BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

続・ヘルパー存在たちとの交流

こんばんは。(*^▽^*)


今日のテーマは、前回「ヘルパー存在たちとの交流」の話題に続いて、

「続・ヘルパー存在たちとの交流」です。


 


☆前回の記事☆で、

見えないけれどもあなたをサポートしている存在たちと意識的に交流するには、

そうするというあなた自身の気持ちや開いた心、“スペース”が必要、

ということをお話ししました。


ただし「意気込む」という感覚は違う…ということにも言及したので、

それについて詳しくお話ししましょう。



あなたが何かをしようと意気込むとき、

それが今は「ない状態」だということを前提にしています。

今回の例ならば、ヘルパー存在たちとの交流が「できていない」とか、

「見えない」とかいう思いが前提になっているというわけです。


まるで無から何かを作らなければならないかのような気持ちで、

あなたは「できない」と信じている現実を基礎に、頑張ってしまいます。



できないと信じていることを「頑張る」と、どうなるでしょうか。

「今自分に起きていることとは別のもの」に目を向けているので、

結局、「できていない」という実感を深める経験が多くなります。


つまりあなたは、どこか別の場所や時にはあるであろう、

ここには(自分には)無いものを求めていて、

あなたがフォーカスしているのは・スタート地点として選んでいるのは、

「できない」と信じる気持ちだからです。



では、どうしたらいいのでしょうか。


本当に必要なのは、

あなたが「彼らと交流している」ということ、「見える」ということを、

認める だけなのです。


できているということを、認める。


すでにあるものを見えなくしている観念を「外す」だけなのです。

本当に「無い」ものであれば、作ることができません。


すでにあるものを認めるかどうか(許可するかどうか)

選択肢はそれだけです。




えーっ!

現に、何も交流できてないのに?(゚д゚;)


…そう思うとしたら、

「できていないと信じすぎて、すでに起きていることに盲目な状態。

“できていること”を無視するようになっている」
のです。


これは違うでしょ?

こんなの、見えるって言わないでしょ?

こういうのは交流と呼べないでしょ…?


あなたがそう切り捨てている物事を、見直してください。

それらを定義しなおすのです。



もしかすると、これもそうなのかもしれないな?

ひょっとすると、これが交流なのかな。


まずは、そのように気持ちを開くだけで十分です。



ヘルパー存在は、根気よくあなたにメッセージを送り、感覚で促し、

あなたが「この次元でも交流していると認めること」を楽しみに待っています。^^


最後に、私がヘルパー存在のAから受け取った「交流のコツ」をお教えします。


「素直さ」だよ!


…というわけで、

子供のときのような素直さを思い出し、それを大事にしてくださいね!☆彡



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!



精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話ししますWハート


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.