BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ザ・花粉症

春分過ぎたけどまだ寒い♪
皆さま、お元気ですか~☆o(*^∇^*)ノ

私は先週末の爆発が、アゲーン(AGAIN)!
今度は風邪も加わって、花粉症とダブルでダウンしていました
キラキラ☆


風邪はともかく、花粉症はまだまだシーズン真っ盛りじゃない?

その上私は、ケミカルな薬に弱く、
薬はありがたいけど、副作用が出るときた。ガクリ

上記のような理由で、この間書いた妹との「花粉症ラップ」では、
私のリリックの中に「♪症状の、板挟み!」っていうのもありましたね(笑)

いやいや、板挟まれている場合じゃなくて。


こうして発作に見舞われていると、
ふだんからきついアレルギーをお持ちの方や、
アレルギーを持っているお子さん、そしてそのご家族の方は、
大変だろうなぁ…と思うのであります。

最近、妹が託児所のお手伝いをしたことで、色々と話を聞き、思ったのです。
私が子供のころ以上に、今のお子さんってアレルギーが多いでしょ。

これは何を教えてくれているのか?


花粉症についてだって、色々な「スピリチュアルな見解」が、
あるみたいですけど…(検索するとけっこう出てきますよ!)。

そして私は、仕事柄、過去にすてきなヒーラーさんとの出会いも多く、
その何人かは、私の「花粉症真っ只中」のときを見て、

「治してあげる!」と、申し出て、
エネルギーヒーリングしてくれたこともあるのですけど。


それから何年も経っていますが、この調子で、
たぶん、それは根本的な内なる変換が必要なのだと思うのです。

私の場合、「爆発的な発作」で、どうにもならなくなり、
結局薬でおさめる以外になくなってしまうので
(本当に「発作」になってしまうと、薬はありがたいものです)、

「ふえーん」と撃沈しながら、

スピリットよ、この根本が何か教えてくれないか。

と、要請してみたのですが。


☆☆☆

そうすると、何度だって出てくる言葉が、

「地球環境」

なのですね。


これは決して、原因が「私」の外にあるというわけではなくて。

地球環境と私は、密接につながっていて、ひとつであるということです。


そういえば以前、宮崎駿監督の本を読んでいて、
もともと広葉樹の山であったところに、
人間があるとき、それらを引き抜いて、杉を大量に植えた…

だから今、関東の山は杉だらけだ、ということを知りました。

ヒノキもそう、かもしれません。
その本を、今はすでに手放してしまったので、
詳しい内容を確認できなくてすみません。


ただ、このことを知って、私は納得したのです。
というのも、その時期、私は友人と、
ときどき関東圏内の近場の山を探しては、登山をしに行っており、

そのたびに周囲の景色を見て、

どこもかしこも針葉樹だらけだな~
杉ばっかりなのは、なんでだろう?

と、思っていたのです。

なるほど、そのような人為的な理由だったのか、と思いました。


花粉自体はそもそも有害ではないはずです。
医学的に解説される、
人間の体の方の異常(アレルギー作用を起こす仕組み)は、
注目されているからこそ薬が開発されるわけですが、

それ以前に、環境的な理由も欠かせません。
人が作ってしまった、自然界の「アンバランス」、
もっとよく見る必要があるのではないでしょうか。


私が苦しい発作に見舞われるのと同じくらい、
自然界も苦しいよ!と、教えてくれているのかもしれません。

たくさんの人か花粉症にかかるのは、
そこを見るためではないのでしょうか。


環境と自分とを切り離して、
個人の症状だけに着目して、「よくなりたい、花粉症をなくしたい」
ということだけを考えていても、だめな気がするのです。


少なくとも私は、スピリットから、

「それは、あなたの心的態度の報いである」

的なことは聞きませんでした…今のところは。


むしろ、送られてきたキーワードは、「地球環境」や「自然」についてでした。

それと、私側(個)の「心」の同意との、両方だと思います。


☆☆☆

この解決策としては、
人に起こっている症状に対して着目、対処するだけでなく、

自然環境を大切にすること、そこに感謝すること、
私たちが自然についてもっとよく知ること、
それを尊重し、愛すること、

すでに人間が作った過ちがあれば、正すこと。

それら全体が欠かせないと思うのです。


地球と人間は、分けられないよー。
それは全部で「私」。

そう思うのです。


☆☆☆

さて、誰もにあてはまるお話ではないと思うのですが、
私の「花粉症がひどいときの対策」を載せておきます。

ひとりひとり、何がよいかは本当に違うので、
ピンとくる方だけ参考にしてくださいね。


まず、単純なことですが、家の中でもマスクをかける。
まぁ、耳などに負担にならない程度に…。
この方が、薬を飲んだ後でも楽です。
マスクも合う、合わないがあるので、お気に入りを見つけるといいですね。


それから、私の場合、花粉症になると体の抵抗力が一気に落ちてしまいます。
風邪もそうですが、他の症状にも感染しやすくなります。

そのため、私の体は、ふだんとは違う要求をします。


たとえば、「肉」を食べるように言うことがあります。

私は菜食主義ではないですが、
ふだん、そんなに肉を多く摂るタイプではありません。

しかし、この症状の間は、果物や新鮮な野菜、水のほかに、
「肉」もとってくれ!

と、体が言うのです。


私の知人で、完全菜食主義の人が、
「今はちっとも肉を食べたいと思わないし、食べられないが、
風邪をひいたときの回復期にだけ、焼き肉が食べたくなる」
と、言っていたことがありました。

それも同じ理由だと思います。

ああそうそう、『フィンドホーンの花』という本の中でも、
著者で、フィンドホーンという共同体の創始者であるアイリーン・キャディさんが、
長年の菜食主義にもかかわらず、
体調を崩したときにステーキを食べるように、
「内なる指示」を受けた記述がありましたっけ。


生活に、固定ルールを定めることを、私は推奨しません。
柔軟になっておくのがベスト!です。


自分の経験からいうと、特に女性の場合は顕著に、
「生理前」のときだけ特殊なものが食べたくなったり、
きっと妊婦さんもそうですが、体の状態によって必要なものが変化します。

自分の「体の声」を信頼することが大切です。
(それは以前も書いたように、体の感覚を通して伝えられる、
「内なる声」なのです。)


それから、私の場合、今のブームは「梅」です。

外も、梅の花がとってもきれいに咲き誇っていますね。
花に埋もれ、枝に止まる鳥たちもうれしそうです。
(この間、近所の梅林に5羽もメジロがいました。)

「旬」のエネルギーというのを、私はじかに感じるタイプですが、
この「梅の花」のうれしいエネルギーにも影響されているのか、

何かと梅を使ったものを口に入れたくなります。


なので、梅干しとか、生梅の入った飴など
(市販品ではないものを、家族が見つけて買ってきました!)
を、おいしくいただいています。

なんとなくこれが、花粉症によって引き起こされる何かを、
やわらげてくれているようにも感じています。

一般に花粉症に効くといわれるペパーミントやハーブよりも、
私にはこちらの方が効果があるようです。

自分の暮らしている土地のエネルギーも関係あるかもしれませんね。


とにかく、自然のエネルギーを愛して、愛して、愛して、
同時に自分の心も浄化していくことが大切だと思われます。

以上、私なりの花粉症に思うこと、でした☆


↓いつも応援ありがとう~♪♪(*^ ・^)ノ⌒☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.