BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

無ベースから有ベースへ2

「無ベースから有ベースへ1」からのつづきです。


☆☆☆

私には、ときどき、「どれも私でない」という孤独感がありました。

孤独といっても、寂しさというより、空虚で遠い感じ…。


それは、私の思うような私は存在していない、ということです。

これが私、なんていうものはない。

そう感じるのは、夢で、たくさんの人生を体験していたからです。


その設定は色々でしたけど、どの「私」も、リアルでした。

あれを否定するならば、今の私も同様に「無い」。

現在「私」と思っている、このブログを書いているような私、
それだけが確かな「私」だと思うことは、無理でした。


目が覚めて、起きる、
確かに今の氏名を持ち、生きている私がいるらしい。

しかし、この人生だけが唯一絶対リアルだとは、とても言えない。


明らかに、「夢」という形で体験したあの私も、この私も、
全部私なのだ。

私は、「何を私と思うか」という違いがあるだけで、
「これだけが私だ」というような、確かな存在ではない。

虚構…その不確かさに、ときどき、ふっと、空虚さが押し寄せるのでした。


それでも、そんな私でも、
確かな「リアルさ」を感じる、存在の「芯」を感じることがありました。

「何が私か(自分の身分)」は確かでないけれど、
そういう意味で私は「無(空虚)」だけれど、

他者や、外にあるものを愛しているとき…

そのときだけは、私は「確かさ」を感じるのです。
しっかりとつながった、力強い「芯」があるのです。

それは究極の「有」です。
自分が在る感覚です。

愛しているとき、私は、「唯一絶対のリアル」を、その力を、知っています。


☆☆☆

このまえ、こんな言葉が降りてきました。

すべての苦しみというのは、

それに従った結果ではなく、
それに逆らった結果である


☆☆☆

全身で、全体で、湧いてきたものを体験しないとしたら、なぜでしょう。
あなたは、どこか、部分的に、セーブしていませんか。

全身全霊でそれを感じていますか?
ちょっと足だけ入れて、冷たいプールを嫌がるように、やめていませんか。


ともに流れることを、何が邪魔するのでしょう?
もし、あなたがそれをせき止めているとしたら、何のためでしょう。

これは良い、これは悪いと、判定しているからではないでしょうか。
怖れているからではないでしょうか。

無いものを体験することはできない。
それがすでに「有る」から、あなたは「流れ」を生み出しています。


そんな「流れ」を、怖れるとしたら、なぜでしょう。
それを生み出しているのは別の存在ではなく、あなたです。

自分を疑っているから。
存在である「源の自分」を信頼していないから。

存在のベースを、思い違いしているからではないでしょうか。


私たちは、黒でも白でもない
陰でも陽でもない

それらを含有し、生み出すもの…“ベース”である。


☆☆☆

ここはあなたの遊戯場

あなたが遊び戯れる世界

あなたが好きにくつろげる家(HOME)は、ここなのです


私たちはどこかに帰るんじゃない

私たちはたくさんの目を持つ多面体…それだけ


だから自分を、2つに分けないで

心を2箇所(TWO DIFFERENT PLACES)に置かないで

あっちに「本当の私」がいる…?それで、あなたは幸せですか


ここにいない「本当の自分」を追い求めるのに忙しいとき、
排除されたあなたは、置き去りにされたあなたは、どこへ行くのでしょう


あらわれてくれた側面を、切り捨てるから、
それはあなたを追いかけるのではないですか

否定するのは何のため?

あなたは全身で、全体で、それを体験していますか


次回へつづきます。


クリック感謝!!

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.