BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

スピリットはただ愛してる

この1週間くらい、ずっとすっきりしなかったことが、
昨日の記事(こちら)を書いて、ひと晩明けたら、やっとまとまりました。

パチパチパチパチ…(拍手)

ようやく、自分で書いたことのもつれがほどけたんです(笑)。

整理したことを書いていきますね。


まず、説明するのを忘れていたこと。

「マインド」という言葉が度々出てきます。
これは、英語の「mind」をカタカナでそのまま使っていますが、
とりあえず「心」と考えてもらって、差し支えないと思います。

昨日書いたように、
常時接続に気づいてる?」の記事の前半で、
スピリットの世界でもグラデーションが体験できる旨を表現したのですが、
このこと自体は、しばらく保留にしておきます。

ただ、その説明の中で、
スピリットの心(マインド・意思)はひとつである
ここは、何より重要なポイントでした。


それで、メモだったこの記事の方↓
神と他者との関係性

ここに書いてある「神」の説明に間違いがあります


昨日、コースからまとめた記事の中で、

もともと、マインドは、「ただ知りたい」という意思でした。
という一文があったでしょう?

それと、エゴのなりたちを説明しましたよね。
そのおかげで、クリアーになったんです、そこの違いが。


☆☆☆

神は、「気づいたまま」、
この「知りたい」という遊びをやっています。

自分は何であるかを知ったまま、自覚を持って遊んでいます。
アイアム・ザット・アイアム(私は私である)ですからね(笑)。

神の子を創造して、自分の中を探求する遊びです。

ですから、「知りたい」といってもそれは、
自分の中にすでにある、無限の可能性を追究しているということです。

これが、神の創造です。

※この働きを、コースでは投影と区別して、extension(拡張)という。


一方で、エゴは、「自分がなんであるか忘れちゃった」
そのために、外の世界を通して自分を認識しようとしている。

自分を投影した外の世界を作り
自覚のないまま、外を見て自分を知ろうと試みています。

※こちらの働きを、コースでは区別して、extensionに対し、
projection(投影)といいます。

これが起こるのは、昨日書いたように、

マインドは神の子(スピリット)に属したままで、
神の性質から自由ではないから。

つまり、分離、混乱が起こった後も変わらずに、
神のマインドと同じように、
「知りたい意思」や「創造の能力」を持っているためです。

なのに、

自分が何なのかわからない、気づいていないということは、
自分で作った「わからない」世界に閉じ込められるわけです!
えんえんと。

自分の作った世界を見て、自分はこういうものだと思う。
ループ状に繰り返し、思い込みは強化され、

同じ前提の世界(「体」と自分を同一視した世界)が作られては、
続いていく仕組みです。


…この後は、おなじみですね。
これまでの私の書いた内容と無事つながってます(笑)。


私たちの内にある「知っている」スピリットにそろそろ任せて、
「エゴの世界(知らない者の世界)」を終りにしようよ、

スピリットにハンドルをゆだねれば、エゴの世界というまやかしが消えて、
この世界という夢は本当になくなっちゃうんだよ、

だから、

まずは自分の本当のアイデンティティを信じて、
「正しい目」で見ることで、
この世界の夢の中で、神の子の性質を見出すことにしよう、
そうやって、幻想から作ったものをただの「愛」の創造に戻そう、


こういうことをお伝えしたかったわけですね☆


説明の過程で、途中が一部こんがらがってしまっていたので、
自分ですごくすっきりしませんでした(笑)。

ああよかった。

終わりに今朝の、内なるスピリットのメッセージをそのままお伝えします。


☆☆☆

世界は、愛でひたひたです。

(注:自分が愛の不足という思い込みの目で世界を見ることを選んで、
愛にしかなれないものを、歪んで認知しているだけ。
そうしようと思えば、あふれる愛を今ここで見ることができる。)


「愛そう!愛になろう!」と、がんばらなくても、
スピリットはいつも愛しているのです。

……

vanillatree(スピリットとの交感状態):

これは本当に私の夢、私の完成させている世界。
ああ、そうだ…本当に「私の夢」だ。

(こういうときに起こる、大きな私が世界を抱きしめる感覚)

愛しい私の作品世界。
地球も、他の星も、宇宙も、すべて「私」の中にある。

夢の中で何が起きていても、ただただ、すべてが愛しい。


☆☆☆

はじめのころ、この記事(「音の世界」)で紹介したMAEというバンドの、
『WE'RE SO FAR AWAY』という曲をyoutubeから貼りつけておきます。

あのとき書き忘れたけど、
彼らは東京に来たときに、日本からすごく感銘を受けたそうで、
この曲には、その思いをこめていると震災直後のラジオで語っていました。

歌詞でも「Toledo to Tokyo」と、都市名のところで出てきます、
聞いてみてくださいな☆


ちっとも離れていないのに、離れていると感じられる不思議。

その気持ちにぴったりなので、選びました。

『we're so far away』↓






それでは、また次回☆


↓クリックありがとう!
人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.