BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

自分に対して隠し事がないと楽である

最近、自分の中心や静止点についてとくに書いていますけど、
ここに合っているときは何もかもが中立です。
だから抵抗ゼロなんです。

これを「自分に対して隠しごとがない」と言い表すこともできそうです。

こんな自分は受け入れられないよ!が、ない。
隠したい自分、見たくない自分が、ない。


これをジャッジしない、という言い方にしてもいいのですが、
このとき大切なのは、

ジャッジしている自分についてもジャッジがない

ということです。

どんな自分についてもジャッジがない。


「受け入れること」そのものについても、
ストラッグル(奮闘)になることがあるのをご存知ですよね。

受け入れたくない自分、抵抗する自分というのを見つけたら、
それも大きく受け入れて、そのままにしておく。
要するに、どの方向にも力を加えない、静止しているということです。

実際のところ、これは「動作」ではなく、
そのポイント(全部含んでいる静かな自分)がすでにあるので、
そこと一体感を持っているということです。


ただそのまますべてを含有する私には、
圧を感じるような努力の起こる余地はありません。

現状を、ほんとうにうけいれているとき、
何もかもがフラットになる。


このとき、迷いがあることも迷いにならない。

私は、好きにしていい。

楽です。


お手本はいないし、
こうならなければならないというのもない。

こうあるべき、というのもない。


けれども、パラドックスのようですが、
静止しているとき、自分が本当に何であるかがおのずとあらわれる。

湧いてくるものには余分な色がついておらず、
私は、葛藤なしに私を知ることができる。


究極の信頼ってこんな感じかなと思いました。


応援どうもありがとう♪


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.