BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「自然法則から出るという宿題と、最高の答え」note更新

noteに「自然法則から出るという宿題と、最高の答え」を公開しました。

note.com

<目次>
◇自分の心ある道を選択しても、錯覚が前提にあると……
◇冗談と忘却の終わり【あなたが恐れ、避けている最高の答えを受け容れる】

振り返ると数年はこのテーマに決着をつけられなかったのかな、自分が決断をしなかったんだなと感慨のある内容です。

自然界や自然の法則に興味があり、自然と調和したい思いが少なからずある方に、特におすすめしたい記事です。
その姿勢は幻想の中での「あるもの」よりは「良い」姿勢や、「正しい」姿勢と思えるものかもしれませんが、幻想の中にあることを気づくのを妨げてはいないでしょうか?
あるいは、この世界の中での最善のものを探したり、「正解は何だろう」と探求する傾向がある方も読んでみてください。

私は、こんな「究極」の話をする必要があるのか……この世界の経験の中で、ある程度の妥協というか「そういうことにしておこう」という態度は不可欠ではないのか……という自身の思いがあり、あまり言い過ぎるとそれこそ「興醒め」になるのでは、との思いを振り捨てられずにいる側面が最近まで残っていました。

しかしその迷いをいつまでも引きずるわけにはいかないとわかりました。
そのままではできなくなることがある、ということが明らかだからです。
私は記事本文に書いた通りの「最高の答え」をこそ、オファーし続けます。

いわばラビリンスの「名所」を案内するより、ラビリンスを出ることの案内を、今後も提供していく決意が固まっていますよ。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「興醒めゾーンを抜けたら、会得するもの」noteに公開しました

noteに「興醒めゾーンを抜けたら、会得するもの」を公開しました。

note.com

<目次>
スピリチュアリティーにおける「興醒めゾーン」
◇興醒めゾーンの先にあるもの【この世界ゲームの目的】
◇照準を合わせる
◇興醒めゾーンを通過するとき、あなたを支え得るのは
◇自分にかけた呪いを自分でとく

2022年あけましておめでとうございます。

本文にもありますが、この内容は昨年、会場で行う講座としても検討したテーマでした。
たとえわずかでも自分に迷いがあるうちは扱いたい内容でなかったため、慎重に待って今、記事にすることができました。

私の表現ですが「興醒めゾーン」というこのタイトルから受ける印象は、希望にあふれる状態とは異なるかもしれません。
ところが、真の希望を知るにはこのゾーンの通過が必須に思われます。少なくとも私の体験ではそうでした。

(興醒めゾーンという表現は2021年10月のブログ記事上でふれたことがあります。
「『鏡のトリックからのリタイア、IndependentとWholeness』noteに公開しました」

本文では「興醒めゾーン」の詳しい説明はもちろん、その経験をしている方、これからする方へのメッセージとなる内容も入れています。

関連して、これまで真理を説いている古来からの教えにふれても、あたかも人間らしい楽しみやこの世における希望を「打ち捨てる」ことを説いているようで、共感できなかった経験はありませんか。私は昔そう思ったことがありましたが、どんな風に誤解していたか、その構造が今では明瞭に理解できました。

私たちは簡単に「救いとは何か」をあえて、間違えます。
自分の作った間違いを、その通りだと信じたいからです。

何に照準を合わせるか。
それがここまで明確になったことは(概念上ではなく体験として)なかったという認識のもとに書いています。

文字を通してこれらの理解や経験をシェアしているわけですが、今回のこの記事によって、その確かさに裏打ちされている新たな質的な違いが伝わればうれしいです。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「振り返れば、カメムシ【ポエティックに2021年】」をnoteに公開しました

noteに「振り返れば、カメムシ【ポエティックに2021年】」を公開しました。

note.com

全文無料でお読みいただける記事です。
というか、ポエム。

心のアルバムに2021年、思いのほかその存在を刻み込んでくれた彼ら。
普段なら、もう姿を現さないだろうというシーズンにも粘り強く現れていた彼ら。

ここにしたためたポエムは、その存在へのYA.KU.SO.KU……。

ふざけています。
が、これが今一番ノリノリで書けたことなのだという事実は否定しません。

年末の息抜きに~! どうぞ。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.