BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

人は神のみに依っている

こんばんは~ヾ( ´∇`*)

今朝、しばしアップしてみた記事が1つあったのですが、
中身がどこかぶれている感じ…すっきり「答え」が出せていなーい!
まだ洗いたい点があったので、とりあえずやめにしました。

今はだいぶ整合してきています(笑)


それから、今日のテーマに入る前に、書いておきますね。

昨日の記事「合意の現実と死」の自殺の記述について、
実体験をされている方から、私の書いた内容に悲しみや怒りがわいてきました、
というメッセージをお寄せいただきました。

はじめてこのブログを読んでくださった方でした。
メッセージの返信の他に、
これを目にしていただく機会があるのかどうかはわかりませんが、
同じように感じた方が他にもいるかもしれませんので、書いておきます。


大切な方が自殺で亡くなるというつらいご経験をされた中、
こうして生きていてくださって、ありがとうございます。

あなたが生きて、色々感じながら、今もいてくれること、本当に感謝しています。


私の書いた内容のどこかが不快でしたら、どうぞスルーしてください。

私も昔からあのようなことを考えていたわけではありません。
でも、今の私が信じていることを、これからも私は書きます。

私の表現について、
「冷淡、何もわかってない」と感じられてもいいのです。


私が書くのは、このブログを目にしていただく方の中で、興味のある方に、
「一般常識と別のものの見方」を提示したいからです。

この世界のどんな出来事も…「死」をも超越して、
今現在も存在している、私たち全体の「源」について書きたいからです。

それは私個人の希望、私の選択です。どうぞ、ご了承ください。


☆☆☆

さて、今日のテーマは、何度か出したことのある言葉…
「人は神のみに依っている」です!(人´∇`)゚・:,。゚・:,。☆


昨日の記事に限らず、「創造」や「癒し」カテゴリに出てくる内容において、
ここのポイントはとても大切です。


人が神(源、大いなるすべて)のみに依っている…
これはどういうことでしょうか?


それはつまり、私たちひとりひとりが源と直接つながった、
独立した存在であり、

それと同時に、そのひとりひとりをさかのぼれば、
同じ「源」から派生している1つの存在である…ということなのです。


これを順番に説明します。

まず、私たちは、誰か他の人の人生に、代わって決断を下すことはできません。

人生を歩むのは、厳密に、ひとりひとりです。
この意味で、独立しています。

これがわかると、人に対してできる最も尊いことは、
あなたの意識の中で、愛をもって「人を自由にしてあげること」。

それぞれの持つ力を信頼すること、
自分と同じ神の子としての相手に敬意を払うことです。


☆☆☆

あなたが見ている世界の中で、
もし、誰かの中に「不足」…完全性以外のものを見ていたら、
あなたは、自分の心の誤りを正すことができます。

心(意識)の中で、その間違いを訂正してください。

神の子は、いつも変わらず神の子です。
それだけが真実です。


あなたがそうやって、自分の心を真実へ調和させると、曇りをきれいにしていくと、
結局、私たちはひとつの心でつながっていますから

結果として、この世界は「幸福な夢」に変わってゆくのです。
ここで、天国を見ることができます。


人は自由に生きる権利があります。
それぞれのしたい経験をするために、ここにいます。

だから、何かを「押しつけよう」とするのは間違いです。

あなたが「正常な目…魂の目」を持って、
つまり「神の子を神の子として、変わらぬ愛を見る」ということができるとき、

あなたは実際に輝きを見るのです。


具体的な行為というのは、あらわれ、結果の方になります。
いつも大切なのは、先立つ心の動機です。

あなたがどんな「意志」を持っているかとも言えますね。


全体のために貢献するということは、どの人も、どの人も、
そしてまたこの世界に参加している粒子たちでさえも、

大きな自分の一部であると知ることです。

みんなみんな、私の一部なのです。



これは、世界をすべてエゴ的な「自分中心」で見るということとは違います。
必ず、すべてに「それぞれの事情」があるというのは、事実なのです。

しかし、大きな見地で見れば見るほど、それはひとつにつながっていて、

ひとつの「私」だけが存在しているのだとわかるのです。


☆☆☆

最近私の内なる声が、かけてくる言葉は、

「大きな自分になりなさい。どこまでを自分と思えるか?」

ということです。


「大きい私」を実感したい人は、

見えるものすべて、self(セルフ)だと思ってみてください。

お父さんセルフ、お母さんセルフ、コンビニの店員さんセルフ、
犬セルフ、木セルフ、土セルフ、鳥セルフ、
パソコンセルフ、水セルフ、素粒子セルフ…(笑)


みんなつながった私です。
それぞれが自分と同じく「神に依って」います。

そして、自分という「個」が自由なのと同じように、
みんなが自由に振る舞える世界です。

でも、この「自由」の先は…はい、結局いつも1つなわけですね(笑)


あなたの見ている世界(全体の側面である、あなたという窓)の中で、
実はこれを「許可」できるのはあなたです。

つまり、この現実は、あなた自身の「意識の地図」です。

これを覚えておいてください。
これが腑に落ちると、世界の見え方が変わります。


自分を信頼することと、外に見えるものを信頼することは一緒です。


人を裁いているとき、あなたはそのまま、自分を裁いています。
人を拘束すれば、先入観で眺めれば、あなたはそれを自分に課しています。


私たちはまったく同じひとつのものだからです。


それぞれを信頼するということは、自分の内を百%信頼するということ。
そこに完全な調和が、すでに存在していると、知っているということです。


「大きなあなた」になって、このことを実感してみてくださいね。


それでは皆さま、よい週末を。また次回お会いしましょう~♪ヾ(^∇^〃)


クリック感謝しています!

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.