BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

私なんかが…と思うとき

ハロー、日曜日いかがお過ごしでしたか。音符

今日のタイトルは、「私なんかが…と思うとき」です。


150515_1208~01.jpg 

載せるのが季節外れになってしまいましたが、
5月に撮影したクレマチス。ゴールドと紫の色合い!jewel*



今日の記事は、しばらく前からメッセージとして載せようかな、

と考えていた内容なのですが、それからちょうど今までの間に、

このメッセージとシンクロするお客様とのやりとりが何度かありまして、

興味深かったです!

ちょうど昨日掲載させていただいた、講座のご感想をくださったsuzuranさんも、

この内容とシンクロすることをメールに書いてくださっていました。



あなたも折にふれ持っているかもしれない、

「私なんかが…」という思いにまつわるお話です。星



私なんかがこれを願ってもいい?

私なんかが、こんなことを思ってもいいの?

私なんかが…


と、こんな風に、その後に続く内容はなんであれ、

「私なんかが」から始まる思いを経験したことが、

あなたにもあるのではないでしょうか?


これは、「謙虚さ」とセットになっているように見えることもあり、

そう捉えている分には聞こえはいい?のですが、

その裏に、「自己不信」や「恐れ」が隠れていることがあります。


私がこの記事内容を思いついたのも、やはり、

自分自身が感じている「私なんかが…」に気がついたからでした。


そしてそれは、これまでの「制限」になっていました。



私なんかが、これを願ってもいいのかな?

私なんかが、こんな風に意図してもいいのかな?


たとえそれが、自分の本心・自然と内から湧くことでも、疑ってしまう。汗☆


そこには、謙虚さに紛らせた自信のなさや恐れがありました。



謙虚さを笠に着れば、冒険をしなくて済みます。

自分の打ち立てた安全圏の中から、出ないで済みます。


しかも世間的にも、自己の力を肯定しチャレンジする者よりも、

「小さくみせる」、「へりくだる」、「謙虚である」、「望まない」

ということの方が賛美される傾向もあるので、表面上、都合もいいです。



でも、人間はそれぞれ自然と「拡大する」ようにできているので、※

(※物理的な意味での拡大を指しているわけではありません)


同じままでいるということはできないし、


無理にそうしていると(自然に逆らって同じままを保とうとすると)、

バランスを崩すのです。鬱積していくのです。何か物足りなくなるのです。



誰もが、無力なままではいられません。

「小さな自分」のままではいられません。


「私」を直視するときがきます。



私なんか…

と言っていないで、動くときがきます。

自分の定めた安全圏から、出るときがきます。


それを避けて、同じ自分にとどまろうとするほうが、苦しいのです。


「私なんかが…」と顔をそむけ、自分自身の真実からうつむくのではなくて、

「私が(I am)」と、その力を、意識的に用いることが大切です。星



私たちの恐れの根源に、「自分の力に対する恐れ」があります。


自分の力を何とか直視しないようにと、色々なことをするんですよ!(笑)あせ

認める・認めざると、それはもうすでに「使っている力」なのにね。



私なんかが…?

と、迂回しそうになったときには、今日のお話、思い出してくださいね☆



1日1回のクリックで応援してねWハート

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて☆」

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.