BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「何もしないを見守る春【あなたの価値】」noteに公開しました

noteに「何もしないを見守る春【あなたの価値】」を公開しました。

note.com

<目次>
◇自分の真ん中にい続けた結果
◇何もしない、は行動をしないの意味じゃない
◇あなたがあなたでいるだけで、どんな力があるのかを理解しているだろうか

これまでしていたことがしたくなくなったり、
何か別のことをしたい感覚はあるのだけど、それが何だかわからなかったり、
自分の毎日を「何もしていない」とジャッジして、このままじゃいけないと自分を苦しめたり、あるいは漠然と不安になったり、むなしく思っていたり、
かなり忙しくしているのに満たされなかったり、
活動は充実していると思うのに、ふとひとりになったとき、心が疲弊しているのに気づいたり、
自身の楽しさが、いつの間にか義務や努力に変わっていたり、

……など、色々な状況にある色々な人が読んで、自分に適用して考えていただける記事です。

あなたの「真ん中」に照準を合わせたら、何がわかるでしょうか。
そこからあなたを生きていますか。

私たちの根本、「価値」についての正しい理解と自覚は大切なものです。
自分自身からブレてしまうときの原因はそれに関わっています。

初めて私の記事を読む方も、
これまでの記事を読んだことがある方、スピリチュアリティーについて理解を深めてきた方が「リマインダー」として真の自己へ意識を戻すためにも。
どうぞご利用ください。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「イメージの自由を促す文章・創造・創作ノート」noteで読めます

noteに「イメージの自由を促す文章・創造・創作ノート」を公開しました。

note.com

<目次>
◇言葉が持ち得る自由の余地と、別の次元を見る力
◇夢と異なるルートからやってくる創作のアイディア
◇夢が意外と作品にしづらい理由
◇フィクションはフィクション、その醍醐味とメリット
◇霊的存在の創造の目的と、テーマを定め、たくさんの人物と経験を生み出すこと

文章による創作、中でも、フィクションのストーリーを書くことによって気づいたことを綴ったコラムです。
私が創作しているそれらの作品内で、あえて顕著に行っている「ある特徴」や、意外と夢はそのまま創作の材料にならない理由なども説明しています。

これを読んでいただくと、スピリットの見地からの霊的創造について、理解と実感が深まるはずです。
その理解と実感はたった今、生きながらあなた自身が適用できるものです。

また、当記事の背景として私はこの数日、意識の中の別の次元におのずとフォーカスが向く体験が続いていました。

それはたとえば、亡くなった人とのコミュニケーションである「ミディアムシップ」、人間以外の種の生き物とコミュニケートする「アニマルコミュニケーション」、それから地球外の文明の存在とのコミュニケーションも……

身近なところでいうと「夢の次元」もそうですが、これらはすべて、私たちの「ひとつ」の同じ能力の向け方次第で実際に経験することができます。

自分としては別な活動をしていたつもりが、創作にフォーカスしたことで、元々私の中にあったそれらの活動との色濃い繋がりがかえって活性化していたことを知りました。

こうした私の「今」の総合的なエネルギーを込めた記事です。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「猫が新しく生まれて前の飼い主に会いに行く話【死を超えて続く愛】」note公開

noteに「猫が新しく生まれて前の飼い主に会いに行く話【死を超えて続く愛】」を公開しました。

note.com

<目次>
◇前の飼い主さんに会いに行くと言う猫ちゃん
◇解説と、あなたが会う動物は偶然ではないこと【愛のリンク】

相変わらず、別次元での経験を色々しています。
中でも、自然界、人間以外の生き物たちからのメッセージは、シェアすることが必要かなと感じさせるものが定期的に現れます。

この記事では、生き物たちとの「絆」についてお話ししています。

あなたの人生に現れる生き物たちは、偶然現れているのではありません。
そこには、あなたと深い絆を持つもの、意思を持って会おうと現れているものたちがいます。

動物たちや、あらゆる生き物のスピリットについて、より多くを知ってほしいなと思います。

死後も続く生や同時に存在するたくさんの生を理解するために、
また、ペットロスなど死別による喪失感を抱えている方にも読んでいただけたらうれしいです。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.