BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

自分を信じる行動、してる?

こんばんは~。 

昨夕の空。
 



以前、「行動」は形になった思考である、

という旨のことを書いたのですけど、

読者の方は覚えていらっしゃるかなぁ~。


意識についての理解が深まっても、そこに重きを置いても、

この現実を成す中で、行動も、やはりその一端を担うもの。


行動をおろそかにしたら、成るものも成らなくなる、

ということが言えます。


「自分を信じる行動、してる?」

これが今日のテーマです。

☆☆☆

人は、それが事実であってもなくても、

「想像」の時点ですでに反応しますよね。


催眠療法なんかをやったことのある方は、

想像で、体や心の反応が変わるということ、よく理解していると思います。


これはどうしてだと思いますか?

意識の中の、あるレベルでは、

私たちが「現実」と認めているものも、

「想像である」としているものも、

同じく現実だからです。


“現実”といっても、その段階では、私たちにとっては、

「現実予備軍」とでもいいましょうか。

どれが、あなたの「ここで実際に体験する現実」になるかは、

まだ選んでいない段階です。


「並行現実」についての記事でもそのことにふれました。


もし、あなたが無意識的にではなく、意識して自分の現実をつくりたいなら、

意識・心の力を使うということ、そのフォーカスの向け方を気をつけること、

これは特に大事なのですが、実は、それだけでは足りません。

「行動」がそこに加わる必要があるのです。


行動というのは、この次元(物理的な次元)における、

あなたの意識の表現の一部ですね。

もし、実際の行動が、あなたの本心や、進みたい方向から逸れていると、

いくら“意識・心の作業”に精を出していても、

肝心のところで自ら自分に背を向けてしまうようなもの。

作品作りにたとえるなら、

「もう少しで仕上がるのに!」という最終段階で台無しにしているのが、

自分自身だったりするのです。


だからこれが大事。

自分を信じる行動、してる?

あなたの心が向かおうとしている現実に、

ふさわしいあなたとして、行動してる?

あるところに向かいながら、

「でも、そうならない(不可)」という前提に沿った行動をしたら、

現実は歩調を乱してしまう上、

「でも、そうならない」を反映し続けてくれるでしょう。

そんな自分自身の行動を少し距離を置いて、よく見つめると、

どうしてこんなことをしているか、の根っこが見えてきます。


そこにあなたの選択と一致しないものがあったら、

思い切って行動も変えてください。

心のフォーカスを向けると決めた方向に、整列させてください♪


そうしたらどうなるか?

その違いは、きっとあなたご自身が一番、わかりますよ!


★スピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★

個人セッションについて

お申込みのご案内


ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.