BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

その思い込みにメリットがあると信じてる!?~観念はあなた自身ではない~

こんにちはぁ(*´∇`)ノ♪

こちらはぴかっと晴れた気持ちのよいお天気です芽

風はつめたいよ~


今回も、一連のお話のつづきです…

昨日の記事「人間関係と、多面体のあなた☆」ともつながっています☆


この後に、わくわくする書きたい話題が控えているのですが、

今回も、このポイントをしっかり知っておいてね~♪ という大事な内容。


タイトルは、

「その思い込みにメリットがあると信じてる!?

~観念はあなた自身ではない~」
です。


☆☆☆


ブログを読んでくださっている皆様、

「思い込み・観念」を見ることに、慣れてきましたか?(*^▽^*)


ここでぜひ私がお伝えしたいのは、

「思い込み・観念を、個人的なものと受け取らないでね

ということです。


☆この過去記事を思い出してくださいね♪↓

「地球の観念というカタログと冒険☆」


観念を見ることや、現実を創っているということを、

…「私のせい」という思考や、

「罪悪感(罪の概念)」と絡めて理解してしまっては、ダメよ♪


なにかが「よい・わるい」という判断の世界から抜けてみてね。

前にもお話ししたように、「観念」そのものは、お道具。

どれも、よくも・わるくもないのですよ~。



あなたが信じていること…

どんな思い込み、観念(BELIEF)も、

あなたが選んで、使用してみた観念では、あります。


でも、

私=「観念」ではないということに、

しっかり気づいていてくださいね。



…たとえば、あなたが自分のことを

「私は○○な人間である」

と、思い込んでいたとして、

それを裏付けるような現実を体験していたとします。


だからといって、

あなた=(イコール)「○○な人間」ではないのです。



あなたは、その観念を使用している存在です。


なので、

「観念」を見つけたときに、その個人的な起源、

“いつ、どのようにそれを得たか”

を知ることは、あまり重要ではないんですね。


大切なのは、

「あなたがそれ(観念)を借用したということ」を、

ただ認識することです。


あなた自身が、ある期間においては、

その観念を使用することがメリットに思えて取り入れた

ということなんです。


☆☆☆


さて、あなたが特定の観念について、

「手放したいけれど、これを手放すのはものすごく難しい!」

と感じていたとしましょう。



観念というのはどれもひとしく観念です。


あなたがそう感じているのは、

あなたにとって、

「メリットがあると、今でも信じているから」

「まだ、それが役に立つと信じているから」

なのです。


たとえその観念によってすでに苦しい思いをしていたとしても、

それが本人の身に浸みていたとしても、

「これを手放したら、もっと恐ろしいことが起きる」

と、信じている。


ゆえに、同じその「観念ベース」の世界に居続けることこそ、

安全だと感じているのです。



本当は、フィットしていない観念を維持することによって、

自身を牢屋に入れているような苦しい状態なのですが、


「そうやってサバイバルしてきた(生存を維持してきた)」

と錯覚しているので、他の可能性があるとは思えない状態。


そんなときは思い出してください。


強く信じている観念があると、

あなたは必ず、その証拠を現実に見つけ出します。

それを実際の現実として体験します。


☆☆☆


例をあげます。


たとえば、あなたが恋愛をするときに、

「自分の愛した人は、自分以外の人を愛する

(何らかの形で、自分の一方通行の愛となる)」

と、思い込んでいるとします。


それについて、あなたはこう思います。


だって、それが真実だから。

現実だから。


人間ってそういうものだ、と、思っているかもしれません。


あたかも真理を見たかのように済ませてしまう、

このトラップに引っかからないでください。


そこで止まらずに、

自分の心の中身(信じていること、思い込み=観念)を見てください。



それを、外に映し出して体験しているのです。

ここはあなたの意識の世界です。

「その外」は、ないのです。


現実に体験して、思わず、

「そういうものだから」と納得しようとする、

その罠にはまらないでくださいね。


そうしているうちは、

あなたは、あなたの夢の中の登場人物であり続けます。



真実は、あなたは夢の外の存在。


夢を見ている、創っている存在なのです。キラキラ☆


☆☆☆


さて、ブログ初期から、時折たとえに使ってきました、

「母船と探査船」というたとえ。


私は、以前このたとえを用いるときは、

自分たちを母船というより、“探査船”の方にたとえておりました。


大きい自分を母船とするならば、

個の我々は探査船である、という具合に。


それが、いつのまにかすっかり変化していたことに、

この記事→「意図とコントロールの違い♪」

を書いたときに気がつきました。


今の私にとって、「私=母船」です。

自然と、そうなっていました。



私たちひとりひとりが、自分の夢を生きています。


自分を、夢の中の登場人物だと思うか、

「夢の外にある者」

=夢を見ている者、創っている者だと思うか、

それによって、あなたのできることは変わってきます。


どちらを選ぶかはあなた次第です。


でも、どちらを選んでも、同じシステムが働き続けるし、

あなたの「核」となるところは、答えを知っているんです。


★vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリングはこちら♪
「個人セッションのご案内」


本日もご訪問ありがとう☆
ランキングクリックよろしくお願いします~☆

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ


どうもありがとう♪♪(*^.^*)

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.