BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「鏡のトリックからのリタイア、IndependentとWholeness」note公開

noteに「鏡のトリックからのリタイア、IndependentとWholeness」を公開しました。

note.com

<目次>
◇地球人生リタイア疑惑に則り、今を語ると
◇真我と一体であることに付与した誤った期待を外す【幻想の動機はあなたにふさわしくない】
◇外には見つからないというタイムラグと、見つける必要がないと「知っている」姿勢について

二週間半ぶりくらいのまあまあ間の空いた更新ですし、出だしは普通、近況っぽく語りながら、実は内容は鋭利というか、スピリチュアリティーに関心があり「先へ進みたい」という気持ちが強くある人におすすめする記事です。

というのも、スピリチュアリティーを見つめて歩んでいく道の中では途中、ある見方をすれば「興醒め」のゾーンがあります。
だけどそこで終わりじゃないというのをお伝えすることも重要かと思うのですが。
私が思うに、人間の傾向として、苦しかったりつらかったりしてもドラマを求めたり、二極的なスリル、感情の動きを楽しむ側面があるのではないかと。その視点からすると確実に「興醒め」になる気づきの状態を通過しますよということは意外としっかり伝えられていないのではないかと思います。

ただしそれもやはり途中過程で、その先があり、立ち止まらずに歩んでいくことが大切だと私は感じてきたのですが、そうしていく中では厳密に、
「苦しくてもこの方が楽」とか、「自由が怖い(制限の中に自分を置き続けたい)」とか、アンビバレントな感覚に気づいたことはありませんか、本当に本当に自分が「求めている」と思っているものを求めていますか、ということを自ら問い、精査して答えを出す必要があります。

スピリチュアリティーを見つめて歩む道は、一般的な現代社会における意味での人生の努力とは異なるのですが、別種の厳しさはあって「怠ける道」ではないということを私は長年通して感じるところです。それがまた面白いですけどね。

タイトルや、目次に並んだ見出しの項目・キーワードに興味がある方はもちろん、今の私の視点から眺めて、目覚めを経験した後の方にとっても「これが山になるのではないか」と思うポイントをそこを越えられるように書いていますから、惹かれた方はぜひお読みの上、ご自身に適するように役立ててください。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「天賦の豊かさ・あなたが創造者」をnoteに公開しました

noteに「天賦の豊かさ・あなたが創造者」を公開しました。

note.com

<目次>
◇天賦の豊かさと、気づくこと
◇もう一つのとっておきの秘密
◇あなたの豊かさをエネルギーと言い換えてみよう

すでにお伝えしたように、かつてほどは、もうスピリチュアリティーについて記事を書く必要を感じていないのです。
ブログnoteともに過去記事がとても多くなりましたし、セッションや講座も含めると、様々な表現で同じエッセンスを語り尽くしてきました。

しかし人それぞれのペースやサイクル、青写真的なものがあるので、時折は新しい「今」を利用したリマインドもしていきたいと思っています。
それもしたい気持ちが私に完全に湧かなくなった頃には、これに関するある種の満期、お役御免ということなのでしょうね。

今回は、あなたが創造者であるということ豊かさについてお話ししています。
本文を読んでいただくとわかりますが、ここで言う豊かさとは特定の形に制限するものではありません。

ますます、内的な活動が重要になっている昨今。
あなたの「外」に見えるものを、「内」より重視することはありませんように。

すでにしっかりとした芯を確立している方も、
ときに揺らぐ心を自覚している方も、
そんなんじゃなく明らかに不安定なんだー!という方も、
それぞれに得るものがあるように、活用していただけるように書きました。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「カメムシ(を)レスキュー911」noteで読めます

noteに「カメムシ(を)レスキュー911」を公開しました。

note.com

全文無料でお読みいただける記事です。

<目次>
カメムシのにおいを初体験。カメムシフレンドリーな記録、一旦絶たれる
◇To be continued……私のカメムシアルバム

秋ですね!カメムシ・エンカウンター(encounter)、してますか?

昨年もこの時期、カメムシについて書きたいなぁーと思っていたのですが、実行に移すのが今になっていました。
その間、カメムシ・エンカウンターのオフシーズンにも私の知見はじわりじわりと増えていったので、今が執筆の頃合いだったということでしょう。

楽しい日常を、周囲でともに暮らす生物たちが彩ってくれています。
虫が好きな人も苦手な人も、記事を読んで、それぞれの心のアルバムに思いを馳せてくださったならうれしいです☆


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.