BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

自分のオーラ越しに

オーラって言葉が適切かどうかよくわからないのですが、
あまり厳密に考えずに…フィーリングで書いてみます。

雑談って感じで読んでください


よく、オーラの見え方だとか、状態だとかの話をききますよね。

そのとき、

「人に見てもらう」
「自分が見る」

ということの他に、「自分のオーラ越しに、自分がものを見ている」
ということについて、考えてみたことあります!?


“視点”には色々あるので、
いっこの見え方について「これが正解」とかはないと思いますが、
私が実体験として、新鮮に、「ああそういえば!」と思ったのがこれです。


自分のエネルギーフィールドごしに世界を見ている…。

オーラを色つきで見る方で、
「自分のそのときのオーラの色ごしに(その色がついて)世界が見える」
という視覚的体験をされている方の話を読んで、なるほど!と思いました。


私の場合、これについての実感は、色ごし…というよりも、
ときどき自分のオーラの「けむり」がはっきり目前に見えることがあって、
それでよくわかるんですね。

さっきも、トイレで腰かけたとき(よく出るトイレの話 笑)、自分の目の前に、
自分のエネルギーフィールドの白いけむり状のものがしゅんしゅん見えて、
ドアが見えづらいほど。

「うわ~」と思いました。

今日は濃いな…。
暑いから?(笑) 

(※実際の理由は、よくわかりません)


この現象とはまた別に、世界中のありとあらゆるものが、
「しゅわしゅわ」とした、粒子の動きに見えるという現象もありまして、

こちらもコンディションによって顕著になる現象ですが、

私が今お話ししている「自分のエネルギーフィールド越しに見ている感じ」は、
もっとこう…まさに自分が出しているもの、発しているものを、
直接見ている感じなのです。



この「けむり」現象は、今日みたいに特に白く、濃く見えるときには、
まるで「エクトプラズム!?」なんて思ってしまいます。

というのも、このように濃く出ているとき、
見えているのは私だけじゃないこともある…と、わかった体験があったのです。


☆☆☆

あれは何年前でしょう…けっこう昔だったと思います。
家のソファーに座って、妹と話をしていました。

私は妹には、わりとよく精神世界やエネルギーの話をします。
妹は、自分からそういう世界にとっても興味がある、というわけではないですが、
偏見なく、自分の感覚で、私の話を理解しています。


そのときも、その類の話をしていたような気もします。
詳しい状況は忘れましたが、私は飲み物を取りに行こうと、
ソファーから立ちあがり、妹の目の前を横切ってキッチンへ向かいました。

その瞬間、妹が、

「わっ!おねえちゃんのおしりのところからけむりが出てるよ!!何これ!?」

と、驚いていたのです。


また後日には、今度は私が見た側になるのですが、
妹と夜中に、ちょっとこみいった話をしていたことがありました。

当時の妹自身の悩みごとに近いもの…
確か進路とか、将来の方向性に関わることで話をしており、

私は妹の考えをききながら、ときどきコメントや自分の感想をはさんでいました。
そうやって妹は、私と話しながら、
心の中にある「自分の本当の気持ち」の洗い出し作業をしていたんですよね。

なので私も、
「こうしたら?」というような自分の意見を押し付ける話し方ではなく、
「じゃあ、~についてはどう思うの?」

という風に、本人が語ったことの中でポイントを絞り、質問を返しながら、
会話を進めていました。

そんな中、私がある質問をしたところ…


ぷしゅー!

と、妹の頭上からけむりが吹き出た!(笑)


「今、頭からけむり出てたよ!なんかややこしいこと考えたでしょ?」

と思わず笑いながら言うと、

「うん!今、煮詰まって、わかんなくなった。」


頭に気を「やっている」状態というのかな?
一瞬ですけど、沸騰したやかんが湯気を吹くみたいに、出てました。

なんだか漫画みたいですよね。

漫画とか絵画の世界って、けっこう、こういう見え方を正確に、
表しているもの多いんじゃないかしら??


☆☆☆

そんなわけで、
あなたが「自分のオーラ越しに」、(ただの気分の問題というのじゃなくて、)
物理的に、毎日違った色合いの世界を見ている可能性はあるし、
エネルギーというのはそんなにあやふやな、希薄なものでもなく…。

けっこう現実的に見えるものですよ芽


という微妙な着地点で、この話は終わります(笑)


♪(*^ ・^)ノ⌒☆クリックどうもありがとぅー♪


☆プライベート・セッションをしています☆
「スピリットの声を聴くセッション」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.