BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

新しいステージに立とう!ご感想紹介第2回目★講座「宇宙文明との繋がり~公式コンタクトに向けて1~」

少し前に、11月5日の講座のご感想紹介と、関連情報の解説をしましたが……。

「内側にある宇宙として眺めよう!【ご感想紹介と解説】講座『宇宙文明との繋がり~公式コンタクトに向けて1~』」

beats-and-love.hatenablog.com

今回は、同講座のご感想紹介第2回目です。

新たにいただいたご感想の内容や、他の方からお寄せいただいた追伸、 色々な要素をあわせて「新しいステージに立とう!」とタイトルをつけました。

いただいたご感想

★★★ 

こんばんは!
先日は楽しい講座をありがとうございました。

講座に参加して、 まず自分の宇宙人に関する思い込みに気がつきました。
わたしは、宇宙人に「未来」 というキーワードを特に投影していたようです。

宇宙人は古代から地球人と交流していたお話や、 私たち地球人が持っている習性も実は宇宙人から受け継いだという お話、宇宙人が地球人から神とされたお話、 がっかりした部分もありましたが、じわじわと納得しました。

わたしは、今のところ公式なコンタクトにそんなに興味がない感じですが、急に興味がわいたりするかもしれません。

講座を受ける前と後で大きく変わったなと感じる部分は、宇宙というスペースが自分の意識の中に大きく広がったということです。

実は、以前は未開の地がなくなってしまったように感じていました。それは物理的な話ではなく、意識次元の話で、その次元の行けるところまで行ってしまったような、端まで来てしまったような感覚で、同時に退屈しているような気持ちでした。でも、端だと思っていた場所が、実はずっと果てしなく続いているということが見えてきて、まだ冒険する場所があったぞーという気分になり、とてもわくわくしています。

参加者のみなさんからのシェアのお話も、とても面白かったです。私だけかもしれませんが、自分がこの次元で宇宙人との交流体験があまりないので、みなさん一人一人の体験談はとても興味深く聞きました。

いろんな方のお話をもっと聞いてみたいです。

最後に、夢のお話ですが、講座の日の夜から朝と、11月11日朝方、夢を見ました。特に11日の夢は色つきで、いくつものUFOが青い空を移動しているのを眺めている夢でした。最近あまり夢を見ないし、UFOの夢なんて今まで見たこともないので、どちらの夢も講座に参加したことで深められた部分と関係しているように思います。

12月の講座も都合がつけば、また参加したいです。
ありがとうございました!

★異空間の旅人さま★

★★★

異空間の旅人さん、ご感想と掲載のOKをいただき、ありがとうございました。

たくさんの現実が同時に、オン・ステージ。

異空間の旅人さんが最後に書いてくださった夢の話ですが、講座の日の夜と、最近と、二度もUFOの夢を見ていらっしゃったということなんですね。
ちょうど前回の記事でも、夢の次元での交流についてふれたばかりでした。

前回明晰夢を見る方法と、友人の初めての明晰夢をご紹介。」

beats-and-love.hatenablog.com

物理次元で経験することは、先に、非物質的な次元(私たちにとっては夢と感じる)の中で、色々な準備を進行させたものの、表現形態のひとつです。

まず非物質的な次元で計画を練ったり、予行練習をしたり、まるで「舞台稽古」のようなことをしているのです。色々な存在とのミーティングもしていますよ。
そして、現在の個の自分にフォーカスしている視点から見ると、この物理次元だけを強調して認識しているので、ここがメインステージ、本番のように感じるのですが。

大局的に眺めれば、同時進行でたくさんの舞台が「上演」されています。

「地球外の文明」に意識を向けるなどして、私たちが「現実の範囲を広げよう」とするとき、私たちは別の自分、別の現実、多次元的に存在する様々なリアリティーと、いずれにも繋がっているさらに広大な意識のあり方に気づかざるをえません。

自分が、新しい自分に出会うのです。

あるステージ上での劇を堪能し切ったとき、「飽きる」という感覚が起こることは、もうそこではなくて別の新しいステージへ移りたい、という内からの呼びかけです。

新しいステージに立つと、眺めも、上演される劇の種類も違うでしょう。
用いる力の源は一緒でも、創造性の発揮の仕方が異なるのです。

背後にある計画

そしてこちらは、他のご感想をお寄せくださった方の追伸です。

★★★

「……今回の講座が宇宙人関連の内容であったことと、たまたま参加者が4人しかいなかったことで、アットホームな感じで宇宙人の話を聴いたり質問できたため、私にとって至福の時間だったのです。そのような時間をありがとうございました。」

★★★

いただいたお言葉に私も思うところあって、掲載の了解をいただきました。
というのも、今回、少人数での開催になりそうだとわかったとき、まず私の心に浮かんだのは「何か(ポジティブな)意味があってこの規模なんだろうな」ということだったからです。
そのときには、その理由はわからないし、状況に対してただそう意図したとも言えます。が、同時に、以下のことも意識していたのです。

講座に限らずすべての物事がそうですが、背後にある計画を信頼するということです。
この現実にフォーカスしている視野からは見えていない、絶妙なハーモニーがあります。

たとえば講座をするときにも、参加者ご本人はもとより、「ヘルパー存在」たちもそれぞれに協力していて、一緒に学習を進めているのを知っています。

ヘルパー存在・天使のカテゴリ

beats-and-love.hatenablog.com

表層に見える物事の背後で、参加者全員の様々な連携があり、それはそれぞれの自己の意思に基づきながらも、この物理次元だけにフォーカスした発想や思惑を超えています。
そこではより大規模に「準備を進め、物事を創造している」のは間違いありません。

私たちの自覚が広がるということは、あっちの自己とこっちの自己、まるで別々であるように分けていた観点が、ひとつに融合するということなのです。

そんなことにも思いを馳せさせていただきました。
どうもありがとうございました!

次回の講座は、12月17日(日)14時から。
懇親会込みで、終了時間は17時すぎです。
詳細のご案内は後日いたします。


ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング 


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
(対面、スカイプ、電話)

個人セッションについて

お申込みのご案内 

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.