BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

夢って、さりげなくわかりやすいんですよ。

おはよーございまーす(*・ω・*)

今回は夢のお話。


「夢」はおもしろくって。

あ、おもしろいって今回は、ファニーって意味ではないですよ!

興味深い、インタレスティングの方の意味です。


私は、夢を「夢分析」や「夢占い」にのっとって解釈することは、

あまりにも見当違いで、支離滅裂な見方になってしまう、と感じています。


夢の世界の色々な経験の境界は、非常に曖昧で、

しかも私たちは、目覚めてから夢の経験を「解釈」しています。

何度か書いていますが、夢の記憶というのは、

すでにこちら側の自分が理解できる形(表現)に置き換えられているのです。

その意味で、夢の表現(シンボル)は、とても個人的なものです。


とはいえ、夢にメッセージ性があるのは本当ですので、

そこを注意深く見て、自分の意識の言語と言いますか、

自分なりのイメージやストーリーが、何を伝えてくれているか

を読むことに長けてくると、とっても役立つと思います。

そしてそれは、「複雑!読めない!」と思い込むと読めませんが、

実際は、自分ならではの感覚でしっかり読めるものであり、


さりげないけど、とってもわかりやすい!

ということも多いのです。(*^▽^*)

今日はその一例を、私の今朝の夢を例に使って、お伝えします。

☆☆☆

今朝の夢で、私が記憶しているところでは、

私は電車内にいて、友人に携帯でメールを打っていました。


その友人は、もう長年会っていない、

中学生時代とても仲の良かった友人でした。

私は、その友人に、

写真(画像)つきのメールを送ろうとしています。

その写真(画像)とは、筆文字で書かれた四文字の言葉。

しかし、太字で独特の変わった字体で書いてあったので、

文字自体はよく読めません。

その内容にはあまり意味がなく、

ただの言葉の羅列だったような気もします。


私はそれを友人に送ってあげたいのですが、

なんと、その四文字は、

鏡文字(鏡に写したときのように、左右がひっくり返った文字)になっており、

そのままでは、よりいっそうおかしな感じなのです。


どうしようかな…

と考えて、ふと、思い立った私は、

電車のドアのガラスのところに立ち、

携帯の中にあるその画像をガラスに映して、

ガラスに映ったそれを写真に撮り直す
ことで、

友人に「鏡文字を反転させ、読める状態にして」送ったのでした。


その後、私は、電車の横一列の長い座席の、空いている席に座ろうとします。

中学生の男の子たちのかけている席の間に、隙間を見つけたのですが、

その空き具合が微妙で。

その子たちがスポーツバッグ風のかばんやら、ウォークマンのイヤホンやらを、

自分達の横、つまり席の上に置いて散らかしているので、

座れるスペースはあるのだけど、それらを手でずらさないと、ちゃんとは座れません。


私は、さっと、そういう荷物をどけて、

中学生の男の子たちの間に座りました。


その後、夢の中で、さきほどの友人と私は電話していました。

そう、電話で会話していたのですが…

友人の受け答えがなかなか返ってこないな、

…と思っていたら、

友人が、受話器を持ったまま、途中から眠り込んでしまったのが見えます。

(※夢の中で、電話で会話しているときは、声だけでなく相手の様子もよく見えてます。

この世界の電話と違って制限がないというか、テレパシーだからでしょうかね。)

☆☆☆

夢の内容はこのくらいにして。

この夢の中で、とってもわかりやすいキーワードがあります。

それはまず、「中学生」。

中学校時代の友人に、中学生の男の子たち。

こういうとき、私が、中学生時代から持ち越しているテーマ…というより、

今の自分が、中学校時代を振り返ると見えてくるもの、

と言った方がいいかな。

そのエネルギーが、現在の「私」の状況に関わっていますよ 

と教えてくれていることが多いです。


それから、「鏡文字」と、鏡(=電車のガラス)に写すというシーンがありました。


「鏡」もキーワードなのがわかりますね。


私の現実に今起きていることは、

自分の反映(鏡)であるということに対して、注意を促しているかもしれません。


それから、電話で話していた友人が、眠り込んでしまいました。

これは、「通信がうまくいっていない」ということでもありますね。

眠り込む=「気づいていない、相手がシャットアウトしている」

という風にも読むことができます。

また、「聞く気のない相手に話しかけ続けている」とも読めます。

私の現実のどこかで、おそらく通信障害が起きています!と。

(心当たりあって、わかっています……。)


夢の中での表現としては、電車の座席に座ろうとしたときも、

こちゃこちゃとした荷物を手ではらって、スペースを空ける必要があったし…

(これも「障害」ではありますね。

そして中学生たちは、自分たちの様子に気づいてない。

さらに、同じことを、他の表現でも伝えられています。わかりますでしょうか?

そのままでは読めない鏡文字

(太い筆の、癖のある字体で読めないという面も)

これも、やはり「そのままでは通信できない」という意味を伝えてきていますよね。

私は、これを、いったん鏡(ガラス)に写して、撮り直すことで、

反転させて、相手に読める状態にしていました。

(前回記事の中の、コミュニケーションについて書いた部分にも関係してきそう。)

そもそも、「携帯」や、「電話」というアイテムがそのまま、

「通信、コミュニケーション」のシンボルでもあります。

また、送ろうとした画像の文字ですが、

「その内容にあまり意味はなく、ただの言葉の羅列」ということは、

うわべで起こっている事の詳細(出来事や人)には意味がなく、

私がそれら鏡(反映)から、何を学び、どうするか…


その部分にこそ意味があると伝えられているようです。


細かく見ると、他にも色々なメッセージがあるのですが、

おおまかなところを、説明しました。

あと、この夢では一貫して、

夢の中の私の「感情」や、「思い」が、ほとんどありませんでした。

どのシーンに対しても、です。

感情や感覚、夢の中で思っていたことがはっきりわかる場合は、

それも参考になります。

☆☆☆

このように、夢では、ひとつの夢の中で伝えようとしているテーマがあり、

その、伝えたいことを色々な形に置き換えて、

繰り返し、繰り返し、伝えてくれていたりします。

内なる叡知を頼りに、夢を活用してくださいね!バラ


★気になる夢を理解したいときにもどうぞ。
スピリチュアルカウンセリング★

個人セッションについて

お申込みのご案内


ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.