BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

アップ、アップなリフティング!心の中にいる悪魔、そこに根拠はあるの?

語りかけみたいなタイトルになりました、こんにちは!

uplift (アップリフト)とは、持ち上げる、高く上げること。
uplifting には、楽しくさせる、幸せにするという意味もあるらしい。

今日浮かんでくる言葉が、これだったのです。


☆☆☆

私は最近、いままでになかった体験、

いえ、きっと今までも体験してきていたのですが、
ここまで徹底的に認識せざるをえないところまでは、
来ないで済んでいたのだろう…という体験、をしています。


それは、具体的には、言葉が通じない
(海外だったり、外国語をしゃべるとかいう意味じゃないよ!)
という体験。

会話で、言葉のコミュニケーションで、わかりあえないという体験。


今までのやり方では、まったく、
思うようにコミュニケーションが取れないということです。


私は、言葉のコミュニケーションの力を、ある程度信じていました。

誠意を込めて、本当の気持ちを表す言葉を慎重に選んで、
心をこめて話をすれば、きっと伝わるのだと思っていた。


…今まで、それでうまくいっていたように思っていたのだけど、
ここにきて、

ああ、でも。細かく見れば、これまでの人生の中でだって、
そういうこと(言葉ではどうしても通じ合えないこと)は、
あったのかもしれないな

と、認識をあらためました。


☆☆☆

言葉は、嘘をつくものなんだなー、と、思います。
「テレパシー」は、誰も嘘を必要としなくなったとき、当たり前になるんじゃないかな。

と、同時に、

言葉同士の鍔迫り合い(つばぜりあい)をするくらいなら、

言葉なんて使わない方がいいな、

とも思います。


もっと言えば、言葉のみならず態度も、行動も、嘘をつけますね。


ありのまま というのには2つの意味があって、

本当の「その人」の生(ライブ、魂)のありのままと、
色々な鎧をかぶったままうわべの現状をありのままと呼ぶのと、

どっちも「ありのまま」と呼べるわけですが、
私は、その2つは大きく違うと思うのですが、いかがでしょうか。

ときどき、この2つの意味が混同されているのではないかと、
そして、そうするとすごく内容が違ってくるのではないかと、思うことがあります。


☆☆☆

後者のありのままを重んじるのであれば、

この世の中には大小さまざまな悪があると信じ、
自分はいつでも被害者になりえる、
どこで損するかわからない、とおびえる自分

も、それでよし、ということになりますね。


ただ、私が伝えたいのは前者です。

どんな自分があってもいいんだけど、

なにが本物か

は、わかっていないと。混乱してしまう。


心の中にいる悪魔に根拠はあるのか?

自分の心の中、とそれを捉えていなくても…

外に「悪」があると信じることで、自分に、どんなメリットがあるのか?


その根拠を後生大事に抱いていることで、自分の中の何と、
どんな「同盟関係」を築いているの?


☆☆☆

ライブの、魂の、ありのままを見つめるなら、

言葉の力はさほど重要じゃない。

「見えるもの、あらわれ」の力も、最優先じゃない。


そこで使うのは、心の目や耳。
送るメッセージの送受信は、別なところで行われるからだ。


それは、うわべより、もっと、ひろいもの。


☆☆☆

前回の記事 は、一見、楽な道を行くすすめのように見えるかもしれませんが、

自分の中の真実を見つめるすすめ

なんです。


私は、その方が結局、生き方(自分の在り方)は楽になると思うのだけれど、

そのプロセスが必ずしも楽だとは思いません。


だって、「長いものに巻かれろ」では、済まなくなるから

そして、

自分の意識を、自分がどう使っているか、
自分が、どんなものの見方を採用しているか、

気づくことになってしまうから。


気づけば気づくほど、自分の心の中の小さな動きも、さざ波も、
よく見える。


まるで、レンズが、
大鏡~顕微鏡まで。対応できるところが拡がっていくみたいに。


外に転嫁はできなくなっていきます。

ものの見方も、
自分だけの味方ではなくなるし、誰かの味方になるわけでもない。

ハードボイルドな感じもするけれど、ちゃんとあたたかさもある。


uplifting 

自分にしか、その選択はできないし、

「外がこうなったらこうしよう」

では、進まないんだ。


☆☆☆

☆vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリング☆
「個人セッションのご案内はこちら」

応援クリックをどうぞよろしく!

人気ブログランキングへ



精神世界ランキング

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.