読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

高次の導きに背く罪悪感?(質問のご回答)

公開質問終了についてアップした後、
最後にひとつ質問がきていることに気がつきました。

すでにいただいていたご質問に関しては、
メールでご返信させていただいたのですが、

こちらのお返事を書いているうち、
この件に関しては、ブログでシェアした方がいいかな?
という気持ちになりました。

そこで、そのまま、私の書いた返信を、
公開質問の最後の「回答」として掲載します。


さかなん さんからのご質問です。

先日は、"カウンセラーさんの選び方"
解答頂けて本当にありがとうございました。
いつも気づきが得られるのはありがたいことです。

さてあれから内観していくうちに、罪悪感を感じている事に気づきました。

私がカウンセリングをして頂き、
自分で選びその結果が出た事に対しては、
予想どおりではないけれど後悔はしていません。

ただ、守護霊様と天使様からのアドバイスとは
完璧な真逆の決意をしたんです。。。。

高次からのアドバイスというのに、愛溢れるアドバイスというのに、
なんて事をしてしまったんだろう。。。と自分を責めてしまう時があります。。。

ここを乗り越えない限り、自分を愛する、というのは程遠く感じています。

もしまたアドバイス頂けましたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたしますm(._.)m



☆☆☆

さかなんさん、
vanillatreeです。
2度目のご質問、ありがとうございます。

本日付の記事でアップしたのですが、考えがあり、
公開質問はやめることにしました。

さかなんさんからはすでにご質問をいただいていたので、
この件については、私からのメッセージをお送りします。



さかなんさんの感じてらっしゃる「罪悪感」は、おそらく、
いわゆる「神」や高次のものと、自分が分離している、
という感覚からきていると思います。

だから、たとえば「神のご意志」や、「高次の導き」に対して、
自分がそれに背く決断をしたのではないかと、
罪悪感を感じているのではないでしょうか。


でも、まず思い出していただきたいのは、「分離」はありません。

さかなんさんの選ぶことのできる道はすべて、「神」の中にあります。
その外に出ることが、ないのです。


その意味で、唯一絶対の「正しい道」なんてないのです。

もし完全に「間違った道」というのがあるとしたら、
誰も、そのような道を実際に歩むことができないはずです。


それら、ひとしく「幻想」ともいえる道の中で、
私たちの選択に違いをもたらす指針があるとしたら、
それが自分の「内なる感覚」に一致しているか、否かです。

一致の感覚とは、すなわち存在としての全体感覚…
統合、調和の道だからです。

それは道といっても、いつでも瞬時に戻れる「状態(在り方)」です。
その状態にあることは、夢の中にいて、夢に気づいているようなものです。
夢に翻弄されるのではなく、意識をもって夢に参加しているのです。


繰り返しますが、
どうぞ、「外」に力を与えないでください。



さかなんさんは、そのとき、何か理由があって、
自分なりのチョイスをしたのですね。

それが「正しいか、間違っているか」
一体誰が、何を基準に決められるのでしょう。


高次って何ですか?
愛って、何ですか?
罪悪感を生むために、それらを使うのですか?

何かがおかしくありませんか。


裁いているのは、ご自身のみです。
たぶん、さかなんさんは、自分を信頼していないのです。

過去について思い煩うのをやめ、
どうぞ「今」のご自分を信頼してください。

(本当に後悔がないのなら、いかなる形でも、
過去の決断を責める必要がないですよね?)


さかなんさんが「今」を受け入れ、そこでくつろげばくつろぐほど、
統一性を感じることができ、
さかなんさんの内側から、導かれていくんですよ。

だって、「高次からのアドバイス」は外ではなく、
まさにそこからやってくるからです。


それでは、またよかったらブログを訪問してくださいね。



vanillatree


クリックありがとうございます☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.