BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

形の世界を判断基準にしない~ヴェールをはがす~

今回は、「形の世界を判断基準にしない~ヴェールをはがす~」です。

自己を見つめ、「私」という存在の本質を認識すると、私たちが現実と呼んでいる物理的な経験は、「結果」であることがわかります。

影絵で言う「影」のようなもので、影だけを変えようとしても効果がありません。
影を見て、影を作っている側(自身の内側)の状態に気づくことが大切です。

もし、「影につられる自分がいたら」、「影を元に判断することが癖だったら」、あなたには、そのループを断ち切る意思がありますか。

あなた本来の足場 

多くの人が、「現実の中で」自分は生きている、と思っています。
この世界に生まれ、死んでこの世界から去る、と。

しかし、世界の中にあなたがいるのではありません。
あなたの中に、世界があるのです。

あなた本来の足場は、物理的経験の世界内にあるわけではありません。
今だって、あなたはそれを拠り所にしていないのです!

物理的経験の世界は、あなたの意識の副産物です。
あなたは、「物理的な世界の中を移動する点」のような者なわけではなく、自身の経験している世界を、意識によって「映し出している者」なのです。

確かさの、逆転現象 

物理的に確かめられるものこそが「本物」で、「確か」で、「信頼」できるかのような逆転現象を起こしていませんか。

自分の意識や心という「見えないもの」、「形のないもの」よりも、物理的出来事や経験に重きを置くと、どうなるでしょうか。

影絵で言う「映し出された影の世界」の方に自分が属していると思い込んだあなたは、影の世界の一部として、その視点から「反応」し、その中で起きたことを元に考えや感情を生み、自分がどう振る舞うかということも決定します。
あなたの心が自発的に示し、望んでいることを、「不確かなもの」、「信頼できないもの」、「都合の悪いもの」と押しやってまで。

そうして「影の元になるもの」の方には思い至らず、影こそがリアルだと錯覚し続けることで、原因から分離させた「結果」に働きかけようとする堂々巡りをするのです。

ちょっと待って。
その現実を「映し出している」のは、誰でしょう?
本当に確かなものは、どこにあるのでしょう。

強固で「万人にとって確か」なように見える物理的現実が、どれだけ自在に変化するかを理解していますか。

いつだってそれはあなたの意識の影なのです。

あなたが自分の意識にかぶせていた「ヴェール」をはがすなら、現実も一緒に変わらずにいられません。

ヴェールをはがす

ヴェールをはがすということは、ダイレクトに自分の内側を見て、認めるということです。
外界を拠り所にするのではなく、あなた自身を拠り所にし、内から生まれるインスピレーションをそのまま形にするのです。

あなたのエネルギーが自己一致し、調和していると、他者や世界ともヴェールをはがした状態で交流することができます。

形の世界は、意識による創造の結果です。
それを、あなたがどう生きるかという判断基準にはできません。
同じものの焼き直しを作り続けたいという場合には、別ですが。

今ある現実を眺めるのは、あなたの「ありたい姿」へ照準を合わせるためです。
内にすでに存在しているその自己に、エネルギーを一致させるためです。
あなたの内側を映し出す「現実」は、そのための何とも便利な道具になるのです。
様々な方法で、必要なことを完璧に教えてくれます。

ただし、道具はあなたが使うものであり、道具に使われるのでは主従がおかしいですよね。
どんな状況、どんな現実を経験しても「それと関係なく」、こうありたいと決めた自分でい続けることが、あなたにはできます。

現実とあなたは繋がっていますが、「元」はあなたの方です。
現実に影響されるのではなく、あなたが現実に影響を与える者だと思い出しましょう。

本当にそれを思い出してこそ、望む現実を牽引する心の状態を「自ら選択する」ことに、努力が要らなくなるからです。


★12月15日(土)講座「内的静寂から生きる」

beats-and-love.hatenablog.com

★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.