読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

想定外を喜ぼう

自分の思った通りのことが起こってほしい…

自分の思う「予定通り」に進んでほしい…

思い描いたことそのままが叶ってほしい…


そんな風に考えたことはありますか。

そして、そう思っているために、

目の前にあらわれた違う現実とのギャップに苦しんだり、葛藤したり、

厄介事と直面している気持ち
になったことも、あるのではないでしょうか。


思い描いた通りにならなかったばっかりに、自分が何か不十分だったり、

何事かを「失敗」したんだと感じたり
したことも、あったかもしれません。



想定外のことが起きたとき、それを自動的に、

「困ったこと」、「厄介なこと」、「がっかりすること」、「問題」…

などと定義付けしてしまうことがあります。


あなたにとって明らかに喜ばしいと感じる、一部の例外を除いて、

多くの場合、私たちの理性的な思考の習性は「想定外を歓迎せず」、

むしろ「何かまずいことが起きているぞ!」という警戒ランプを灯す
のです。


けれども、

あなたはあなたの現実の創造者であり、

映画監督や脚本家のような立場でもあり、

あなたは、現実に自由に意味付けができる
のでした。


あなたの世界で起こっていることに、意味を与えるのはあなたです。



ですから、想定外の出来事や展開に、

反射的にネガティブな意味を与える習慣を改めましょう。


なぜなら、それは、そうとは決まっていないからです。


あなたが、それをどう見るか、どう見たいか、その意思が大切で、

あなたの決定によって、その後の方向付けができるのです。


物事に、決まった意味はありません。



さらに、その視点から、“想定外”と感じる状況を眺めれば…

あなたが事前に思い描いた通りの現実が一番良くて、

そうでないものは「エラー」であると、どうしてわかるのでしょうか。

そんな風に、あえて意味付けしたいでしょうか。


それよりも、宇宙(大きなあなた自身)があなたに、

「あなたが把握しているよりも素晴らしい通り道」をプレゼントしてくれている

と思う方が楽しくなれるでしょう!


そして、あなたが物事をそのように受け取ると決めたら、そうなるのです。



ですから、“想定外”に出くわしたときには、よろこびましょう。


自動的に不快になったり、おののいたり、不安になったりしたとしても、


それに「気づいて」、その元にある自分の観念を突き止めるチャンスにできます。


同時に、意味付けの自由を思い出して、

あなたが自動的に反応するという形で与えた意味を、「選択し直して」ください。


何か、ポジティブなことが起こっているんだな。

これも、想像もつかない形で、良いことに繋がっているんだな。


どのようにでも、あなたの心が平和でうれしくなる定義付けをしてください。



そのように繰り返し練習をして、

想定外をよろこばしく感じる習慣がついたら、しめたものです!


あなたはあなた自身の内側から湧く望ましい方向に沿って、意識的に、

現実という「反映」を使うことができるようになったからです。



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!



精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて」

「お申込みのご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.