BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

地球の夢ってさ

自分の意識を精査していくとき、

集合的合意、集合意識の観念(信じていること)、
というものの見方を取り入れると、わかりやすいのではないかと思う。

これは、以前1冊だけ紹介したことのある
「リアリティ・トランサーフィン」というシリーズの本で、
「振り子」という用語で紹介されているものと同じではないかと思います。

これについての認識があれば、外の合意、承認というものを、
探し求める必要がなくなる。


それら集合的合意を、「地球の夢」と言ってもいいかもしれないです。

正確には、地球自身の夢というよりも、
地球という星の意識が受け入れてくれて、合意してくれて、
地球を舞台に持ち込まれた夢、なのかなと思う。


それらのパターンに気づいたら、
本当にそれが自分の現実なのか?

これからもそう信じたいのか?

確認する必要がある。


☆☆☆

それがあなたに染み付いている場合、ときには面倒に思ったり、
ただ目をそらして、やり過ごしたりしたくなることもあるかもしれないけど、

そんなときには、無理強いしなくてもいいから、
そんな自分をただ、自覚だけはしているといい。

気づいているだけでも違うから。


そして、しっかり向き合いたいときには、こんな風に眺めてみるといい。

こういうことを思うということは、
こういう感情が出てくるということは、

私は何を信じているのだろう?


これは「たどる」作業です。


たとえば…

たどった先に、

「欲しいものは手に入らない」

「たとえ手に入れても、他の誰かに奪い取られる」

という観念が見つかったとします。


もしかすると、あなたの過去の記憶や、
地球で幾度も繰り返され、上映されたかに見える「夢」は、
それがいかに正しいか、根拠があるかを証明しようとしてくるかもしれません。

「これが常識だよ。
そうでない現実なんてただの理想…おとぎ話…夢だよ。

と。


でもそれは逆だったのです。
観念が先にあり、現実がそれに沿って体験されました。

こう考えてみてください。
私たちは、地球にひろがった夢を、今、変容させようとしています。

厚い霧や催眠ガスのように、そのもやにかかった中で、
見る夢の種類が似てきていました。

あなたも参加するにあたって、その一端を担い、
まずは選んだものを体験しました。

そして今、変えたいもの、自分にフィットしないものに気づいています。


何を信じているかに関係なく、実は、あなたの中に、
あなたの真実を知っているものがいます。

あなたが根拠を置いていた、「れっきとした証拠」と思っていたかもしれない、
過去についてすら…
“そうでない見方”を提供してくれる「ささやき声」があります。

笑いながら、あなたに、本当は知っているでしょ、と言っています!


そうだった、私は…私の真実を知っている。

それこそが、私の、本当の気持ち。


この声こそ、あなたをどのような「説得力のある夢」からも、
解き放ってくれます。

なぜならば、それがあなた自身だからです。


多くの人が信じているかどうか、
何に根拠があるように見えるか、じゃない。

あなたが、あなたの心に忠実に、選びとる。
あなたが、まつわりもののないあなたになるだけ。


「反発している」と思えるパーツが自分の中にある場合でも、
それを「排除」しようとたたかうのはやめてください。

むしろ、気づいたなら、出てきてくれたなら、
それの話、主張をきいてみるといいと思います。
気が済むまで。

対話しても、最初は支離滅裂に思えるかもしれませんが、
だんだん、何を訴えているか、わかってきます。

それを頭ごなしに否定したり、
それと取引したり、説得しようとしたりはしないことです。

それはすでに苦しんでいるのだから。
それに、そうしたくなるときには、あなたもまだ幻想に入っているからです。



まずは、「現状ありのまま」を受け入れるプロセスがあります。
それ自体に、よい、悪いはないと認めます。

そうして、無力化、中立化、
元の「ひとつの観念にすぎない」状態に戻したとき…

ほどけて、「正体」が見えてきます。わかってしまいます。

すると湧いてくるものは、慈しみや、共感や、感謝、それに愛だけです。


応援クリック感謝です♪


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.