読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

体外離脱と明晰夢、向かった先は…2

ちょっとボリュームいっぱいになっちゃいますが、続きをアップします。

☆「体外離脱と明晰夢、向かった先は…1」からのつづきです。


☆☆☆


建物内の、あの診療室とおぼしき場所に行ったのに、ビリーはいませんでした。


せまい診療室には、地球でいうなら編み込みヘア?の、

こちらでは見かけないヘアスタイルの黒髪の男性が白衣を着ていて、

ビリーの代理の仕事をしているもよう。


私は、周囲の人々にビリーの居所をたずねることにしました。



通行人の男性にビリーのことをたずねると、

「ああ、あのもじゃもじゃ頭の…!笑2

と言われました(笑)


※ビリーの髪型は、ミヒャエル・エンデの小説の「モモ」みたいです。



どうやらビリーは、こちらの現実の感覚でいうなら、

どこかに出張してお仕事している感じでした。


結局、会えなかったのです。



私はとってもさみしく思い、外に出ましたが、せっかくなので、

テラスでくつろいだり歓談している人々のひとりに、

そうだ、何でも質問してみよう!と思いつきました。


テラスのテーブルに面した椅子に座って歓談していた男性のひとりに、

「私は地球から来たんですけど、この世界は何ですか?」

と、尋ねてみました。


その男性は、西洋人風の見かけなのですが、こちらに向き直って、

「あぁ、ここは…君たちの地球でいう“前世”(※過去の意?)ではないよ。

未来という方が近いが、未来そのものというわけじゃない。」

と、笑いながら説明してくれました。


私はそれを聞きながら、わかるようなわからないような、

それでも、ぼんやりとした概念を受け取っていました。



ところで、こういった活動の途中には、

私の意識は肉体の方へ戻ってしまい、目が覚めたりもしました。


ところが、また目を閉じて意識を集中すると、

そのまま(体外離脱状態にならなくても)明晰夢を見ることができたのです。きらきら


前にビリーと会ったときにも私はそれをしましたが…

「体脱明晰夢でガイドに会うの巻2」に書いています。)


説明するならこんな感じです。星

いったんあちらへの、「インターネットでいうならアドレス」に同調できると、

意識がこちらへ戻ってきてしまっても比較的簡単に繋がれるようなのです。


なので、私は横になったまま、意識のフォーカスは肉体から離れていなくても、

明晰夢として、さっきまでの世界の体験に戻ることができました。


そのとき意識は、あちらとこちら、両方に同時にあります。星



この体験の面白いところは、

はっきりと、別な世界での体験がリアルにできているのに、

こちらの(横たわっている自分の体や周辺の世界の)認識もあることです。


その意味では、体外離脱より便利キラキラ☆ とも感じました。



さらに、意図的な明晰夢の体験の特徴は、

自分が意識を「投射する」感覚もわかるということです。


これは、とっても説明がむずかしぃ…汗☆

だけど、ふだんの日常でも本当は私たちみんな、これをやっている。


意識的に「明晰夢に入る」体験をした方には、きっとわかると思います。



それから、私にとっては、

明晰夢とふだんの「夢」とで異なる特徴が1点あります。芽


私の場合、ふだんの夢では五感のすべてがとても鮮明で、

こっちの現実の体験を上回るくらい。キラキラ☆

視覚がぼやけたりすることなど皆無なのですが、

このタイプの明晰夢(自分の意識を投影して意図的にそこに行く)では、

うっかりすると見え方がぼやけてしまうことがあります。


前回ビリーと会って、一度目が覚めてしまい、意図的に戻った後も、

見え方がぼやけてしまうという体験をしましたね。


たぶん、私の意識フォーカスが「こちら(肉体の方)」の方へより多く、

戻ってきてしまっているときに起こるのだと思います。



明晰夢を見ているときの意識の保ち方には、

口で説明できない感覚的な特徴がありまして…


ときどき、明晰夢の中にいる自分」を「明晰夢から出ない範囲で」

意識的に確認することも大事なんです(私の場合は…)。



それから、今回の体験でもう1点、気づいたことがありました。バラ


ビリーに対する私というのは、まるで子どものようである!汗☆


…つまりビリーの方が、ずっと大人で「もっとよく物事がわかっている人」で、

それに対する私は、まるで幼児みたいなんですね(笑)


今回も、ビリーが見当たらなかったときの私の心の中の動きが、

「ビリー!ビリー!」

と子供っぽい感じがして、意外でした。汗☆



そして、その私の呼びかけに応じてくれるように、

ビリーは姿としては登場しなかったにもかかわらず、

「手の感触」として、こたえてくれました。


横たわっている体の方の私の手に、ずっと、

リアルに「手を繋がれている」感覚があったのです。キラキラ☆



この現象は実は、私がスピリチュアルなことに興味を持つずーっと前から、

起こったことのある現象でした。えんぴつ


眠って、夢からこちらに戻ってくると、目は覚めているのにお布団の中で、

誰かのあたたかい手が私の手を握ってくれていることがありました。

それは、とても安心し、心休まる感触でした。


あなたのガイドも、きっとオリジナルのやり方で、

日常の感触で…「見守っているよ」というサインをくれているでしょうね。ハート



講座はまだ受付中♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 

4月11日(土)14時~16時開催ワークショップのお知らせ

「セルフヒーリング講座」 

詳細は
★こちらのページ★をご覧ください。

お申込みはこちらから↓

☆お申し込みフォーム 
パソコンから / 携帯から

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 


★スピリチュアルカウンセリング個人セッション(対面、スカイプ、電話)★
「個人セッションのご案内」


お読みいただきありがとうございます。
1日1回のポチをいただけますとうれしいです♪ハート

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

ありがとうございます

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.