BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

幸せの方向に自分から動く

今日の夜空も火星と木星がくっきりでしたね~!

今回のテーマは、「幸せの方向に自分から動く」です。





あなたは、
幸せでいることを自分に「許可」していますか?


幸せの感覚は、内から自然と「湧いてくるもの」ですが、

そうなっていないのに、自分を納得させようとしていませんか?


物理的な条件や状況、それらを中心に評価付けする「思考」にまかせ、

「私はこれで幸せなんだ」と自分を説得していませんか。

「幸せなはずなんだ。幸せだと思わなきゃいけない…」

と、自分をいさめていませんか。


だって、衣食住はとりあえずなんとかなっているもの。

世界には、あのように大変な状況の人もいるのだもの。

それに比べたら、私なんて…

幸せなはずだ。


そう言い聞かせるとき、あなたの心はシンプルに、

「あなた自身は幸せと感じていない」

という事実を教えてくれています。


それを認めることがどうしていけないことなのでしょうか。



足るを知る。

その概念は素晴らしいですね。

そして、それこそが必要な場合もあるでしょう。


でも、あなたの心が切望しているとき、

「これじゃないんだ!」と叫んでいるとき、

それは誰に向かって発せられていると思いますか。


あなたに対してです。


内から発せられるサインもあなたなら、それを受け現実で形にできるのもあなた。

その声をシャットアウトして、同じものに留まろうとするのはどうしてでしょうか。


そこにきっと、あなたをとどめる怖れが、

あなたがすっかり信じていて、そのくせあなたを苦しめる「観念」があります。



ほんとうの「困難」は、物理的な困難のことじゃなくて、

あなたが、あなたの心を路頭に迷わせることなのです。

自分の心の声を尊重せず、その望みを叶える方向に動かず

あなた自身を倦ませてしまうということなのです。


あなたの心を「幸せな状態」から妨げることができるのもあなただし、

あなたを「自分を幸せにする方向」に動かすことができるのもあなた
です。



こればかりは、受け身でいるだけでは叶えられません。

少なくとも、あなたの心が感覚や感情、様々な思いを通して、

しきりにサインを送っているのに、自分で黙殺しているときには。


どんな有能なセラピストも、メソッドも、

あなたを深く愛してくれる人も、物理的な豊かさも、

何もかも、あなたの心に「直接作用はしません」。


あなた自身がそれを好きかどうか、望んでいるかどうかなのです。


そしてあなたの心は、常にはっきりと、

あなたに必要な物事を告げてくれているのです。



私たちの中で、ともすれば動いて移動する印象の薄い植物ですら、

太陽の光を求めて向きを変えたりと、自ら動いていますよね。


自然界は、決して「受け身」ではありません。


能動と受動、その両方が必要で、それは織り混ざった1つのもの。

ある動きの、それぞれ“側面”なのです。



あなたが、幸せな状態を自分に「許可」したなら、

物理レベルでもあなたの必要を満たす方向に「動いて」ください。


頑固に同じところ・同じ状態に留まりながら、

何かが訪れたり、自分を引っ張って行ってくれるのを待たないでください。


自分が、自分の欲求を叶えるチームリーダーであると自覚するのです。

あなたになり代わって誰かが、それをするわけではないのです。


それは見えない世界においても、一緒なんですよ。


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.