BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

共存のレッスン

こんばんは。

今回は「共存のレッスン」というテーマでお届けします。 


160302_01.jpg 
線路沿いの菜の花。



この世界に自分がたった1人で生きているのではない以上、

誰もが「共存」のレッスンを学んでいます。


たとえ人里離れた自然環境の中で隠遁生活を送ったとしても、

そこで「自然界との共存」を学ぶというように、

何らかの形で共存はテーマになるのです。


その取り組み方や、対象が何になるかには個人差があっても、

私たちは、自分のみを見て自分を学ぶということはできず、

“外側”に見える対象との関係性を通して、自己発見を深めていく
のです。


それはちょうど、視覚的なたとえで表すと、

「鏡」の役割を果たすものに写してみなければ、

どうしても自分の顔を見ることができないのと一緒
です。



このテーマについて、私個人のデイリーライフで最近思っていたことは、

私の場合、人生を通して「完全にひとりの暮らしの期間」が少なめで、

けっこう人と暮らすことによって学ぶ機会が多いのだな…

どうやらそういうセットアップを(自分で)しているのだな、いうことでした。


中には、ひとりで暮らすというスタイルを継続させながら、

お仕事や何らかの活動、他の場面で、人や環境との関係性を学ぶ…

という方も、いらっしゃるでしょう。


私の場合は、振り返ると、家族との暮らしからはじまって、

高校時代の1年間は海外での初対面の家族とのホームステイ、

(その前には留学生たちとの1ヶ月の寮生活も)、

大人になってからはそのときどきのパートナーとの2人暮らし、

はたまた再び家族との暮らし、

自分で希望したときも、そうでなかったときも、

つくづく「誰かとの暮らし」の中にいることが多かったのです。


ですから、20代の途中でついにひとり暮らしが実現したときには、

完全にひとりという自由を満喫し、

「ひとり暮らしサイコー!」

と、思っていました(笑)


でも、それも熟した果実がぽとっと地面に落ちるように、

あるときに「もう十分堪能したな」と、悟ったのです。


それ以来、「またどうしてもひとり暮らししたい!」とは思っていません。

ひとりの方が楽だな~と思うことはあるのですが(笑)、

実は、それは自分の「本当の希望」ではない感覚が今は強く、

そうした方が楽な部分もあるけどそれは逃げの発想…とも感じているのです。


なぜそんな感じを受けるのか、

ということをおぼろげにでも眺めてみますと、

私は今も暮らしの中で「共存」のレッスンを学んでいるのだ、

ということに気がつきます。


そして、共存というテーマは同じでも、その「質」が変化していることも。



過去の経験を振り返ると、以前よりは、

相手を「尊重する」ということが何か、よりわかるようになったと言えます。


コントロール合戦ではなく、自己犠牲をするのでもなく、

互いにとってほどよい距離で相手を敬いながら関わるということが、

ようやく身に付きつつあると実感しています。


しかし、そうなるまでには、

「自分自身に対する尊重、自分をよく知ること」

これを学ぶプロセスが不可欠でした。


それを知らずしては、相手と関わることもうまくはいかないのです。


加えて、「生身の人と関わり、暮らすという形で密接に経験する」

ということも、糧になったと感じています。


これは別に、誰かと生活を共にしなくても、どんな関わりであっても、

本当に関わったときには言えることですが、


誰かを知れば知るほど、新しい発見があるばかりではなく、

すでに知っている誰かやこれから出会う誰かを、

「より理解する」ことにも繋がるのです。



ひとりひとりに個性があるので、その都度知ること、学ぶことはありますが、

継続して役立つ部分もまたあるのだということです。


たとえば、今までどうしてもわからなかった、誰かの側面があるとして。

あなたがまったく別の相手と、苦労しながらも心を尽くして関わっているうちに、

元々のその誰かの方に対しても、いつのまにか「理解するための器が深まる」。

「ああ、こういうことなんだよね」と、特定の個人に対してだけではない、

より広い理解が浮かび上がることがあります。


この意味では、あるひとつの関係が終わったとしても、

他の誰かを、何かを、理解することに続いていくのです。



対象が人でも、自然環境でも、動物でも、

本気で関わったとき、あなたは、その対象を「物理的に」失っても、

継続した何かを心の内で育て、繋いでいる
のです。


そこに思いを馳せると、個性あるひとりひとり…

代わりの存在しない、かけがえのない存在を心から愛おしく感じながらも、

同時に、

「個」という区別は、意識内のより深い部分では本当は存在しないのだな…

とも感じるのです。



2つのブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.