BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

とっても複雑、とっても単純

私たちが、さまざまなものの「そうなっている事情」に注目するとき、
「背後にある理由」にフォーカスするとき、

私たちは、複雑なものを見ることになります。

たくさんのものが絡み合い、
「全体」を見渡していない目線が、うっかりその一部だけをとらえると、
まるで理不尽なものを目にしたかのように思えることもあります。

でも、そう思い込む前に、ちょっとストップ!

そのとき、思い出すべきことは、
自分の狭い目線、狭い理解で、
何かを「ジャッジ(判断、裁くこと)」することはできないのだということ。

その意味で、情報と離れておく距離…スペースは大切です。

私は、すべてを知っているわけではない。
全部を見たわけではないんだ。

だから私は、それをいかなる形としても、決めつけることはできない。


その一方で、根本理由はとっても単純です。

なぜ、私はそれを見た?
なぜ、私はそれを体験した?

私がそれをやりたかったから!
私がそう望んだから!
私がそれをオーダーして、
私が自分で決定したから!!


ここには、シンプルな答えしかありません。

私が体験することを選んだもの以外、
私は体験できないからです。


だから、実際にできることもとてもシンプルです。

どんな複雑な事情があるようでも、
どんな背後の理由が関係しているように見えても、

もし、それが自分にフィットしなければ、
何かずれているような歪みを感じたら、

自分の力を思い出し、
自分の中にある「種」を手放せばいいのです。

見えている現実は、心の中にある種から育っていますから。


そのときに欠かせない土台となるのは、
百%、「これは私の選んだ体験だ」

と、知っていることです。

そのことを受け入れていなければ、
形だけ「手放します!」と宣言しても、効果がありません。


本当は納得していないよ…こんなこと、腑に落ちないよ…
そうつぶやいている膠着状態のときには、まだ怖れがあります。

自分のどうにもできないところで、何かが勝手に起こっている。
これは押し付けられている。私は望んでない。
自分は被害者だ!という思いです。


そういうとき、ヘタに「なんとかしよう」とするよりも、
自分の、そんな状態もそのまま受け入れる方がいいのです。
ありのままの姿を、じっと観察する方がいいのです。

あなたの中から何が出てきても、よく見てください。
以前はそれが、あなたの役に立っていたのかもしれません。
何らかの形で、あなたを助けてくれていたのかもしれません。


急いだり、無理に結論づけたり、
そんな自分を悲観したりする必要はありません。

心がまだ、「なるものか!」と、思っていて、
納得せずに服の裾をつかんでいるのなら、それも愛でればいい。

自らの内にわざわざ反対の力を作るのをやめて、
出たがっているものの表現をゆるして、流れを見守るのです。

だってあなたはもう、そこに気づいているのですから。


そうこうしているうちに、もしかすると、
噛めば噛むほど味がでるスルメでしたか!?というくらい(笑)、
自分が何度も何度も同じものを噛みしめていたことに気づき、

そこにわだかまりや痛み、怒りや悲しみなどの溜め込んだ感情、
抑えつけられていた、スッキリしないものが残っていたことが、
発見できるかもしれません。

(↑※私は以前、ときどき、夢の次元で、
すでに亡くなったらしい人の思いや感情を「受信」する経験がありましたが、
これはただ単に、「受信する(その人の気持ちをそのまま受け取り、
同じ感情を共有する)」だけで終わるのでした。
そういうとき、その人の思いや感情が、ボールになってぽーん!と、
私の胸に飛び込んでくるのです。
私は、その人と同じものを一緒に体験し、共感するだけでした。
それ以外に何もしなくても、それは受け入れることで、流れるのです。)



自分に力があることを、信じられますか。
根底に、やるせない無力感はありませんか?
望んでいないことを自分に強制できる、
何か別の力があるのだと思っていませんか。

my honey, かわいい子、どうぞ思い出して☆
あなたは受け身ではありません。

一方的に押し付けられ、ただ受け身…という考えは、
すでに源の力との、分離を想定しているということなのです。

そうではなく、

私たちは、毎瞬、毎瞬、外の現実に自分を映し出しながら、
フィードバックを受け取り、変化し、生まれ変わり、
即興で作品を創っていくアーティスト。


これを知っていてください。

自分は、どんな体験をしても、被害者ではない。
単なる受け手であるということはありえない。

外の現実は、自分の心で種を蒔いたもののあらわれ(出力結果)であり、
私の選択を無視して起こることなど、ひとつもない。


そうやって今も、これからも、あなたが選んでいるのだから、

その事実を認めれば認めるほど、あなたは力を取り戻すということなんだよ。
色んなものを、柔軟に使いながら、それとダンスしながら、
光源からの輝きを、そのまま放射できるということなんだよ。



私たちには、何か違和感を見つけるたびに、
心の中にフォーカスを向けてみるという選択があります。

心の中をよく眺め、ときに整理整頓をするためには、
中立に、客観的な目で、それを観察しなければならないから、

好きな音楽をききながらでもいい、
居心地のよい部屋で、好きな香りをかぎながらもいい、
思いついたときには、ぜひ時間をとってぼーっとして、
とにかくゆったりリラックスして、自分の心をのぞいてみてください。

深く入っていきながら、心の目で観察します。
大丈夫、あなたはとっくにやり方を知っている。


私は、この間、そうしているときに、

まるで将棋の駒のようでもあり、
麻雀の牌…みたいな形にも見える、

自分の体験をつくる色んな「種」が、
やわかい心のクッションに差し込んであるのが見えました。
(駒の裏にピンみたいなのがあって固定できるようになっている)

その駒のいくつかを点検して、
(ひとつひとつの詳細を見るわけではありませんが、
自分のそのときの体験に連動したものに導かれて、それを見るのです)

もう要らないものを、すっと抜いて、外すことができます。

「ああ、こんな風に思う必要はないなぁ」
「これを別に、信じなくてもいいんだ」


私たちは、起こること、体験することのおかげで、
自分のそのときの反応…感情、感覚、湧いてくる思考を観察することができ、
それによって、自分の心にある「種」に気づくことができます。

あなたは石ころだらけの険しい道を、つまづきながら歩くこともできますが、
石ころそのものをよ~く観察して、それが脅威でないと知るだけで、
それはすっと消えてしまうような幻想…いわば張りぼてであった、
ということなのです。

気づくと、両側に花が咲き乱れる、気持ちのいい小道をのどかに歩いていた…
ということになるかもしれません。


この世界にはたくさんの情報があり、
あたかも、あなたにとっての「トゲ」や、「ひっかける鉤」を持って、
恐ろしげに飛び交っているように見えるものもあります。

あなたがそれに対応した「種」を内に持っている限りは、
ときにそれは、あなたをチクッと刺すことがあるかもしれませんが、

そういうものがあなたにとってもう不必要なのであれば、
チクッと小さく刺さって「痛っ!」と気がついたそのときに、
それをありがたい機会として、にっこり感謝して、
そのときそのとき、落ち着いて心にある「種」を抜きとればいいのです。


「無力感」は、あなたの思っていることの、何かが間違っているしるしです。


自分の体験をどう受け取るか…
自分に力があると信じているか否か…で、現実は実際に変化します。

あなたの意欲があれば、そう決めるだけで、
同じものも、今までとは全く違うものの見方で眺めることができ、

さらに広く、希望に満ちた視点を発見することもできるのです。


私たちが、喧騒の中でも相手の声をキャッチしておしゃべりできるように、
私たちにはいつでも、大切なものに注意を向ける能力があります。

大切なもの…その本質が何であるかは、すでにあなたが知っています。


自分の心で、自分の好きな種を選んでは、
それぞれの種に、水をやる量も決めているのだということ。

庭園を、楽しみながら形作っている幸福な庭師は、あなたです。


応援ありがとう♪
精神世界ランキング

スピリチュアルカウンセリング
(対面、スカイプ、電話)

「お申込みのご案内」

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.