BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「エネルギーワークは遊び心を持って行おう【反作用を生まない方法】」note更新

noteに「エネルギーワークは遊び心を持って行おう【反作用を生まない方法】」を公開しました。

note.com

<目次>
◇エネルギーワークに「遊び」が必要なわけ【必死になったり一生懸命になったりする代わりに】
◇現象のどの次元に周波数を合わせるか選べる
◇あなたの宇宙の運営方針【体、人間関係、世界との関係】
◇症状や問題に見えるものをネガティブに扱い、治癒を遅らせるのは人間だけ(野生動物の例とともに)

今回の記事はエネルギーワーク全般、もしくはエネルギーの世界に特化しなくとも、癒しに興味がある方に読んでいただきたい内容です。

私が記事を書くとき、インスピレーションに従っているのですが、書いているうちに自分が把握していたり想像していたりするのと違う話題に発展することがあります。
表層で認識している自己のみならず高次存在とコラボレートしているんだなと実感が深まる瞬間です。
場合によっては、書こうと思いついたことに対してはっきりと「時期尚早」と告げられることもあるんですよ(そのときはなぜかがわからなくても、後で本当にそうだなと実感できます)。

今回は「遊び」の大切さに強調を置きながら、真のヒーリングの要となるところを再度扱うことになりました。
遊びという語には、playという意味のほかに日本語でいう「ゆとりや余裕」の意味がありますよね。
制限だらけのきちきちに狭めた姿勢ではなく、この双方の意味での遊びを楽しみたいところです。

意図や願いに対して必ず反作用が働くという二極性の中でのジレンマに、適切な姿勢を見出せずにいた方へもおすすめです。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「早朝の野鳥体験+シンプルで分離のないエネルギーヒーリングを研究中」noteで読めます

noteに「早朝の野鳥体験+シンプルで分離のないエネルギーヒーリングを研究中」を公開しました。

note.com

<目次>
◇相手と自分をひとつと見なすヒーリング
◇どれだけシンプルにできるかと、知覚の効能、瞬時の癒し

全文無料でお読みいただける記事です。

★前回★に続き野鳥情報を入れつつ、私が今ヒーリングの分野において何に取り組んでいるかをシェアしました。

人間以外の生物にも有効であるエネルギーヒーリングは素晴らしいものですが、さらにシンプルに!効果的に!と究めていく私の性質があります。

特に、これまでブログでもnoteでもお伝えしてきた通り、分離のない「ひとつの私」の観点で実現したいことがあります。

5月末から6月にnote上で連載した「人生明晰夢化講座」開始のきっかけとなった私の願望・情熱がここにあります。詳しくは本文をお読みください。

この記事は、エネルギーヒーリングに関心がある方はもちろん、
癒したい状況・状態がある方
ヒーリング、癒しという現象そのものに心が向く方にぜひ読んでいただきたい記事です。

私自身が非物質次元、中でも「死後」と呼ばれる領域で亡くなった方々と交流し、経験したこともこのテーマの動機を構成しており、記事内で言及しています。

私は非物質次元でのヒーリング経験が多くあり、こちら(物質世界)においても同じことを実現できることを「知っている」のです。
できると知っているからこそ、この人生であちらとこちら(非物質次元と物質次元)をひとつにしたいんですよね。

なお、「エネルギーヒーリングの豆知識、見え方感じ方など+セミの音」で紹介した飲む水にエネルギーをチャージする方法の、補足にあたる内容もこの記事にあります。
理解が深まりますので、そちらの記事を購入してくださった方もお読みくださいね!


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「その声の正体は、オナガ【自然から受け取る光景】」noteに公開しました

noteに「その声の正体は、オナガ【自然から受け取る光景】」を公開しました。

note.com

全文無料でお読みいただける記事です。

この間、今年のヒヨドリの鳴き声の話のときに(「今年のヒヨの鳴き声は風鈴・地面とRangeは自分で決められる」)、今年の私の「the most」な関心は野鳥ではないと書いたのですが、そうはいっても野鳥の魅力自体は変わりません。

この記事では久しぶりに至近距離で見たオナガについて書きました。
ヒヨドリ、ミツバチたちの姿も最後の方で登場します。

ごくたまに、note上でも家族ネタを挿入しているのですが、以前そこでふれた通り本人は「自然に興味がない、生き物好きなタイプではない」と言っている母が、今回もオナガとの出会いにナイスなきっかけを作ってくれました(笑)

あなたの周りでは、どんな生き物たちの営みを目撃できるかな?


「noteの読み方、楽しみ方。」 

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.