BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

「結果」になる

はろー!はうやどぅーいんとぅでい!?

(↑どこかの方言ではありません 笑 How ya doing today?のつもり。)

この間、ふとしたタイミングで、ヘルパー存在にこう言われました。

「(私が仕事として、)

他者のために、セッションで一心に感覚を研ぎ澄まして、

時間を取って、メッセージを受け取るだろう。


その5倍は、自分自身のために、

繋がる時間をとった方がいいね。」


ご、5倍…!?


その数値はともかくとして(笑)、

そのくらい、

自分自身のためにも意識的にそれを使ったら?

という提案のお話でした。


この、意識的にというのがミソで、

もちろん、ふだんの私もできる限り、

自身の内なる感覚や直観に耳を澄ませて、実行しています。

ただ、この間の、

「次元間の移動と、助っ人とのティータイム」

beats-and-love.hatenablog.com

あの記事のときのように、

そういう機会をもっと(自分に向けて)作ったらいいんじゃない?

という提案だったのです。


そう言われて、思いました。

意外や意外…私たちって、人のためと思うとできることが、

自分のため、だと、ないがしろになっちゃうということがありますね。


それはそれで、アンバランスということなんですね。

日常の話題はここまでにして、今回の記事テーマは、「『結果』になる」です。

☆☆☆

原因と結果はひとつの同じもの。


大きな視点から眺めれば、

「原因」があるから「結果」があるのではありません。

直線的な時間の概念になじんでいる私たちには、

「原因があったから、結果が起こった」という順序で考えがちですが…


「今」という、「ON!」になっているステージで

あなたが「結果」の方をつくるなら、

それに伴う「原因」が生まれる(選択される)のです。

楽しい宇宙ですよね!(笑)

これを、何か例をあげて、具体的に説明しましょう。

たとえば、ある人が、「私は愛されていない!」と思っています。

その人は、そんな自分を、変えたいと思いました。

私は愛されていない…

愛される私になれるように努力しよう!!

と、「愛される私」を目標に、がんばります。

思いつくこと色々、熱心に励みます。

自分磨き。外見のケア。何かを学ぶ。本を読む。自己啓発

それとも、「悟り」を追求すればこの苦しみから解放されるのか!?

目覚めれば、愛されたいという欲望から自由になれば、楽になれるのね!

という方向に進む可能性もありますね。


それらが、(もともとは)「愛される私」になるべく、

一連の流れとして、研究され、学ばれ、実行されます。


ところがいつまで経っても、本当の意味で、楽になっていないし、

「愛されている私」になれたとも感じられないのです。


どうして!?

私に何が足りないの~???

人一倍、努力はしてるつもりなのに…

根本的に、何かがダメなのかな?

と、今度は心の深層を探るべくセラピーに通ってみたり、

スピリチュアルな概念のもとに「原因」を探ってみたりするかもしれません。

「愛されない私の、苦しみの原因」をどこかに求めて…。


こうして客観的に例を書いてみると、もうあなたもお気づきですか?

基本的にこのような苦悩は、とっても大切なところを見逃しています。


まず、「愛されない私」を「愛される私」に変えようと努力している。

この時点で、実はループに入っています。


常にあなたの意識が効力を持つ
「今」というこのときに、

愛されない私がデフォルト(初期設定)で、

その原因を探っているわけですから、

結局、その人の世界では、そのアイディアに基づき、

「愛されない私の原因」も創造され続ける、

正確にいうと“選択され続ける”、ということなのです。



“結果”がすでにあれば、原因もついてきます。

その人がもし、

「まずは自分の内面から(外に見ている世界は自分の反映!)」

と気づき、自分を愛そう!と決意しても、

今、「愛されない私」を頑なに信じているままでは、

片手落ちになってしまう可能性があります。


結果から、つくるのです。

先に結果に「なって」ください。

それは今、あなたが始めていいのです。


今そうなることでこそ、「原因」がついてくるのです。


★スピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★

個人セッションについて

お申込みのご案内


ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.