BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

喜怒哀楽

こんばんは♪

今回のタイトルは、「喜怒哀楽」です。

あなたは、自分の喜怒哀楽を受け入れていますか?


160128_2.jpg



☆昨日の記事☆に書いた先日のワークショップでも、ちょうど、

シェアリングの中で喜怒哀楽というテーマにふれる機会があったのですが


喜怒哀楽の中の「喜」や「楽」についてはさほど問題にならなくても、

「怒」「哀」については、自動的に“ネガティブ”なものだと判断してしまう

ということがあります。


その結果、自分の感じている怒りや悲しみについて、

これを感じるのはいやだ!(そんな風に感じている自分は嫌い)

私はこう感じるべきではない!(このように感じてしまう私は至らないのだ)

こんな嫌な感情、もう感じていないことにしたい!

…などの「否定」の動きが起きるのです。



怒りや悲しみの感情も、

あなたの心にある何かを教えてくれるサインなのですが、

サインそのものに対して、

「嫌なもの、厄介なもの」というレッテルを貼って捉えがちだということです。


そして、そのレッテルを貼ってしまっていると、

「こう感じている」という実際の自分に起こっていることを否定して、

「そう感じなくなる自分になるために」かぶりものをかぶってしまいます。


いくつかの場は、それでもうまくやり過ごせるかもしれません。


でも…


あなたの中で受け入れられなかった「自分自身の気持ち」は、

あなたに認めてほしくて、声高に主張し続けます。


ここで大切なのは、

「他者に受け入れてもらうために」それが起こってるのではなく、

あなたが、あなた自身に伝えるためにその感情を起こしている、

ということです。星


たとえば、

あなたが「嫌だ」と感じたことは、少なくともあなたの世界の中では、

「嫌だったのだな」ということを自分が認める必要があります。



他者にとってそれがどう解釈されるか、どうジャッジされるか、は、

また別の問題で、本質的にあなたの「心」には直接関係のないことです。


私はこう感じていた。


感情を通して伝わるその部分を自分自身がないがしろにすると、

その先にある「自己発見」の機会も見逃してしまいます。

なぜあなたがそんなに悲しかったのか。怒ったか。嫌だったのか…。


あなた自身が「受け取らない」ボールを、

たとえ他者や世の中に投げても、まず本当の意味では受け取られません。


さらに、

感情の源にある「自分自身」に目を向けることを忘れると、

関わった他者や物理的な状況の方を「変えさせる」ことで、

自分の感じたことにけりをつけよう、自分の気持ちを変化させよう

…としてしまいます。汗☆


これは、自分のかけているレンズに問題があっても、

そこに映る世界の方を「おかしい!」と言って改造するようなもの。

想像していただくとわかる通り、

いくら物理的に物事を変えてもまだ、映る世界は「問題あり」なのです。


このたとえでいう“レンズ”の仕様が、一体どんなものかは、

自分の心の方を通してしか、知ることができません。


それを見ることで初めて、あなた自身の持っている物差し(観念)や、

この人生に生かしている価値観も浮き彫りになる
のです。

発見する内容は、「修正が必要で、取り除くべきもの」ばかりではありません。

あなたの本当に大切にしたいことや、歩みたい道も見出すでしょう。



あなたの感情は、それが不快なものであるときも含めて、

「ここだよ、ここだよ」と、あなたが見るべき心の方向の、

矢印を示してくれている
んです。


あなたが「嫌だ!」と感じたことの裏側には、

あなたの望みが存在する、というようにね。音符



2つのブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.