BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ライフスタイルは副産物(湯シャンと何もしないスキンケア経過)

今回は、「ライフスタイルは副産物」と題して、
昨年、☆日常風景・ライフスタイル☆のカテゴリに入れた記事で言及していた、
湯シャン(シャンプーを使わずお湯による洗髪)と、
肌に何もつけないスキンケアの経過をレポートしながらの記事です。

何もつけず、何もしないんだから、スキンケアというのもおかしいね(笑)

どちらももう慣れてしまって、以前はどうしていたかを忘れるくらいなので、
改まってレポートというのも、もはや奇妙な感じすら伴うのですが…。

そういう生活を始めたのが10月末、でも、このときは「移行期間」として、
厳密に言えば植物油だけ肌に使ってみたりした日もあったから、
本格的なスタートは11月からと言えるでしょう。

まる2ヶ月半は経ったということですね。

シャンプーを使わないことも、化粧水等によるスキンケアをやめたことも、
私は自分の体のいきさつ、反応を見て、必要があってそうしたことですが、
今のところはこのまま続けようと思っています。


まず、シャンプーをやめたことについては、以前も書いた通り、
妹がはるかに早い時期からその道を先に歩んでいて、
インドハーブの粉を洗髪に使うという「ハーブシャンプー」を使っていました。

ハーブシャンプーの商品販売ページ(アートビーングさんのサイトより)

販売されている粉をお湯で溶かし、ハーブ液にして洗髪に用います。

私の場合は、とりあえずは湯シャンから始めてみたのですが、
洗った直後でも髪をとかすと櫛に皮脂が絡むのでいや気がさして、
ネットの情報を元に「クエン酸」を仕上げにほんの少し用いるようにしたところ、
それでかなり快適になり、しばらくそれだけを続けていました。

ただ、通常のシャンプーや石鹸等で洗うほどの爽快感はありませんので、ときどきすっきりしたくなるのも事実。

それで、ハーブシャンプーを購入して、ほんのたまに、使うことにしました。

私が選んだのはヘナがブレンドされていない種類のもの。
手などに色が付くのを避けたかったからです。

何回か使ってみての感想は、湯シャンよりはすっきりして、髪の毛もふんわりします!

…が、容量に気を付けないと、乾燥しすぎたりもするので工夫が必要。
それと、目にハーブ液が入るとめっちゃ痛いです!わずかでも、痛い。

使い方の公式な説明では、目に入るのを避けるためにも、乾いた髪にハーブ液を使うということになっているのですが、
私はそのやり方の方がかえってやりづらく、目にも結局入ってしまったので、
途中から自己流で、ちょうど湯シャンのとき溜め湯に頭を浸すように、
ハーブ液をどばぁっとあけて、頭が浸せる程度にお湯を足して、そこで洗うようになりました。

というわけで、ハーブは補助的にこれからもときどき用いるかもしれませんが、基本的にはお湯と、少量のクエン酸のみで事足りそうです。
髪の毛や頭皮に特に困ったことが起きている様子もありません。

洗うペースとしては、今のところあまり間隔をあけるのは無理で、毎日か、あけても1日置きには洗っています。
ただ、シャンプーを使用していた頃に比べると、不快感が起こりづらくはなりました。

あと、肌トラブルという点でも、シャンプーやコンディショナーが原因の肌荒れは起こらなくなりますので、そういったトラブルにお悩みの方は、思い切ってシャンプーなしにしてみる価値はあると思います。

これは個人的体感による感想ですが、シャンプーの、まるで洗剤のようなきつさ、これは相当のものがあって、明らかに頭皮や髪の健康にもインパクトはあるので、頭皮や髪に気になる点がある方は、色々な効能をうたう「シャンプー」を探すより、いっそシャンプーの使用自体を見直す方が健康になるのではないでしょうか。


それから、スキンケアをやめたことの経過。
それまでオーガニックや自然由来の化粧水、植物油で手入れしていた顔や体に、
今ではまったく何もつけないということを続けています。

以前の記事にも書きましたが、元々の乾燥肌の傾向と、冬という季節柄、肌はけっこう乾燥した状態です。
どちらかというと顔の方が、開始したばかりの頃よりは落ち着いてきて、体の方が乾燥がひどいかもしれません。

でも、引き続きこのままでいるつもりです。

個人的な感想としては、
何らかのスキンケア用品を使っていて満足できている方は、あえてこういうことをしなくてもいいのではと思います(笑)

私はまだ、開始して2ヶ月半なので総評価はできませんが、
スキンケアをやめたら、すべてがよりよい状態に!
…という風に劇的にはならないんじゃないかなぁと感じています。

予想では、何もしないことに肌が慣れた後でも、元々の現状維持というか、
スキンケアしていた頃の平均的な肌と同じくらいの状態になれたら十分かなと。

もちろん、スキンケア用品なしでその状態を保てることには意義がありますが。

私の場合はどういうわけか、スキンケアに限らず、
世界のどんな場所にいても、「これがなきゃ困る!」という風にならないこと
……について、妙にワクワクするという側面があるので、日常の”必需品”が減るということ自体が嬉しかったりします(笑)

そんな背景もあって、私の人生には、ふさわしい試みと感じています。


結局、「ライフスタイル」というのは「先に」来るものじゃなくて、
その人の人生のあり方とか、何に惹かれるか…という心の面が先にあって、
それが自然と形作る結果のもの、副産物
だと言えます。

あなたに適していることが、あなたのライフスタイルになるべきで、
「ライフスタイル」が先にあって、あなたがそれに合わせるべきではありません。

ですから、私の考えとしては、
万人に「これがいいですよ」と主張できるスタイルは、存在しないのです。

たとえば私は、石鹸の使用も控えるようになって、それに慣れてみると、
「なるほど。現代の日本は確かに、“清潔信仰”に陥っているな!」
と実感することがありますが、その一方で、
石鹸の使用に反対!とは思わないし、他者を説得したい気持ちもありません。

せいぜい自分が面白いと思ったことはシェアしてみようと思うくらいです。

日常生活やバスタイム、それぞれの好きに過ごしたらいいですよね!
シャボンの香りが楽しかったり、それが心地よかったら、きっとあなたの体にも良い効果をもたらすと思います。

もし、何かがあなたにふさわしくなくなっていたら、急に違和感を覚えるなど、あなたの感覚や体がサインを出してくれます。

それくらい、単純なんです。


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.