BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

よろこびのドミノ倒し

今回のお話は、「よろこびのドミノ倒し」です。

前回は、「捨てる勇気。あなた自身を生きたいなら。」で、
自分の選択に意識的になることや、
私たちは常に何かを選んでいるということもお話ししましたが、

今回は、「よろこび」のドミノ倒し。

ドミノ倒しは、ご存じの通り、ひとつのドミノが倒れると、隣接して並んだドミノが次々と連続して倒れていく現象です。

私は子どもの頃、友達と積み木でドミノ倒しをして遊びました!
積み木を立てて並べて、その並べ方もカーブを作ったり、円形にしたり。
並べ終わったらそうっと離れて、1つをコン!と倒すと、木製の積み木がカラカラと気持ちのいい音を立てて倒れて、楽しかったのを覚えています。

そしてこの現象は、エネルギーの世界を説明するのにわかりやすいのです。

あなたの発信するエネルギーが持つ「質」や「トーン」は、この物質的体験の世界では「現実」という形に変換されて、あなた自身に経験されます。
自分の打ったものが、自分に返ってくるイメージです。

例として単純化してお話しすると、
たとえばあなたが「不平や不満」の気持ちでいっぱいのとき、
あなたの思いとしては、その要因を「なんとかしたい」からこそ、憤ったり不満を感じたりするわけなのですが、

ただそのままだと、あなたの発信するエネルギーは「不平や不満」のトーン、その「質」そのものを送り出すことになるので、
まさにあなたの発信したエネルギーは同質のエネルギーを共鳴させ、それを現実にもたらし、結果として、さらなる「不平や不満を感じる現実」を繰り返しやすくなります。

一方で、あなた自身の「よろこび」を大切にし、その価値を認め、ないがしろにしない習慣をつけると、
あなたの発するエネルギーは「よろこびのトーン」、その質を打ち出すので、あなたの現実にも、好サイクルが生まれます。

よろこびが、次のよろこびに接続するのです。
よろこびのエネルギーが自然と連続していくのです。

これが「よろこびのドミノ倒し」です。

発信したものしか、返ってきませんので、ここには何も不思議な「秘密」はありません。

ただひとつ、注意してほしいのは、このお話は、
「外から与えられるよろこびを待つのではないよ」
ということです。

あなたにとって、「良いこと」があったから、幸せ…
「○○が、△△だから」、それでうれしい…

そう感じることはかまいませんが、
そのように「状況によって自分の気分を決める癖」がついていると、
あなたはいずれ、前者の例の不平不満の場合のように、いわゆる「バッド・サイクル」にも、必ず陥るでしょう!

現実には、自分の期待する変化しか、ゆるしたくない。
特定の形だけを求めて、それ以外になるなら「状況を」動かしたい。

そういう考え自体、「ポイントを誤っている」のです。

あなたの現実の「発信源」、主体はあなただと気づいてください。
すると、外側に何が見えても、今、自分が最もよろこびを感じることを、ただ大切にすればいいのだとわかります。

とてもシンプルですよね。

外の状況?
あんまり関係ないね。
だって、そこから「私」を決めるわけじゃないもの。
私は、自分の感じたいことを「自ら」感じ、
生きたい私を生き、
自分の内から湧いてくるよろこびに、自分で行き場を与える。
そうすることをゆるす。

それを「可能にできる」のは自分だけ。
「差し控えることができる」のも自分だけ。

「よろこび」と言っても、その判断はあくまで「あなた自身」の感覚です。
他者から見てどうかということは、関係ありません。

あたかも共有されているかのように見えても、
あなたの現実は、「あなたの現実」なんです。

このことをしっかり認識し、あなたの心に正直になってください。

あなたの中で起こる、
誰に証明する必要もない、静かなよろこびも、
心をたっぷりと満たす充実感も、ときめきも、
あなたは知っているはずです。

あなたの「今」ある現実の中に、よろこびは必ず発見できます。
いつでも、あなたの手の届く範囲にあります。
なぜなら、それ(よろこび)は「あなた自身の本当のエネルギー」だからです。

どんなに些細なことでも、あなたがよろこびを感じることを、過小評価しないでください。
日常のこんなことが?というひとつひとつが、「よろこびのドミノ倒し」をまさに起こします。

あなたのよろこびの感覚を何よりも尊重し、それを感じるための時間を取ってください。
あなたが、あなた自身へチューニングできるように。


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

お申込みのご案内

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.