BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ぷち悪魔ちゃん

コース(A Course in Miracles)流の言葉で言うと、
自分の知覚を、スピリットとともに絶賛修正中!キラキラ☆
の、vanillatreeでございます。

なにせ、スピリットから言われてるんです、
今年に入ってから、

「ターボエンジンかけるからねっ!!」
って…。

事情はなぜなのか知りませんけど…。


とはいえやることは変わらず、
自分の体験する出来事を介して、

あうち!
自分の目(ものの見方)、汚れてるじゃないっ!
(ノ◇≦。)

と、気づいては修正の日々(= 誤りを、解き放つ!)。


大天使ミカエルいわく、

「心が曇っているものに、エクスカリバーは使いこなせない」

だそうで。みどり


大天使ミカエルの、私への浄化法は、なかなか面白いです。
いわゆる、セラピューティックなアドバイスはくれないんです。
インスピレーションやイメージ、言語で、状況の理解を促したりはしない


むしろ、今やってくれているサポートは、
私が自分の内面の歪みを見ているとき、その痛みを感じているとき、

ハートに、横から、火炎放射器のように浄化の青い炎をあててくる!

ゴォーって(笑)


私が自分の苦しみ(誤った知覚)を通過している間、
そうやって、絶え間なくハートを浄化してくれているんです

なんとなく、そうしてもらっていることで、
内面の「暗雲」をくぐり抜ける時間が早まっている気はします。


☆☆☆

でも、まだ痛みのさなかにいるとき、
そうやってミカエルがいてくれるにも関わらず、私は弱音を吐いてしまいます。

「怖いよー!自分の痛みから、また人を攻撃してしまうかもわかんない。
愛を忘れて、私の中の、悪魔が出てきちゃうかもわかんないよ(涙)」


そうして、

幼子がすがるように、後ろにいるミカエルの存在感を確認します。
そうしてみると、「大丈夫、私がついてるよ」
とでもいうような、頼もしい存在感が、たしかに感じられます。

余談ですが、またしても電車の中でミカエルと交流していたら、
大天使の姿というのは(以前も書いたように)、私にはとても大きく見えるので、

ミカエルの姿が、電車の車両の天井から、
頭ひとつ分、外へ突き出ている様子
 
に見えたことが、ちょっと愉快でした(笑)


☆☆☆

さて結局、ある種の表現を借りるなら、この世界に「悪魔」はおらず、

自分の中の「ぷち悪魔ちゃん(=怖れ)」が、
他者に投影する幻想を見ているのだと、今まで以上に納得しています。


ぷち悪魔ちゃんは、怒りや悲しみの衣をまとっており、
自分の目をぎゅうううっとつむったままで
傷ついたと信じている記憶や、罪に対する怖れから、
自分自身を防衛するためのさまざまな行動に出ます。

その防衛の方法は多種多様で、

オーソドックスな攻撃もあれば、心理的に引きこもること(閉じること)、
無関心、抑圧、気を逸らすこと、茶化し(冗談にする、笑いでごまかす)、……


ぷち悪魔ちゃん、とっても巧妙!!!(;´Д`)ノ


だけれども、私の場合、
以前からときどきポイントとして出している「夢」

これのおかげで…この中では、嘘がつけません。

ぷち悪魔ちゃんの正体を、象徴というメッセージを用いて、
スピリットが教えてくれるのです。


☆☆☆

たとえば、こんな夢がありました。


学生時代、私がアルバイトしていたレストランの、
ウェイトレス仲間だった年上の女性Aと、
階下にある別のレストランの主任だった男性Oがいる。

3人は、あるこぎれいなレストランのテーブルについて、
和気あいあいと話をしている。


ところで、私だけ、座っている椅子が、あれっと思うほど低い。

テーブルについている他のみんなよりも、
私の目線は、ずいぶん低くなってしまう。

それで、私は隣りの空いている、普通の高さの椅子に替えて、座り直す。


(※夢の中に出てきた男性と女性は、ものすごく久しぶりに思い出した人達で、
特に親しかったわけでもない。しかし、3人は楽しそうに話をしている。)


そこへ、その店のウェイターが何度めかの追加注文を取りに来る。
私たちはそろそろお開きにしようとしていたのか、
Oが、3人分の持ち帰りで、飲み物をオーダーする。

しかし、そのウェイター(どうやら責任者のようである)は、
馬鹿丁寧な割に、ずいぶんと要領が悪く、注文をちっとも把握していない。

悪気はないのであろうが、

「ビール3つ、今すぐお持ちするということでよろしいですね?」

この明らかに間違っているせりふをきいた途端、
Oが傍目に見てはっきりわかるくらい、わなわなと震え出す。
怒りで…。

さっきまでの和気あいあい、の姿が反転してしまったかのように、

「お前よぉ…さっきから、言ってんだろーよ…!!(怒)」

こぶしを握って、抑揚をおさえた静かな怒りをあらわす声の調子が怖い。
今にも立ちあがって、ブチ切れて、ウェイターを殴りそうだ。


ここで、私ははっと目が覚めた。


☆☆☆

十分…自分の中にいる「ぷち悪魔ちゃん」の存在と、
そのときの自分の内面を理解するには、十分すぎました。

わかりすぎて、滞っていたはずの感情すらきもちよく「無」になり、
すとん、と理解がやってきました。


細かく見れば色々あるのですが、
簡潔に見ればポイントは、


夢の中のウェイターは「わざと間違えているわけではない」。

たしかに彼は、客としての私たちから見れば、
不便で筋の通らないところはあるが、その人物に悪意はない。

注文のことくらい、もう1度こちらが話して、訂正をすればよいことだ。
なのに、それを許さずに、ぶち切れるOさんの姿…。


見ていた私は知っている。

彼は、もともと怒りを内に持っていて
それはふつふつと彼の中で煮えたぎり、「発散される場所」を待っていたのだ。

ウェイターは、“注文通り”、そのきっかけを与えてしまっただけだ。


☆☆☆

夢の面白いところは、
状況の本質(ポイント)を別のストーリーを用いて説明してくれるだけでなく、

登場人物全員が、自分の内面を演じてくれる役者であるということです。

それは、実在する人物であろうがそうでなかろうが、
すべて自分自身の側面なのだと見ることができます。


ときには、夢で見たものが、こちらの現実や、
実在する人物の、実際の資質と、一致することもあります…。

でも、それはそれで不思議はないのです。

この、起きていると私たちが信じている方の現実だって、
基本、同じ仕組みで「私が」他者を体験しているのですから。


☆☆☆

…幻想のぷち悪魔ちゃんの正体は、
自分の中の統合されていないパーツです。

それは分離していると信じているので、
大きいあなたから隠れようとし、
自らの存在を隠すために、その性質を他者(外)に投影します

投影に気づかずにいると、私たちは、

分離の現実を作り上げ、自ら作ったそれを体験したという理由で、
引き続きそれを信じます。


スピリットは、どんな状況も癒しの機会として、
私たちを励まし、私たちの誤った知覚を正してくれます

そのためのメッセージを、いつも送ってくれています。


スピリットの援助に自分から手を伸ばしましょう。
防衛・攻撃の手段を探すよりも、すばやく白旗をあげましょう。

「私にはわからない、道に迷っている。たすけて!」

って。

幻想のぷち悪魔ちゃんを、もとのイノセントに戻してあげるためにも。


それでは、また次回お会いしましょう~☆


↓読んだよサインをカチッとお願いします♪
人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.