BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

笑って、マイダーリン

人生の中で、「笑い」に救われたことがずいぶん、ある。

とんでもないタイミングで、途方もなく明るくなることがある。

ああもうだめだ…死にそう…というくらい暗く、重くなっていたのに、
どうしようもなく面白いことを思いついてしまい、
そんな出来事に出会ってしまい、
「あれ?」と、しらふに返ったことが何度もある。

眠っている間の夢を見ながらでも、私はときどき「寝笑い」する。
(そばで寝ている人がいると、ぎょっとされる。)

スピリットは、ユーモアが好きだと思う。
少なくとも、私というスピリットはそうだ(笑)


まだ、精神世界の勉強をはじめたばかりの頃、
私はごく少人数のヒプノセラピーの講座に参加していて、
みんなの前で「クライアント」役をしたことがあった。

(私はその頃、スピリチュアルな概念について初心者だったのに、
その講座の周りの参加者は、どういうわけか今振り返っても、
ものっすごいマニアックな人たちばかりだった)

終わったとき、参加者のひとりが、
「あなたの過去世が見えました!」
と言い、私がぽかーんとしていると、先生が、

「お話ししてもいいけど、それを聞きたいかどうか、本人の許可をとってね。」
と、ひとこと言って、私は

「どうぞ」と答えた。

すると、
「あなたには、正しいことをしていたのに迫害されて殺された人生と、
喜劇役者としてたくさんの人を笑わせていた人生がありました。
その両極で、よく、こんなにバランスをとって生きてらっしゃると思います」

と、私をいつくしむような、憐れみをたたえた目で見つめながら、
その方はおっしゃったのだーーー。


その並行生はいまだピンときてはいないのだけど(笑)
私の内面にある側面、ある傾向を、
あらわしていたイメージだったのだろうとは思う。


☆☆☆

どこかで、全部笑っている自分がいるのだ。
それは、馬鹿にして笑っているのではない。

輝く目で、純粋に、面白い!と、思っているのだ。


そしてまた、人生の中で何度か、

「そこでそれをやるか!」と思うような、強靭な笑いスピリットを持った、
突拍子もなく面白い人々にも出会ったことがある。

たとえば、高校留学時代に知り合った三重県出身のEがそうだった。


同じ留学組織から留学する生徒達が、
それぞれのホームステイ先に散らばる前の、
アメリカ、ロードアイランド州での1ヶ月間の研修の間、
私たちは意気投合してすっかり仲良くなった。

彼女は、なんとなく留学したにすぎない私とは違い、
しっかり英会話も勉強していて、発音がとてもきれいで、
アメリカ文化も好きで、
「あぁ、きっとこの先の人生でも、英語を使うお仕事をするんだな!」
と、予感させるような子だった。

ふだんの性格は控え目で、やさしい子なのであるが、
ひとたび「お笑いスイッチ」が入ると、
何を投げても返してくれるキレ者なのだ。

この感じ、わかりますか?

こっちが笑いを仕掛けて投げたら、
必ず投げ返してくれるんですよ、同じ笑いの世界で。

こういう「笑いのソウルメイト」に、私は何度か出会っています!
何を隠そう、我が妹もその代表格です。

そういう人達は、どんな挑戦も絶対はずさないから…
ごく当たり前という顔をして、平然と、さらなる笑いを返してきます(笑)



もうだいぶ前に疎遠になっている、この友人Eのことで忘れられないのは、
空港での、お別れのひとときです。


それまで海外とはいえ、日本の高校生ノリで、研修とはいえただ集まって
「わー♪きゃー♪アメリカー♪」みたいな感じだった私たちが、

ひとりひとり、いよいよ見知らぬホストファミリーの家へ、
それぞれ別々の州の、未知の地へ、1年間旅立つわけです。


私も、おなかがずーんと痛くなってきました。
私はこれから、小型プロペラ機を駆使しての、ケンタッキーの、ど田舎へ。
Eは、なんと、ビバリーヒルズの、プライベートスクールへ!!

(↑なんともびっくりな差ですが、基本的にこの留学組織、
申し込みを済ますと、ホストファミリー探しは任せる形になり、
行き先が決まったのもなんと渡米してから!!
双方にとって滞在先は、ただ待つしかなく、サプラーイズ!でした。)

他の友人達も皆、心細げに、不安そうな顔をしています。

私たちは身を寄せ合って、最後の別れをしました。
「お互いがんばろうね!」と、声をかけ合いながら…。

はからずも、涙がこぼれました。
Eも、下を向いて泣いています。両手で、顔を覆って…。
やわらかいウェーブがかった、茶色い長い髪ごしに、涙の粒…。


と、その瞬間!!

いないないばぁ~!をするかのように、
顔を覆っていた手をぱぁ~っと開くと、Eが、

「てーてててー!!♪♪」

と、涙で赤くなった目のままで、おどけてみせたではありませんか!!


説明しましょう!
この、「てーてててー♪」というのは、私たちが一緒にいた間、

「ドリフとか、志村けんのコントでさ、
オチのときに“てーてててー♪”って感じの、音程が外れたラッパがなるじゃん?
で、そのあとにガシャーン!とか、ガラスが割れるような効果音がして、
てってけ、てってけ、って感じのリズミカルな小太鼓みたいな音が鳴るよね!
で、みんなが小躍りするよね!」

…そんな合意から、何かあると、「オチ」として、ここぞというタイミングを見て!
「てーてててー!!♪」を、使うのが流行っていたのです(少人数間で)。


そ、それを…ここで!?
このシチュエーションで??

しめやかな空気は一変し、私たちは笑顔で別れました。


その後の1年間、つらいとき(いっぱいあった)、
Eの勇姿が何度も心によみがえったことは、言う間でもありません。

本当、文通だけでなくあの思い出が支えだった…。ありがとう、E。
今でもあなたのあの姿、忘れない。


このエピソードは「生きたお笑い天使」ですが、
私は、見えない存在にも「笑いのプレゼント」をもらうことが、
いっぱいあります。

お、面白い…!と、驚嘆して余分なものがふっとんでしまうような視点とか、
笑わずにはいられないシンクロとかね。


動物たちも、遊ぶことを知っている。
鳥たちは朝、元気よくしゃべって笑ってる。

心から楽しくて笑ったとき、おなじことで笑顔を見せたとき、
人の心は通じ合う。ぐんと近くなる。

そのヴァイブレーションは、光の輪っかみたいだ。


あなたにハッピーな笑いがたくさん訪れますように☆


クリックどうもありがとう♪♪

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.