BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

多面体・受け取ること

前回の記事を書いた翌日の朝、急にパソコンが壊れました~あせ

ブレイクダウンという言葉にふさわしく…!?
前の日の夜までなんの問題もなく作動していたのにね~。

今はふだんと別のパソコンを使っています


なじんでいたものが壊れてみると、
不思議なことに、「自己像」について考えが色々湧いてくるのね。

それはもう、少し前からすでにはじまっていて、
いわば私は、私という「多面体」の、今まで見てこなかった角度から、
自分を見ているような気がしていたんです。


それは見ているようで見ていなかったところであり、
本人にとっては苦しいことでもあるけれども、
そういうところが見えてくるということは、光があてられたということ。

それまでは、ひっそりと影にしまっておくことが安全だったのでしょう。
もう見ても大丈夫!だからこそ、明るみに出てくるんじゃないのかな、なんて。


そしてこういう体験の中で、つくづく思うのは、
「見たい方向しか見ていない」ということです。

ビョークの歌を思い出します。

ALL IS FULL OF LOVE という曲の歌詞です(訳は私)。

You'll be given love 
You'll be taken care of 
You'll be given love
You have to trust it

(あなたは愛を与えられ 大切にされる
あなたは愛を与えられる それを信頼しなきゃ)

Maybe not from the sources
You have poured yours
Maybe not from the directions
You are staring at

(あなたが愛を注いだところからじゃないかもしれないけど
あなたが見つめている方向からじゃないかもしれないけど)

Twist your head around
It's all around you
All is full of love
All around you

(頭をぐるっと回してみて
それはまわりのどこにでもあるでしょう
すべては愛に満ちている
あなたのまわり全部)

All is full of love
You just ain't receiving
All is full of love
Your phone is off the hook
All is full of love
Your doors are all shut
All is full of love!

(すべては愛に満ちている
あなたはただ受け取っていないだけ
すべては愛に満ちている
あなたの受話器ははずれているわ
すべては愛に満ちている
あなたのドアは全部閉まってる
すべてが愛に満ちているのに!)


こういう歌です。

まさか自分がそうだとは…(苦笑)

「受け取る」

これは行為だけを指すんじゃなく…
心なんです。

心が受け取っていないと、
あるのに飢餓状態になるんです。


だって見てないから。
自分が見たいところだけ見ているから。

そして「無い」状態をつくっていくのね。


自分の見たいところしか見てない人は、
傲慢かもしれない。

多くの愛が注がれていることを認めず、
ほしいほしいといいながらとても粗末にするのね。
自分の見つめているところに、ただそこに結果があらわれなきゃ、
ないも同然とみなすから。


多面体。
多くの意味でこれを思う。


応援ありがとうございます☆


☆プライベートセッション開催中~
対面、スカイプ、電話で個人セッションをしています。
くわしくは下記情報をごらんください☆

「セッションのご紹介」
「お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.