BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

意味はあなたとの関係性の中にある

こんにちは☆


超新星爆発(スパノヴァ)のように色々なアイディアが押し寄せて、

ブログに書こうと思っている内容をメモしている携帯電話のメモ帳メモリが

いっぱいになっていたことに気づいたvanillatreeです(〃∇〃)


これらがどんな記事になるのかな~なんて眺めつつ、

半分くらいは、自分自身が今「それを生きる」ための補助メッセージなんだな、

と感じています。(*^.^*)


リアルな私の歩みもご一緒に、

「読む」という形で共有してくださる皆さまには感謝~キラキラ☆



さて、今日も現実創造のお話。ぺこ


きのうは短かったけど、今日は長文お送りするのでよろしくぅいえー


記事は、私が混乱したり、理解しづらかったりした実際のポイントを活かして、

みなさまにもわかりやすく伝わるようにと、書いています。芽

(なので、メッセージはすべて私自身が自分に語りかけ、

体験したことで~す(●´ω`●)ゞ )


もし、わかりづらいところがあったら、

他の人もそう感じてるかもしれないので、コメント欄でご質問くださいね~♪


「意味はあなたとの関係性の中にある」バラ


☆☆☆


あなたは多面体なんです

あなたは無限の可能性そのものです


あらゆるシーンにおける “自分の背中”を、

あなた自身はなかなか見たことがないように…


あなたは自分で思うほど、自分のことを知らない



それでも、多くの場合において、

あたかもそれだけが自分なんだと決めつけるように


「私は~です」(私はこんな人間です)

…と、自分を知ったつもりでいてしまう。


たとえ、それがあなた自身を苦しめたり、

悲しませる原因になっているアイディアだとしても…。



また一方では、外のニーズに合わせるべく、

自分を作り変えようとすらします。


あの人は私に何を望んでる?

あっ、世界は私にこんなことを望んでるんだ?

そうだ、私はこうならなくっちゃ!


…まるであなたは、

あなたの見ている“世界”のニーズを満たす、使用人のよう。

あなたは、意図的にそこで、役立たなくてはならないようだ。


他者を…外を…満たすために、あなたの存在はあるのかな?

もちろん、そう考えることも自由だけど…

それって、「働かざるもの、食うべからず!」みたいだねぇ(笑)


世界や他者って、

そんな風に「あなたの助けが必要」なものなのだろうか?

もしそう感じているのなら、あなたは

世界や他者が本当はどこにあるのか、忘れている。



一体あなたは、

それら外のニーズを知る・感じ取るのと同じくらい熱心に、

自分に関心を持っているだろうか…?


(あなたの、外へ向かう「やさしい心」や、

「自然な向上心」を否定する意図ではありませんよ!ハート



これ…あなたの体験している人生も、あなたという個も、

あなたの求めた経験で、

あなたはここで、創造性を発揮したいと望んだ。


客観的意味というものはなく、

「意味」は、あなたという存在との、関係性の中にある。



☆関連している過去記事☆→「個を体験するというギフト」


☆☆☆


意味は、あなたという存在との、関係性の中にある。


これについて、私の身近な例をあげますね。


近所に、最近、うさぎの専門病院がオープンしました。

先日、散歩のときにそれを知った私は、なんだかうれしかったのです!^^


(※余談ですが、私の経験では、通常の動物病院ですと、

うさぎは犬や猫など他の動物におびえてしまいます。あせ

先客がいない場合でも、においでガタガタ震えて、居心地が悪そうでした。

…そういうことを知っている経緯もありますが、

単純に「うさぎ」を身近に感じる機会がうれしかったんだなぁ~。)



…私は、かわいがっていたうさぎの「ぴの」の死について、

過去記事で連載したことがあるように、

今ではもう、うさぎという動物についての思い入れ、心の「絆」があるわけです。


それは広がって、動物全体、自然界全体への思いへも、つながったのですが。



つまり、私にとって、うさぎという動物は、

“愛しさやなつかしさ、色々な愛の思いを呼び起こす何か”となっています。



でも、これが私という個人でなければ、

うさぎの病院という施設が近所にオープンして感じることも、

様々な別のものになるでしょうね☆



もうひとつ、他の例をあげます。


「片腕をあげる」という動作があります。


これを、


「叩かれるっ!こわい」

「五十肩が治って腕が上がったぞ!♪」

「意見を発言するために挙手しました」


などなど、色々な風に見ることができます。


これも、そのときの文脈(体験している人の人生の流れ、前後のシーン)

を知らなければ、意味はわからないことです。



以前に私は、頭を繰り返しはたかれる習慣でもあったのか?

人間がなでようと手を持ち上げると、「ぎゅっ」と目を閉じて、

怯えたように身をすくめる犬を見たことがあったので…、

この例をつくるとき、そのことも取り入れてみました。



これらの例を読んで、フムフム、「客観的事実」は、

「近所にうさぎの病院ができた」

「腕を上げた」

それだけなのね!ニュートラルね、というところで、
終わらせないでください。


思い出して。

あなたの体験している現実まるごと、あなたの意識の中にある。


「客観的な出来事」が唯一の事実として先に存在し、

それに意味付けをしている、
のではない。


これは、あなたの夢のようなものなんです。

本当に、そうなんです。

つまり、あなたの夢の中に登場した現実(出来事)も、

あなたが選んでます。


あなたの体験している世界全体が、無限の中の、

あなたの選んだヴァージョンのリアリティなんです。


ここ大事です。OKですか? (・ω・)b



そんなわけですから、あなたの用いている「意味付け」が、

あなたにとってちょうどよいものならいいのですが


窮屈になった服をむりやり着なきゃいけないと思い込んでいるように

あなたという広大な存在を、その中だけにおさめようとしているのなら


あなた自身が「作者」で、

あえてそうしているということを、思い出すときです。



以下のメッセージをお伝えして今日はおわりにします。


☆☆☆


ほんとうの自分の気持ちに

たたかいを挑まなくてもいいんだよ


信じよう!とか

こうならなくちゃいけない!という気持ちで

自分の感じたことを否定しなくていい


どこかから借りてきた正しさにこだわるのではなく、

私はこう感じたんだなぁ~というのを、まずは認めてあげてハート


他の誰に同意してもらわなくても、

あなたはそう感じたのだから…。



その上で、外の現実を「絶対のもの」と思うのをやめてみる。


苦しみや痛みを現実として体験したのなら

あなたの中の、苦しみや痛みを見てみたらどうかな?☆


たとえば自分が、

誰かからの同情を求めているのに気づいたら

(あるいは外に、

あなたの同情を求める人がいるという体験をしたら)


自分の内側で、

自分が自分に、必要なだけ同情をあげる。


自分自身をもっと理解して、関心を寄せて!って

「現実という姿」で、あなたの内側が教えてくれているから


“現実はこのように、とっても素直!”
キラキラ☆



だから、何かが「敵対」しているという考えを捨てて…


あなたが何かを意図(発信)したとき

それに伴って起こるすべてのことを「友達」と見てみよう♪


あなたにとって「ネガティブ」な要素に見えたとしても、

あなたの協力者、助っ人として見てみようヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ


体験している“世界”とあなたは、ひとつで

内と外に分離はなく

常に変わらない、ベースとなる愛をもとに

フィードバックしあっているよ


★vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリングはこちらから♪
「個人セッションのご案内」


本日もお読みいただきありがとう
クリックどうぞよろしくね(*^▽^*)

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ


ありがとう!

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.