BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

音の世界

熱く語りたい!第2弾。今度は音楽の話題です

私、2年くらい前まで断然、
ブラックミュージック(おもにアメリカのヒップホップとR&B)ラブ!ハート
だったんですよ。他のジャンルも聴くんだけど、メインはこれ、って感じで。

ところが引っ越しなど変化が重なった時期がありまして、
その頃を境に一気に傾向が変わったんですね。その前から予兆はありましたが。
持っていたCDも、もうエネルギーを感じない(自分が共鳴しない)ものは思い切って整理して、中古レコードショップにまとめて売りました。
扱いが丁寧な方なので新品同様だったし、
好きだった品物は次も誰かにかわいがってほしいよねキラキラ☆

で、子供の頃から習っていたピアノのある環境に引っ越したこともあり、
今度は演奏を含め、クラシック見直し時期に突入♪2
しぶしぶ習っていた頃はわからなかったクラシックの魅力にはまるっ!

不思議なことに、そうなるとヴァイブレーションがそっちに合ってしまうからか、
ポップスが一時的に聴けなくなったりしました。

プラス、まったくの静寂か、風など自然にきこえる音だけの方が落ち着くという傾向も出てきて、以前に比べるとぜんぜん音楽を聴かない日々。

それはそれでいいけどなんかちょっと寂しい気もしていたある日…、
部屋でラジオをつけてたんです。

3月11日の震災からまだ1、2週間くらいの頃だったかな?
ある海外バンドが解散するということで、メンバーのインタビューや、
過去の曲が数曲まとめて流されていた。
それが、はっとするほど胸を打ったんですね。

透明感。

曲もそうだし、インタビューで彼らが喋っている内容も、
(たしか自分達の解散についてや、日本へのメッセージを語っていたんだけど)
圧倒的に澄んでいた。
こんな澄んだ感じ、ひさびさだ、と思いました。

それで彼らの名前と流れていた曲名をメモして、後日CDを購入しました。
それが、MAE(メイ)というアメリカのバンドです。

そもそも、昔聴いていた音楽がだんだん聴けなくなった背景のひとつに、
以前より曲を作っている人や歌い手“意図”だとか、込めているエネルギーを、
はっきりと感じるようになってしまったからというのがあるんです。

アーティストのエネルギーだけでなく、
広告など周囲から絡むエネルギーも、たぶん感じている。
そして、純粋に曲だけをとっても、エゴ的な価値観
(平たく言ってしまえば、人間のメロドラマ)の割合が多すぎる曲は、
感情を投入することができなくなっていった。
そういうのがあってもいいんだけど、共感できないよ…、という感じ。

そうなると、澄んだエネルギーの曲を作っている人はけっこう少なく思えるんです、私には。
(歌詞をきいて頭でジャッジしてるわけじゃないですよ、 ただ違いを感じるんです)

そんな中でMAEというバンドはうれしいヒットでした☆

いい音楽を聴いていると、音を、なんというか、
ホログラフみたいな動きのあるエネルギーとして感じます。
目をつぶるとよりよく見えるんだけど、本当にきれいな色でかけめぐっている。
あちこちを、きらきら光りながら。
色んな形、光の粉みたいになったり、橋や、らせんみたいになったり。
水のように流れたり、降ってきたり、行進したり、くるくる回ったり、はずんだり。
体の中にも浸透してくるし、周りでも、音楽と一緒に止まらずに動くんです。

これにはじめて気づいたのは、今から7,8年くらい前、
精神世界系の業務を扱うとある会社に毎日電車通勤していた頃です。
当時、実家からの通勤で片道2時間~Sweat+゜
行き帰りのラッシュが本当につらくて、長い時間でした。

そんな私を救ってくれていたのがそのころ愛用していたMDウォークマン
MDに好きな曲を色々入れて、それを聴いてしのいでいたんですね、
電車の中の立ちっぱなしの時間を。
ぎゅうぎゅう人に押されながら、疲れて目をつぶっていると、
音がはっきり感じられることに気づいたんです。
あれ?音が駆け回っている。光のショーみたいに。

それからは、楽しくて、楽しくて、行き帰りのその時間が楽しみでした。

思えば、そういう体験はもっと昔にもありました。
とある輸入雑貨のお店でアルバイトしてた頃がありまして、
その店では自由に従業員がBGMを選んでよかったんです。
アメリカのチープな雑貨の他に、お香などのアジアン雑貨、
それからちょっとごつめのシルバーアクセサリーやボディピアスなんかも扱ってる店で、店で働いている人はスカやレゲエ、パンク好きが多かったです。
アフロの男の子と私のみが当時ブラックミュージック好きの少数派でした。

でもまぁ、小さな店で近所同士に2店舗あったので、
その日のシフトで1人になることもけっこうあったんですね。
そんなとき、好きなCDを持ってきて、大音量で(他のショップもたくさん入っている
ビルで、どのお店もガンガン音楽をかけていたんです~)店中にかけると、
不思議なことに、店の商品が音に呼応してキラキラ光って見えるんです!

もちろん、私の心がその曲に共鳴しているからそう見えるんですよ(笑)。
でも、とにかくぼーっと、
人がめったに来ない店番をしながらその様子を眺めていると、
幸せで幸せで、なんだか夢のような光景だったのを覚えています。

ちなみに、きっかけとなったラジオ放送で流れていた Mae の曲は、
We're So Far Away という曲でした。EVERGLOWというアルバムに入ってます。
あと、(e)vening というアルバムもおすすめですよ~ハート


↓外の音も内の音も「聴き」ます!
精神世界ランキング

スピリチュアルカウンセリング
(対面、スカイプ、電話)
「お申込みのご案内」

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.