BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

天使の目から見ると…

今日はあえて「スピリット」でなくて「天使」という言葉を使って書きたい、
気分的に。

そして、この話題をカラー分けするならば、
ラギュさん大天使ラギュエル担当の分野かと思います♪

大天使ラギュエルは、Divine Order(聖なる秩序)の管轄です☆


といって、内容は私なりのアプローチで書きますが…。


天使の目線から見たら、

ひとりひとりの人生はとても意義深いが、
ひとりのみの人生という視点には意味がない。


…このこと、感じていただけるでしょうか。


☆☆☆


最近、あまり映画を見なくなった私ですが、
以前はけっこう好きでした。

その中でも、
主人公が1人きっちり決まっているというより、
登場人物の人生が並行して追われていくストーリー


わりと好みだった気がします。


いくつか紹介してみましょう。

まずは、ずいぶん昔に見た映画だけど、マグノリア

マグノリア [DVD]
ポール・トーマス・アンダーソン
B000FI9P5S



たくさんの登場人物の、それぞれの人生が描かれていて、
見ていくとそれがつながって(リンクして)いることがわかります。

出てくる人達が内心苦悩している上、独特なカラーを持つ作品なので、
好みは分かれるかと思いますが、
私はこれを見たとき、魅力のある映画だな、と思いました。

ちなみに、女性を落とすための方法をとく自己啓発セミナーの教祖役、
トム・クルーズが異様に輝いているのも見どころです(笑)

彼の本当の魅力発見、っていう感じです(笑)



それから、この映画。

原題の方が好きなんだけど、原題は、『Everything is Illuminated』
日本語タイトルは、『僕の大事なコレクション』


僕の大事なコレクション 特別版 [DVD]
B000HEWJEE


これは、かなり私のツボでした。
ストーリーを詳しく書けないのですが、やはり、

人とのつながり、それぞれの人生の輝き、人生の交差について…
考えさせられる作品です。

主人公のジョナサンは、何でもコレクションしてしまう趣味があり、
このとき、こんなことがあった…というのを「物で保存してしまう」人です。

彼はアメリカ人で、家族の歴史をたどり、
祖父と写真に写っている女性を探しに、ウクライナに向かうのですが…。

公式サイトがまだありました。→「僕の大事なコレクション」
ストーリー紹介もあります。


とどめておけずに流れていってしまうもの、
そのときそのときの瞬間を、
「物」という形に残るもので記録しておきたいと思う気持ち、
その根柢に流れる感覚が、私にもよくわかります。

私は物は集めない人間ですがね(笑)

「物」が人をつなぐ、という描写、いいなぁと思いました。

ただのモノなんて本当はなくって、結局人が関わっている

つまり、そこには生きた記憶があるんだものね…。



そして、こちらはわりと近年見た映画、
インセプション


インセプション [DVD]
クリストファー・ノーラン
B0050ICLCM


私はこの監督、クリストファー・ノーランさんが好きで、
この人が監督になってから急にバットマン・シリーズを好きになったくらいです。

その上、なんと、この映画は、「夢」がテーマです!
これは、私が見ないわけはないでしょう(笑)


感想としては、

「夢の世界の通りではないけれど、うまい!すごい!」

というものでした。

人の意識…心の中の領域について、
かなりいい線ついている映画なのではないでしょうか。


人(ターゲット)の夢の中に、目的を持って「ハッキング」し、
本人のもののように見せかけたアイディアを埋め込む
話なのですが、

それをしながらも、潜入している工作員である主人公の潜在意識が、
その世界に繰り返し顕れ、関わってしまう
…という描写が現実的です。


もちろん、ターゲットを含め、そのハッキングに関わるチームの人全員、
作業をするときは、こっちの世界では「眠る」わけなんです(笑)

その前に、夢の基礎を「設計する人」がいたり、
夢の中で他人に変身し、誘導することのできる「偽装士」がいたり、
潜入チームの中の役割、特技もそれぞれあるのですが…。


く~!
こういう描写って、もう、かなり、私にとっては現実ですよ

ほんとに、夢の中(というかスピリットの世界)では、
人を「コピー」できますしね!


また、夢の中で「夢の中にいること」を忘れないようにする
起きているときの現実の世界と、夢の世界を区別するための目印として、

ひとりひとりが個人的な「トーテム」という物を定め、所持していたのも、
あまりに実用的なコンセプトでした(笑)


あとは、深層意識に落ちていく…という意味での、
「階層」が幾層か描かれており、

深い階層に潜れば潜るほど、体感する時間が「長く」変化していく。

それも、うまい描写だなぁ~と、思いましたね。


実際、こちら(起きている現実)では、たった数分の長さでも、
夢の世界ではひと人生を体験する、ということだってありますからね…。

どうもクリストファー・ノーラン監督は、
私には、精神世界系のセンスを持っている方に思えてならない(笑)


いずれにせよ、この作品の最大のポイントとして、

仕事でどのような夢に潜っても、
自分の潜在意識にある「あるもの」が、繰り返しそこに出現してしまい、

結局、それと向き合うことになる主人公の姿が、
非常に「リアルである」と思いました。

潜っている他のメンバーも、
彼の思考によって作られるその姿を、夢の世界では形として目にする。
「一緒に共有する」
ことになるのですからね。


☆☆☆

…と、映画紹介を通してお伝えしたいことは、

これら作品が示唆しているように、私たちの人生の「境目」って、
ないんです…。

ひとりの人生というものは、存在しないんです。


ひとりの目線にフォーカスできるように、感じているだけで、
誰もが全体を一緒に生きているんです。


たとえば、

距離的には地球の反対側に住む見知らぬ人であろうが、
体の状態が寝たきりの人であろうが、

現状ひきこもりであろうが、ウツで休職していようが、

世界をまたにかけて活躍するビジネスマンであろうが、
セレブであろうが、主婦であろうが、

悩んでいようが、笑っていようが、
大人であろうが、子どもであろうが、

もっと言っちゃえば、植物も、動物も、大気も、水も、地も…


みーんな、今も、それぞれの欠かせない役割があって、
同じ「ひとつ」を一緒に生きているんです。

詳細のどれがいいとか、悪いとかもなく!
ただ、確実に、相互につながり合って。


これが、冒頭に書いた、天使の目線、

ひとりひとりの人生はとても意義深いが、
ひとりのみの人生という視点には意味がない。


の説明です。


切り離せないんです、誰も、何も。
切り離して見ることなんて、不可能だもん(笑)

それでは、意味を成さない。ひとつの「私」として。


全部のつながりを受け入れて、はじめて、

Divine Order(聖なる秩序)が理解できるのです。


それでは、はヴァ・ないす・うぃーくえーんど!♪~ヾ(^∇^〃)


応援のカチリ、大感謝☆

人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.