BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

セルフプロデュース。チームとして☆

グッドイブニング。

きょうの太陽
 


空をじっと見ていると、たくさんの色が波のように動いています^^
 



 

今日のタイトルは

「セルフプロデュース。チームとして☆」

です。 

これがまた、前回の記事とも繋がるんですけど…

(ほぼ毎度これですね 笑ぺこ

前回「戴いた命~梅干しに思う~」

beats-and-love.hatenablog.com

「私」って本当は何か、

に気づくと、現在の自分だと思っている自分もまた、

多彩なバリエーションの中のひとつの「作品」である
と、

気がつきます。


このきづきは大きな違いを生みます。キラキラ☆


たとえば、あなたが現在、「空色花子さん」という人だとして。

空色花子さん、は、あなたの中にある“作品”だけれども、

あなた=(イコール)空色花子さん、ではない
と、はっきりわかるのです。

それを「含む」けれど、それだけではない。

自分って何か、の定義が変わるということです。

すると、

あなたは自動的に・強制的に、

「空色花子にならされた」わけではなく、

意識して空色花子をつくった存在こそが私だ

ということに気がつく。


つまり、それまでは自動的に、「これが嫌でも私なんだぁと、

ときにはまるで、囚人がイヤイヤ牢に入れられているかのように

自分自身の存在を思い込んでいたものが、

むしろ自分は、この作品を「プロデュースしている側」だった

ということを自覚するわけです♪( ̄▽ ̄)


あなたは自分で選んで、今の自分になったのです。ハート


そして、このひとつの作品(個人)には、驚くほどに!!

ものすごく多彩なエネルギーが付与されていて、

あらゆる場面で助け合っている、バックアップの存在もあって…

…と、

「個人」というものの奥行きが、

さらに、細密に、見えてくるわけです。


昨日の記事では「祖先」の話から入っていったけれども、

自分を粗末にできるのって、ある意味傲慢なんですよ~。

という意味、わかっていただけたでしょうか。


チームとして見た場合、あなた個人のキャラクターに、

どれだけのバックアップがあるか…。

その協力のエネルギーを考えると、途方もないことなのです。


そして、さらにすごいことには、

このキャラクターに専念しているあなた自身、「本人の意図」

これこそが、現実に影響を与える、という所です。

あなた自身が、あなたの現実のオーナーなんです☆


このことは、今の体験にフォーカスしている最中のあなた自身に、

すべてがわかるとか、全部が見通せるという話ではないですよ。

それではこの体験をする意味もなくなるし、そんな風になる必要がないです。

 

そんな視点でなくとも、

自分の力、創造性を、意識して使うことは可能だし、

(というか、たった今も、誰でもそれを使っています。

つまり、より卓越した芸術家になるようなものです)

本来の基盤に立ち返り、自分自身をプロデュースしていくことは、できます。


ただし、そのとき障害となるのは、「外」に力があると錯覚することです。

自分の立ち位置を忘れちゃうこと。

他者が…世間が…という「中心軸」から外れた考えもそうですし、

これがスピリチュアルなビリーフ(観念)になると、

神が…●●様が…何とかの存在が…天使が…

という風に「逸れていく」のも、同様です。


あなたをバックアップしてくれている存在、は確かにおりますが、

すべてあなたの“内側”に存在しており、

たとえばあなたに「命令」したり、

あなた自身の意志を凌駕できる存在ではないんですよ。


主軸にあるのは「我」である、というのを忘れてしまったら、

彼らも、あなたの信じていることの範疇でサポートするしかないのです。

大元にある自分の心、それを見極めることがとても大切です。


…こう言うと、何やらむずかしいことのように聞こえますが、

「自分自身の本当の心を知る」ということです。


これが何層にもなって分裂しているように見えることがあって、

その上、私たちはたやすく外にそれを投影してしまいますが…

体験している現実が“唯一のリアル”に見えるのは……まやかしなんです。

蜃気楼みたいなもの。


自分の力を意識的に使うと決めたときに、

そして実際に使い始めたときにこそ、

それに沿った「サポート」も実感することができます。


★スピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★

個人セッションについて

お申込みのご案内


ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます
 

精神世界ランキング

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.