BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

体はない!

週末、いかがお過ごしでしたか!

前回の記事を書いてから、
ようやくその気になって、
大天使の“名前”を暗記したvanillatreeです(笑)

それぞれの大天使の働き(意味)もおさらいすることになり、
解釈にも深みが増しましたキラキラ☆
記事がきっかけをくれた。ありがたいものだね、ブログ。


さて、今日のテーマは
「体はない!」

です

今日は当たり前なようでいて
もしかしたら刺激的なことを言うかもしれません!


信念体系にヒビを入れられればうれしいです。(*^・^) ~♪


☆☆☆

私も、あなたも「体」はありません。

何度か記事でこのことにふれていますが、
そうでなかったら、このブログに書いてることも、コースも、
意味がありません。


人間は、自分を「体」と見なしながら、同時に、
体を自分の意思と切り離されているものとも考えています。

不思議でしょ…。


純粋に「肉体的な欲求」
自分の考えと分かれた、勝手な「体の欲求」があると思っているのです。


無いよ無いよ、そんなの!

全部マインドがやっているんだよ!

私たちがただ、それを「自覚」してないだけだよ。


☆☆☆

人は、「体」それ自体が意志を持つかのように勘違いし、
「体」でさえ自分と分離させて考え、それと対立するようになりました。

コントロール(征服)の対象として、自分の体とたたかうようになりました。


でも、体なんてありません(笑)

だから、純粋な体だけの現象なんてない。

私たちのマインドが、「体」というものを作り出して、
あたかも体が自分であるかのように体を使って、「表現」している。


マインドだけが、こんな風に自分を「だます」ことができます。
体は、その忠実な表現形態であるだけです。


意識の清明度、という言葉を出したことがあるように、
私たちの自覚の範囲は一般的に狭く、
体を自分の意志とは関係なく、日々勝手に動いているように感じます。

もちろん自覚してどうこう思うときもあるでしょうが、
基本的には、

「心臓を動かすぞ、今日も…それっ!」
とか、
「呼吸を忘れたらやばいぞ…」
とか、日々真剣に警戒している人はあまりいないと思います。


この世界のことだってそうじゃないですか(笑)

「俺が今日アメリカを忘れたら、アメリカ存在しなくなるな。
やばいな…」

とか思いながら、毎日世界地図を眺めている人、いますか?
あはは(笑)


でも、これについてよく見れば、

誰もがある程度までは、自分の体も、この世界も、
誰かが勝手に動かしてくれていることを、信頼できているわけです。


それで、この、勝手に動かしているのは誰か?というと、
あなたのマインドです。


☆☆☆

病んだマインドというのはありますが、
病んだ体というのはありません。

「マインドの自覚度100%」の意識状態であるスピリットは、
病むことができません(笑)

そもそも、自分のことを体だと思い込む勘違いができません。


病むことが可能であると信じるためには、
それなりの基礎となる信念体系が必要になり、

自分が誰であるか「忘れる」必要があります。


忘れているマインドにとっては、どんな表現形態でも、
それが「メリットである」と信じている限りは手放しません。
作り続けます。

自分にとってメリットだと考えているから、
その現実を表現するのです。

言い換えれば、この世界、この体という表現全部、
自分で決めていることです。


☆☆☆

ですから、

あなたが本当に「不要である」と自覚した場合には、
どんなマインドの表現でも手放すことができます。

一方で、あなたのマインドの中で、
「ああこれは、私にとって有益だ」
と判断した場合、わざわざそれを手放すことはしないでしょう。


意識の清明が上がってくると、たいていの場合、

「個」としての自分が持っている外見だとか、
キャラクターの特徴であるとか、

そういうことは、「この人生の自分に最適である」と自覚して、
意に介さなくなります。

それを「変えよう」と思うことはまずないと思います。

というのも、それがスピリットとしての自分の「計画」に属していると、
理解しているからです。

また、

「体」を使って、「体」のように自分を表現しているけれども、
自分は「スピリット」であると知っているので、

囚われなくなるということもできますね!


☆☆☆

私はわりと、

「体の声をよく聴いてあげてくださいね」
という表現が好きなのですが、ハート

この場合も、正確にいえば、
体を媒介して表現されたマインドの声のことを指しています。


私たちは、体が反応したり、感じたり、知覚していると思うことで、
マインドの表現を理解しているために、

「体の声」と言われた方がしっくりくるのです。


本当は、この世界全部がそうです!
「私の」マインドの表現


どんなにその範囲が大きく見えても、
あなたは、あなたのマインドが許可しないことは何ひとつ体験できず、

言ってしまえば、

あなたがその中のどこまでを「自分の表現」と自覚できるかで、
この現実をどんな「夢」にするかが決まります


あなたが創造者のマインドに到達するためには、
全部が自分の表現であると、本当に自覚することが必要です。d(゚∇^*)☆


☆☆☆

それに気づいていく過程で、
私たちは、自分を「体」としてではなく認識するようになり、

自分の枠をひろげて、
便宜上作ってしまった狭いアイデンティティを手放して、

スピリットの現実に気づき、ときにズレを修正しながら、
大きな自分と一致して生きるのです。


ですから、

この間、「スピリットの声、大天使、アセンデッド・マスター1・2」の記事で、
書き忘れたことなのですが、

スピリットの現実に気づくためには、
「外にそれを見よう」とか、
「体を通した五感で知覚しよう」とする必要はありません!

結果として、意識が変われば、
内にも外にもスピリットの現実を見出すようになり、
そればかり見るようになりますが…。


スピリットの声を聴く(感じる・受信する)ということは、
あなたのマインドの声を聴くということに等しいのです。

ただ、マインドの声の中の、バリケードのような、
「忘我状態の我(エゴ)」のうったえではなく、

それがしずまった先にある、
インスピレーションの声を聴くのです。


スピリットの現実側と、心からのやりとりをしてください。

あなたの感じたこと、思ったこと、望んでいること、悩み、
全部包み隠さず心の中でスピリットに話しかけてください。


そして、黙るのです。


答えは必ずもたらされます。
あなたが沈黙することで、あなたはそれに気づきます。


それでは、今日はここまで…☆


↓クリック大感謝♪

人気ブログランキングへ






広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.