BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

エネルギーを刷新するには

今回のテーマは、「エネルギーを刷新するには」

刷新という言葉の意味は、

『弊害を除いて事態を全く新たにすること。』(広辞苑より)

私自身の内側から最近湧いてきたキーワードです。



富士山と夕暮れの空。いつも写真以上にきれいな色合いの風景です。


先にお知らせを。

今月30日のワークショップは、「スピリチュアル・シフト!」というテーマです。

内容やお申込みの詳細は以下のリンク先からご覧ください。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

「スピリチュアル・シフト!」ワークショップ

1月30日(土)14時~16時開催

講座案内は
★こちらのページ★をご覧ください。

お申込みはこちらから↓

☆お申し込みフォーム 
パソコン・スマホから / 携帯から

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


…次回ワークショップ・講座の開催を決めると、

不思議と、その講座テーマに向かって「準備」が進行しているように、

記事の内容も、現実の事象も、自然とシンクロすることが多くなるのです。

最近も、その流れを感じています。sky*


さて、

自己エネルギーの刷新
は、

内心、自分のあり方を「裁いたり」、「批判した気持ちのまま」では、

行うことができません。


自分を批判し否定していると、不便なことを変えることもできないのです。

それは、昨日の記事「負けっぱなしの人~!」の中でも書きました。星


まず、第一段階は、

自分の習慣的あり方に疑問を持つ(「なんでこんなことをしているんだろう」)

とか、

自分の違和感を実感する、認識する

というところから始まります。


たとえば、とてもつらいことがあっても、

本人がそれを「つらいと感じている」と自分で認めるまでは、

事態は動かないということです。


このように「認識」すること、「自覚」することが、はじまりです。


その自覚が起こると、

これまで無理して持続させていたものはどんどん剥がれてしまいます。

まるで、砂のお城が崩れるように止められなくなっていくので、

これまでよりも不安定に感じるでしょうが、変化の過程にあるからで、

それは良い動きなのだと思い出してください。


すると今度は、「自分の今まで感じていたこと」が、

よりはっきりと明晰に認められるようになっていくので、

あなたの好き・嫌いも強まったような気がしてくるでしょう。


それまでのように「内心こっそり嫌う、抑圧する」必要がなくなったために、

「あれは嫌い!」という自分の主張が「大きく聞こえる」のです。

ボリュームを絞っていただけでそれは元々あなたの中にあったものでした。


☆☆☆


私の場合には、☆前回の記事☆でも書きましたが、

やはり「強くならなきゃ」「図太くならなきゃ」

「(自分が気になる点を、)気にしない人にならなければ…」

との気持ちがありました。


もちろん私の中にも強い部分、図太くいられるジャンルもあるのですが、

日常で他者と比較して、そうは見えない部分を矯正しなければ

と思っていたのですね。

それで自分に変化を強いたのです。

つまり、そのままの自分ではいけない気がしていたのでした。


ちなみに、特定のテーマの「変化、学び」は、一定期間を置いて、

らせん状に上昇するように繰り返されることがありますが、

決してあなたが何も学ばず、同じことを繰り返しているわけではなくて、

「学ぶ深度」が深まって、同じテーマでさらに高度なことをしているんです。

ですから、人生に度々同じようなテーマがあらわれていることに気づいても、

「私は全然成長してないんだ~」なんて、がっかりしないでくださいね。キラキラ☆



自分のままでいてはいけないと思うとき、

あなたが人生のどこかで身につけた「観念」が威力を発揮しています。


その観念は、教育の賜物だったり、周囲との比較から学んだものだったり、

いつの間にかあなたの意識の中で「採用されたもの」なのですが、

あなたはその「枠」を通して世界を見ています。


すると、自分がそのままで生きていい世界を知らない。

「それでは生きられないのだ」という証拠のある現実しか、見たことがない。


というわけで、

いつもあなたは、「ただ我慢できるようになるべきで」

既存の、そうだと信じている「世界」の方に適応しようと努めることになります。


目の前にあるものが決して好きではなくても、

満足いくものではないと感じていても、

「でも、これ以上のものは無いんじゃないか」

「これくらいなら、まだましなんじゃないか」

と、妥協する方向に考えるようになるのです。


それは、自分自身を無理に納得させる作業なので、

本当は常に、不満を溜めていくことになるのですが。


でも、「その中で満足しなければ、他により良いものなど存在しない」

と、思っているのですから、致し方ないことですよね。



あなたのエネルギーの「刷新」が起こるときには、

あなたが本心から「まぁいいや」と思えていることと、

そんな風には思えていないこととの、区別をつけることが必要です。


しまい込んでいた「あなたの基準」を復活させる必要があるのです。

それに沿って、あなたの世界を再構築するからです。


過去の私は、「変人でいいのだ!」という記事でふれたように、

無意識に、自分を肯定できる「別な世界」を探していました。


そして歴史上の作家たちにそれを見出し、

「この人たち、私を上回ってこだわりが強いな…扱いづらそうだな…」

と、うれしく思い、安堵しました(笑)


その背景には私自身が、それまで身近な人々から自分のことを

「めんどくさい人、扱いづらい人」

「繊細すぎる。もっと強くならないと」

と伝えられ、それを「観念(ルール)」として刷り込んでいたからです。

その基準に応えられない自分に、劣等感を感じていたからです。


けれども、あなたは「ひとりの創造者」として、

他者の基準に基づく見方ではなく、

自分自身のものの見方で、世界を眺めることができます。


それまでの環境で「常識」とされていた視野よりも、

もっと広い視野で現実を見ることができます。


あなたのエネルギーの中に、

「これはもう窮屈だ。」

と感じることが見つかったなら、それに縛られ続けるのではなく、

その観念、ルールを「外していく」きっかけに使ってください。


あなた自身を変えるのではなく、あなたの採用してしまった窮屈な服、

意識の中にある「観念」を、今のあなたにふさわしいものに変えるのです。



2つのブログランキングに登録中☆
1日1回のクリックで応援してね蝶々


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話ししますバラ

「個人セッションについて☆」

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.