読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

賢い体とあなたの意識

☆前回の記事☆に書いた埋没した親知らず抜歯から1日経って、盛大に腫れてます。
最初は昨夜、ん…?なんだか片側だけ飴玉をほおばったような顔してるな…と、ちらっと鏡を見たときに気づいた程度だったのですが。
今となっては、特大の飴玉をほおばった顔になってしまいました。片側だけ、明らかに輪郭がおかしい…きっと子どもの頃のおたふくかぜのとき以来の顔!動物の「ほおぶくろ」が一方にだけ登場した感じ。そして、なかなかに痛いです。
※手術翌日の診療は受けており、傷口もきれいで問題なしということなので、この反応は正常範囲です(笑)どうぞご心配なく!

いやー、下顎の方が痛みが出るし、腫れるというお話は本当でしたね。
上顎の手術のときには2回とも別に腫れなかったし、ここまで痛くはなかったです。

そんな状況なのですが、驚いたことに普段よりもしっかりと食欲がある上に、自分にしては珍しいもの(たとえばお米など。私は普段あまりお米を食べない)を食べたがるんですね。
体が回復したり、傷を治そうとしているんだなと感じて、消化器系に影響を及ぼす手術でもないから、なるべくその感覚に従っているのですが……
片側噛みなのは当然としても、口もちょっとしか開かない!腫れてて。
ですから小さく切ったりして、一生懸命食べつつ、生命力ってすごいなぁと思いました。
この状況で、食べようとするんだ!?って。

そこから関連して、気づいたこともありました。
切開して抜歯した後は出血しやすいので、口をゆすぐうがいなどはあまりしないように言われるし、それは気を付けた方がいいんですが、かといって口腔内を乾かしていればいいというわけでもないみたいです。
私がそれまでのスキンケアをやめて、補助にワセリンを使うかどうかで迷い、情報を調べているときに知ったサイト、夏井睦先生の「新しい創傷治療」によると、口の中の手術後も口内が唾液で潤っていた方がいいみたいですね(※リンク先で話題にされているのは親知らずの手術ではありませんが、読み返すと口腔外科の項目がありました。リンク先に行くとずらっと情報が続けて出てくるので、左側メニューバー「湿潤治療」の項目をクリックして、出てくる項目の「口腔内の傷」を見てみてください。絶飲食ではなく、飲食した方が治りがよい旨の記述があります。他のメニューからは傷や患部の写真なども出てくるのでびっくりしないでね。)↓
http://www.wound-treatment.jp/next/question-0.htm

私は特定の人の考えをそのまま鵜呑みにするということはないですが、体の持っている性質や治癒力について、現代の医療の理解は不十分だし、誤解も多いと感じており、このように「従来の常識と違う発見」をシェアしてくださる方の情報は、とても面白いと感じます。しかも、医師の方が自分で経験してきたこととなればなおさら興味深いです。

そもそも、一見「不便」に見えるこういった腫れや痛みも、体が必要な働きをしてくれている結果なのだということを覚えていたいものですね。体は賢い、といつも感嘆しています。
それは疾病などでもそうで、体が何かあなたのために働いてくれた結果であって、「悪い」ものではないんです。(もっと言えば、体というより「意識」がその働きをしています。)

手術後に出されている抗生物質の飲み薬も、言われた通りに飲んではいるのですが、果たして本当に必要なのかどうか?と考えたりもしています。
薬を否定する意図はないですし、ときには薬に助けられもしますが、その一方で、本当に体の「助力」になっているのか、全体として見たときにその働きを邪魔していないのかどうか、薬の目的は何か、わかっていないで飲んでいることも多いのではないでしょうか。

少なくとも、飲むかどうかが自由な頓服の鎮痛剤などではなく、今回の抗生物質のように必ず飲むよう指示された薬で、自分では適しているか否か判断がつかないときには、せめて薬に「感謝して」自分のエネルギーに調和させてから飲むようにしています。
(このとき、薬自体を恐れていたり、悪いものと決め付けていたり、自分で嫌な感じがするのであれば、いっそ最初から飲まない方が賢明かもしれません。形だけの「感謝」を自分に強いない方がいいです。)
※ちなみに、親知らず抜歯後に処方される抗生物質は感染予防のためです。薬が必要か否か、他の方法はあるか、不明点疑問点は医師に尋ねることも大事ですね。

講座を開催して第2回目だった「セルフヒーリング講座」に出てくださった方は、覚えているかもしれませんが、自分で自分の体を調和させる方法はたくさんあります。
いつでもあなた自身が、あなたの体の働きを大きく助けることができるんです。

そのとき、キーになるのは自分の意識と、創造力です。
意識の世界こそが「本当に起きていること」なのだとわかると、よりそれらを使いこなせるようになりますよ。
過去のセルフヒーリング講座についての記事と↓

beats-and-love.hatenablog.com

参加者からいただいたご感想(※観念書き換え教室のご案内記事の最後にも、セルフヒーリング講座に参加した方々の別のご感想を掲載しています)↓

beats-and-love.hatenablog.com

6月3日(土)の講座テーマは、「死への理解を深める」。
お申込み受付中です。

beats-and-love.hatenablog.com

ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて」
「お申込みのご案内」

 

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.