BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

恐怖に支配されてない?cross your finger~

こんばんは☆彡 


今日のお話は、「恐怖に支配されてない? cross your finger~」です。
 

150317_1345~02.jpg



英語で、cross ○○'s finger とは、中指と人差し指を交差させて祈ること。

おまじないのような動作で、

成功を祈る、幸運を祈る、神頼みをする…などの意味がある表現です。


文化は違っても、日本にも(他のさまざまな国にも)似たような表現がありますね。


験(ゲン)をかつぐ、○○祈願、魔除け、厄落とし…。



ところで、日常のささいな挨拶として、

「○○に気をつけてね!(安全、健康を祈る)」

という場合には、普通は、ただの思いやりとしての表現ですから、

とりたてて気にする必要はありません。


今回話題にしているのは、そういう場合のことではなく、「本気で」

験をかつぐ、祈願する、魔除けをする、cross one's finger…の類をしなければ!

…と、思っている場合のことです。


お守り類を常に携帯しなければ落ち着かない・不安である、なども該当します。



そのようなケースでは、よく見れば根源にあきらかに「恐怖」があります。


「いやいや、よりよい結果を願っているだけなんだ」

と、思うかもしれませんが、

「何か上手くいかない・満足いかないことを想定して、それを予防している」

ということに、気がつきませんか。



よりクリアーにするために、たとえをあげますね。


あなたが、車の通る道路を渡るときに周囲を見回して、

安全を確認してから道を渡ることは、普通です。

車が通るということを知っているので、適切な行為をしているだけです。


一方で、「危険な運転の車がいつ突っ込んでくるかもわからない!」

と不安な思いで、「交通安全」を常に祈願しているなら、先に恐怖があります。


行為としては似ていても、この違いが伝わるでしょうか?



案外、意識せずにしていることかもしれないのですが、

病気の予防のために○○を食べる…△△(特定の行為)を習慣にする…

なども、先に想定されている「恐れ」があります。


単にそれが楽しいから、快適だからしている、という場合と、

「病気や、体の○○な(望ましくない)状態を予防したいから」という場合とでは、

先にある「意図」、行為に向けられる意識は、はっきりと違うのです。



「幸運を願う!」という場合にも、

「うまくいかないことや困難がきっとあるだろうから、幸運を願おう」

という気持ちから発生している場合と、

単に挨拶や励ましとしている場合とでは、ヴァイブレーションは異なります。



自分の日常に、実は、どんな「恐怖」を認めているか。

その恐怖によって自分の選択・反応・行動は、方向づけられていないか?


観察してみると、きっと発見があると思います。



日常の表現や習慣の中にもし、該当するものを見つけたら、

今後もそういった「恐怖に基づく想定」が必要なのかどうか?

先回ってそういった意図を持ち、その恐怖に基づく現実を生きたいのかどうか?


ぜひ、ご自分の心を確認してくださいね。


4月開催の講座です。意識と体の関係に興味がある方もどうぞ♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 

4月11日(土)14時~16時開催ワークショップのお知らせ

「セルフヒーリング講座」 

詳細は
★こちらのページ★をご覧ください。

お申込みはこちらから↓

☆お申し込みフォーム 
パソコンから / 携帯から

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 


★スピリチュアルカウンセリング個人セッション(対面、スカイプ、電話)★
「個人セッションのご案内」


クリックよろしくお願いしますハート

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

ありがとうございます!音符

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.