているので、その中のトピックの多くのことが自分には「当たり前」になっています。

自分自身の体験や学びから得た理解はもちろんのこと、専門的に色々なことを教えている様々な人たちとの間で仕事もしていましたから、このフィールドに関しては、多くの概念や知識もありきたりなものとして現実に溶け込んでいるのです。

さらに私の親しい友人も過去にそういった活動に携わっていたり、その見方を活用している人ばかりで、ある意味では私の日常にはもう、精神世界的な観点を使わないということが「ありません」。

ですから、ある現象や知覚、理解・認識に対して、「これは、不思議なことと受け取られることもあるんだなぁ」という実感が薄れてしまうこともあるのです。

今回、皆さんと楽しくおしゃべりすることで、
「そうか、こういう話題も興味を持っていただけるんだな!」
「この仕組みについて、もっと解説した方が面白いのかもしれないな」
など、驚きの一面がありました。

自分の中ではなじんで「無色透明化」していることでも、個人個人がバラエティに富んだ現実を生きているのですから、それが共通認識ではないのだと思い出す必要があります。
ところが、そう心がけていても、「コミュニケーション」してみるまでは、わからないことも多いものです。

皆さんがいきいきと尋ねたり、聞いたりしてくださることで、 私の世界の中では特に不思議ではなかったり、日常の延長のようになっている事柄でも、シェアすると意義があるのかもしれない…と、わかりました。

そしてそれは、私がやりたいこととも繋がっているんだなぁと思ったのです。


というのも、私はもうずっと、「慰め役」や「救済者」的な役割には興味がなく「よろこびを分かち合うこと」「それぞれがそれぞれ自身であることで、インスパイアし合うこと」を基本にしています。

たとえば個人セッションでも、「かわいそうな誰かを助けたい」みたいな気持ち、「自分より弱い誰かへアドバイスしているような」気持ちは、露ほどもありません。
そのような(対象の)人はいないということを知っているからです。

それぞれがバラエティに富んだ現実を表現しているけれども、おのおの自分自身の力によってそれを行っていて、その根底には、いつでも尽きることのない創造性がある。
生きたいように生きていく魂の牽引力がある。

「困ったことを直そう」「癒そう」「問題を解決しよう」という意図よりも、
「私の情報がもしあなたにserve(適う、役立つことが)できるなら、私の話を共有させてください。面白いと感じられるのなら、どうぞ聞いてください。」という思いであり、このブログしかり、皆さんとお話しする機会しかり、そのように活かせるのであればうれしいのです。

私自身も、
「Have to(しなければならない)」のために発信するのではなく、
「面白いから」そうしている。

その基本的な思いが、今回また新たな形で、皆さんとともに体験できていくと感じました。

場を共有してくださるひとりひとりの異なる彩り、その方にしか出せない色合いに感謝しています!


ぽちっとお願いします

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「お申込みのご案内」 

 

テンション高くてもゆるしてあげて

明日は結果として「今年初」になった講座!
前回は12月23日だったんですね~。私にはなんだか、12月がとても昔のことのように思えますが、皆さんはいかがですか?

beats-and-love.hatenablog.com

今回は、懇親会も楽しみで……
なにせ懇親会を開くのは初めてなので、早めに講座をお申込みくださったメンバーの方とは、「人数が少なかったら周辺のお店に適当に入るのでもいいですね」という風にお話ししていたんです。
ところが、よく考えたら土曜だし、ご参加者だけでなく「私」の人数も入るわけだし(笑)、当日まで何人になるかもわからない……入れるお店がなかったら?と気づいて、運良く必要な時間分空いていた、講座と同じ会場を借りました。

講座の2時間はいつも、けっこう詰め詰めに内容を詰め込んで、集中した時間が流れます。
私もフルにしゃべるし、ご参加者にとっては緊張感もあるかもしれません。
終了時間いっぱいいっぱいまでかかることがほとんどです(ときどき、はみ出ることも)。

ですから、今回の懇親会では、それとは一味違うオフモードで、和気あいあいとおしゃべりできたらいいなと思っています。

お知らせに記載しなかったのですが、みんなで食べられるお菓子はご用意してあります。講座で集中したエネルギーをほぐしながら、くつろいでお話ししましょうね♪
今回講座へのご参加が無理だった方も、次回はぜひ!

☆☆☆

さて、今日のタイトル「テンション高くてもゆるしてあげて」は、あなたと交流している様々な存在、ガイドや天使などを含めたヘルパー存在についてです。

誰かを通して…もしくは直接…そういった存在と交流してみると、こんな風に思うことがあるかもしれません。

「なんでそんなにテンション高いの!?」
「なんでそんなにふざけてるの!?」

ダジャレ風に表現してくる…やたらとジョークが好き…基本的にハイテンション・ごきげん…いつも遊んでいる…などなど。

一体なぜ?

もっと神々しい存在だと思ってたのに!
慈愛にあふれた、私を慰めてくれる存在だと思っていたのに!

なんて思ってしまう方も、いなくもない…かもしれません。

もちろん、そういった存在にも、様々な個性があります。
今回お話ししているような内容に、該当しない存在もいるでしょう。

ただ、わりと多く、「ごきげんな存在」と交流する機会はあるかと思います(笑)

なぜなら、あちらの次元(便宜上「あちら」と呼びます)では、遊びに生きているというか、よろこびが基本というか……

肉体を維持しなきゃいけない!と考える、「生きるために生きる」ような人間の生活と違って、いわば「楽しむことがお仕事」だからです。

ですから、
異次元や“天界”の存在って、なんでそんなにふざけてるの!?
こっちは病気とか、苦しみとか、色々あるのに!

なんて責めないであげてくださいね。

特に、人間体験をしたことのない存在にとっては、(たとえモニタリングしたことはあっても、)私たちのような「観念」にのっとった考えや感情は、わかりません。

興味を持ってくれていることはあっても、あまりに違っているので、わからないという場合もあるのです。

地球体験は、「ぬるま湯」ではありません。
どちらかというと、マッチョな、経験値手っ取り早く上げたいよね!」的な、やる気さかんな存在が参加しやすいゲーム設定です(って、私たちのことですよ!笑

なかなか他には類を見ない、強烈な体験ができちゃいます♪
そしてそれは魂の「Strenthen」として働く、格好の機会なのです。

そのように「自ら選んで参加している」私たちのことを、ヘルパー存在たちや、他の次元から眺めている存在は承知していますから、

どう?楽しんでる?
うわぁ、すごいねぇ。エキサイティングだねぇ。

なんて、目を細めて見ていることもあるのです。

それどころか、「死んでも死なない」ことを知っているわけですから、応援してくれつつも、その観点は私たちの「一般常識」と全然異なるわけですよ。

ここで思い出していただきたいのは、彼らという「別の存在」がそんなあり方なわけではなくて、私たち自身の「自己」もそのような存在なんだ、ということです。


たとえば、私は昔、ひどく苦しかったり、落ち込んだり、もがく経験もありました。

そんなとき、「明日、このまま目覚めなければいいのに…」と、心底絶望的な、真っ暗な気持ちのまま眠って、その夢の中で……

自分自身が天真爛漫にふざけてたり

夢の内容や、そこでの様子に「寝笑い」して目が覚めたりして

一体なんなんだ、と愕然としました(笑)
(このブログに載せている「夢」の記事を見ていただくと、何となくその感じもわかっていただけるかと…。)

苦しんでいるはずの自分が苦しんでいない、そんな状況をたびたび「見て、体験した」ことで、スピリチュアルな歩みは加速したと言えましょう(笑)


あと、このテーマで思い出したこと。私がかつて精神世界系の会社に勤めていたとき、そこにいたみんなで「チャネリング」が話題になったことがあったのですが、

メンバーの中でも特に、一見しただけだときっと「チャネリング好き」には見えないであろう、普段から知的で落ち着いた物腰の男性が、

昔、チャネリングを習う講座に参加したことがあって、練習したら、
英語・日本語交えて、ものすごく流暢に韻を踏みながら
語りかけてくる言葉が流れ込んでくる体験をして、怖くなってやめた

と、語っていました(笑)

ご本人を思うと、そのような存在が現れることもむしろ納得がいく感じなのですが、「怖くなってやめた」というのが私的にはツボでした。
その存在も、きっと「繋がった!」とばかりに、ノリノリで張り切って語りかけたんでしょうね!(私が聞いた記憶だと、自己紹介的な内容でもあったようです。)
その方はいわゆる“チャネラー”ではありませんが、後に、本質的にチャネリングの能力を使うであろう、創造的な分野でお仕事されていましたよ。


ぽちっとお願いします

精神世界ランキング 


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「お申込みのご案内」 
「セッションについて」

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.