BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

みんなと同じにならなくていいんだよ・自分の世界を発信する☆

こんにちは☆ヾ(^∇^〃)


「自己内2WAYコミュニケーション」シリーズの記事、

読んでくださった方、

実践してくださった方のご感想をお聞きしてうれしいです♪(*^▽^*)



今日の記事は、昨日の記事からの予告通り、

私自身の例でもあるのですが…。バラ



タイトルは、

「みんなと同じにならなくていいんだよ・自分の世界を発信する☆」

です。


☆☆☆


自分の現実は、自分が創造している


それなのに、いとも簡単に、トラップにはまってしまう…


それは、送信と受信の立場の、取り違え」。


出来事が、外から自分に

「起こってくる・降りかかってくる」と、錯覚すること。




与えるものが、受け取るもの

To Give is To Receive


これは、

「送り出したものを、現実(反映)として受け取る」

ということです。


つまり、自分がなにを「発信」しているかに注意を払わずに、

「受信」している内容に対して、ただただ反応してしまう限り、

おおもとは変わらないということなんです。



私は、このことが腑に落ちてからも、変わらずに、

困難を抱えていることがありました。


それは…

その実感ができたところで、


「この現実(地球の観念色々)」に、

うまく自分が適応できるとは思えない…


という、根深い虚無感でした。



「この現実」で、これをしたい!あれをしたい!という、

強い願望やモチベーションが、見出せない。


なんでこうじゃなくっちゃいけないの?

変なの!

と、感じることはいっぱいあるのに。


すると、

どうして生きるのか?


存在意義を疑うとか、ネガティブな気持ちになるとかより、

もっともっと底無しの、ぽかーんとしたむなしい感じ。


「合わない」

とか、

「うまく適応できない」

っていう、言葉がぴったり。



なまじ、“意識の別の領域”を実感していたので

(適した言葉が見つからないけれど、

「物質的体験にフォーカスしてない」、

存在の状態とでもいいましょうか)


あちらに戻りたい


という気持ちが、いつまでもやまないのでした。



一方で、自分で望んでこの体験をしていることも、

知っているのに…。


これは立派な葛藤です。


しかもこのことは、「生きること」全般に、響いてしまう。



それについて、「自己内2WAYコミュニケーション」してみました。


すると、出てきたイメージを通して、はっきりわかったことがありました。



私は、「物質次元でない」状態を恋しがっていましたが、

それは、この「物質次元」を、分けて考えてしまっていることです。



「あっちの世界」でできることが、

「こっちの世界」ではできない…

地球ゲームの、色々なルールがわずらわしい。

私は、それに適応できない…


そう信じていたのです。



でも、実際は、

「ここ」も同じ源から発せられている表現の舞台であり、

「私」が、「私の世界を発信する」ことで、

自分の生きたい世界を生きることができたのです。


私の苦しみは、実は、

「すでにあるものに合わせなければならないと、

(それに合わせて自分自身を変えなければいけないと)

思い込んでいることから生まれる苦痛」

だったのです。


これに関連して受け取ったメッセージがありました。

以下の通りです。


☆☆☆


みんなと同じにならなくていいんだよ


自分を特別扱いしてやりなさい

誰かがそうしてくれるのを待つのではなく

(ひとりひとりが、特別なのだから。)


ここで自分の世界をつくるには

発信する意図が必要なんだよ


そのように 自分の世界を見事に体現し、

「歴史に名を残していない」偉人は、いっぱいいる



先に、自分がそれ(意図するもの)になる

(指揮する、送り出す、投射する。)

現実(世界)は、それを返してくれる。



☆☆☆


外にあるものに、適応することが大事だったのではなく

私が、自分の世界を発信することが大事だったのです。


ばくぜんと、「適応できない」、「合わない」と感じていた私は、

適応できない環境や、

合わない状況をたくさん具現化して体験しました。


一方では、振り返れば、「心地よく調和できる」環境や、

「合う」人々にも出会っていたのは、もちろんのことです(笑)


このように、実際はその「創造力」をちゃんと使っているにも関わらず、


「適応できない」、「合わない」の部分の、際立った苦しさから、

その現実を強化して、繰り返していたんです。



私が、私に合う世界をつくっていいの?

私の魂がよろこぶ世界を、つくっていいの?


ああそうか、発信者って、そういうことだったんだ。


それぞれが、それぞれの世界を創る。

ひとりひとりが、創造主。




☆☆☆


このときの「自己内2WAYコミュニケーション」の中身は、

イメージだけでなく、

メッセージやインスピレーションも受け取りながらの理解だったので、

シンボルは省略いたします。



私のように、「生きること」そのものへの虚無感や、

疎外感や不適応感、強く感じている方…


読者の中に、もし該当する方がいらしたら、

この記事を参考に自己と対話してみてください。


そして、「発信」に、意識を向けてみてください☆


本日も、お読みいただきありがとうございますにっこり



★vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリングはこちら♪
「個人セッションのご案内」


ランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしくお願いします♪

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ


ありがとうございます☆

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.