BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

色んな意味でリリースメント…か

この間、近所のコンビニの前で、
携帯電話で話していたビジネスマン風のおじさんを見かけたのですが…
すごいはやいテンポで、

「あは、あは、んふ、んふ!」

と、言い続けており、一瞬「???」となった後、

ああ…英語か…
(相槌のuh-huh, 日本語音声だとアハとかンフとか聞こえる。)
 
と、気づいた私です!(`・ω・´)ゞ

言語ってたのすぃーね♪(´▽`)


☆☆☆

ひさびさに「茶飲み話程度にきいてね  」なお話です。

ええ、夢の話なもので…。

単純に面白かったのでシェアしたく存じます。スナフキン
どぞ↓


☆☆☆

ダイニングテーブルで、まるで自習している生徒のような感じで、
私と、とある霊能者兼ヒーラー/カウンセラーの方がいる。
(その方はこちらで実在する人なのですが、私は面識はありません。)

ふたりは、たとえるなら同僚とかチームといった感じで、
各自の作業をしながら、世間話をしている。

その内容が…

「やっぱさ、なんだかんだいって、日本の霊にはお経はきくよね。」
「そうそう!あと、禅にはまってた人にもお経効く~!」


どうやら“スピリット・リリースメントあるある”について話してるもよう( ̄□ ̄;)!!


説明しますと、スピリット・リリースメントとは…
え~、ひらたくいうと、何らかの理由で意識がこちらから切り替わっていない、
すでに地上からはチェックアウトした(俗っぽくいうと亡くなっている)
霊、スピリット(あるいはデータ)の方を、
色んなアプローチで自由にする活動ですね。

以前どこかに書いた気もしますが、
よく聞かれる浄霊という言葉があまり好きじゃないので…汗 この説明です。
まだるっこしくてすみません。


私はあちらでの活動の中で、
このスピリット・リリースメントをしていることがそりゃもう多くあります。

その形も様々なのですが、どうしてそういうことをしているのか、
こっちの私はサッパリでした。
(今はおぼろげながらわかる気も。)

とにかく目覚めて、「まただよ…」と思う。
リリースメントのときはけっこう力が入るというか、
夢の活動ながら集中して疲れるときなどもあって、リアルっちゃリアルです。

エネルギー的なアプローチ、
カウンセリング的なアプローチ、
催眠療法的な誘導するアプローチ、

やり方もケースバイケースで色々やっているんですね。

こっちの日常で、私がいわゆる霊を自然と目にする人…でもなく、
セッションにおいてさえ、そういうことにフォーカスしてやっていないことを思えば、
面白い気もしますけどね。


夢の話に戻りますと。

その後、私は、とある僧侶の方に向き合って、彼を担当していたんです。
袈裟を着た、いかにも坊さんって感じの僧侶の男性。
現代の人ですね。日本人。

その方はまだ、地上で生きている人みたいです。
ただ、彼本来のエネルギーでないものをまとっているというか、
一般に言うところの憑依というか?(この言葉も好きじゃないけれど)

まず、先に彼のあり方として、何かへのオブセッション(執念)があり、
そういう彼のあり方と共鳴しているスピリットやエネルギーが、
くっついてしまっているような感じですね。

それで、ある種の浄化することになったようです。

私がその浄化作業をするのも、本人の合意があってのことだと思います。


ところがいざ、私が作業に入ろうとすると、どうもその人、
ぎりぎりのところで意識をそらしたり、かわそうとするんですね。

これは、私の夢の中でのリリースメント経験では、
わりとよくある例なのです。


本人が、今の在り方を、
土壇場で、そうはいっても手放したがらない…とでもいいましょうか。

その状態はその状態での、心地よさにアディクトしているというか。
半分催眠に入っているような意識状態。


たとえば人が、やめたい習慣から足を洗おうとしているとき、
表面上は心からそれをやめたがっているように見えても、
本人にとってまだ何らかのメリットがそこにあると信じていれば、
実際の行動は、結局そこから出ていない…ということがありますね。

そんな感じかな。


まぁこういうのも、
おっきな目で見たらごっこ遊びみたいなものでしょうが。


ちなみに私はそのとき、新しいテクニックを試そうともしていました。
そういう意味では、彼は被験者というか、協力してくれた人というか芽

その人のエネルギーフィールド内で手をパン!と鳴らして、
音で起動し、何らかの状態をつくって浄化するような、
そんな感じのテクニックでした。


ですが、彼は先に述べたような様子でしたので、
にやにやと気を逸らしながら、きちんと参加しないというか、
一見受動的でありながらも邪魔するようなことをし続けるので、
はじめてのテクニックに集中している私も、
ち、ちゃんとフォーカスできない!

その時点で私はイラ~としていたわけですが(笑)

やおら彼がふりむいて、フィールドから出ると、
みんなのごはんの載っている食卓に向って、なんと!
殺虫剤をまきはじめたのです!
ふざけて笑いながら。


いくらふざけてるといっても…
(そして彼のコンディションが今、オブセッション状態、
クリアーでない状態なのだと考慮しても…)
みんなの食べるごはんに…!

ふざけるにもほどがあるっ。

と、忍耐が切れてしまった私は、


「この野郎!」

大きな声でこう叫んで、こちらに戻ってきてしまいましたガーン


☆☆☆

しかも実際、こちらでも私はその言葉を叫んで目が覚めたのですが、
となりに眠っていた(そしてその声に起こされた)パートナーいわく、
しっかりと発音できていなくて

「ほにょやろう!」

みたいな言い方になっていたようです…。
自分では、はっきり声に出してた!以外わからないのですが(笑)


どうもあっちで見る私って、
性格がこっちで自覚してる私より自由…な感じなんですよ。

天真爛漫といえば聞こえがいいですが、
破天荒というか…

自分で目が覚めてあきれることもしばしばです。


夢で感情を解放することはよくあるので、
このストーリー全体も、そういう目で眺めることもできますが。

同時に、それだけじゃない。

私は、自分の翻訳を通してはいても、
そしてまた、どんな経験をするかは自分自身にかかっていても、
異次元は実際にあるし、
そこで色んな活動があるということも事実だと感じていますので、

これを通して自分なりに受け取った「メッセージ」や、
「読み解き」の部分は(個人的な内容ですので)、胸にしまって、
今回のこのお話はこのまま終わりにしておきたいと思います(^-^)


お読みくださりありがとう☆


☆スピリチュアルカウンセリング☆
対面、スカイプ、電話で個人セッションをしています。
くわしくは下記情報をごらんください☆
「セッションのご紹介」
「お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.