BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

天使の教育

この前、私の「怖れ」を長い記事にしたためてみたのですが、
あれをクリアーした後、「天使の教育」が加速しました(笑)

もともと自分がやりたかったこと、内心知っていたことを、
素直に、

「あ、これでいいんだ!」

って認めることって、パワフルですキラキラ☆


色々な流れで、
コース(A Course in Miracles)の原書をひとり勉強していたときも、
「見えない家庭教師」がついて、監督してくれましたが…

今回も、新しく購入する本、読み直す本など、教えてもらっています。


ちなみに、本といえば、
私のスピリットは、一貫してこう言いました。

外の知識に「頼る」のをやめなさい。
外のいかなるものにも、力(権力という意味)を与えてはいけないよ。
自分の心で感じ、自分の内なる声をききなさい。


あるときから、これがいかに大切か、身にしみてわかりました。

私たちは皆、「何か他のものになるため」にではなく、
自分自身であるために
生まれてきているのです。


そういうわけで私は、引かれるものを素直に勉強はしますが、
自分の感覚や、自分自身の内なる声を何よりも大切にしていますハート


意味あって、私たちはそれぞれが、
かけがえのない「表現」なのですもの。



ところで、最近はっきり気づいたことなのですが、
私のセッションを受けていただく方たちのエネルギー、
ときに大天使や守護天使は、

お申し込みいただいたとき~実際のセッションの日までの間に、
事前に、私のもとへ訪れてくるのです。

「場所」はないですから、訪れてくるというより、つながっている。
私たちはみんなつながっているのですね。


以前の私だったら、こういう体験はすべて、
「夢の領域」でだけ、体験することを許可していたのですが(笑)、

今は、起きている間の自分でも、それに気づき、実感しています。


他にもそういう方がいらっしゃるかもしれないので書きますが、

私は、小さい頃から天使や精霊、他の星の存在が身近に思え、
小学生のときの親しい友人との間で、私の「あだ名」は「天使」でした。

これは私が天使のようだった…というわけではなく(笑)、
当時、「ビックリマン」というシールでの遊び&アニメが流行っていて、

その世界観を採用して、「悪魔~」とか、「お守り~」とか、
あだ名をつけて呼び合っていたんです(笑)
私はどんないきさつだったか忘れましたが、天使、でした。

子どもだから、天使の方が悪魔よりいい!とか、
そういう比較の価値観なんてゼロでした。


それで、私は親友(悪魔担当)と一緒に、
自分たちのキャラクターである天使と悪魔を主人公にして、
2人が仲良く暮らしている異次元の「楽しい生活」の漫画を描いていました。

その世界では、妖精界というか…バラの世界の異次元もあり、
バラの花の王子様やお姫様もいました。


その他に、眠っている間の夢の世界でも、大人になってからも、
自分が天使として活動している体験をしていたり、
天使の友人達ともたびたび会っていました。

(といっても、一般に想像されるような、
羽根の生えた天使の姿なわけではないんですけどね~)


大人になって、精神世界の勉強をしてから、
ドリーン・ヴァーチューさんの本の中に、
「天使の生まれ変わり」
という項目の説明を見つけたときには、

「ああ、やっぱりあるよね?」

と、思ったのです。

だって私は、天使のみならず、他の星の存在はもちろん、
妖精や精霊の世界を体験していた記憶もあります。

いや、記憶とか生まれ変わりというより、それは同時に「今」あるのですが…。


こういうのを、すべて「まぼろし」と片づけるには、
あまりにも多くの体験をしすぎていて、
「夢だから」と片づけるのは、せつないものがありました。

自分が2つに引き裂かれるようで。


今の私は、魂、スピリットを眺めれば眺めるほど、
私たちはたくさんの要素、たくさんのカラーを織り込んできらきらとした、
宝石のような存在だなと思うのです。

どの方にも、どの方にも、
多彩な輝きがあって、それが他とは違う美しさであるなんて…

本当にすごい芸術、すごい世界だと思いませんか?


クリックありがとうございます☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.