読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

福島で待っていた女性の話

霊的な話

こんにちは。

今日はまた、夢のカテゴリに入れてもよい記事なのですが、
亡くなった後の人の話なので、霊的な話に分類しておきます。

以前から書こう書こうと思って、結局書いていなかったこの記事…

いや、どこかに書いたんだっけ?

と、自分でもわからなくなってました。
たぶん無いと思いますが、もし内容が重複していたらごめんなさい。


☆☆☆

以前「帰ってもらえる?」という記事の中で、
私があの、2011年3月11日を海外で過ごしていたことや、
その後に起こった体験についてを書きました。

これから書く話は、そのときからさらに1ヶ月か2ヶ月後くらいだったか…
(つまり東日本大震災からそのくらい後)に、夢の中で体験したことです。


ときどき書いている、亡くなった人を案内するような内容で、
読んだことがない方は、この記事 「共鳴現象と感情」なんかもそれに当たります。
ご参考に。


☆☆☆

さて、このとき私は、夢の中で、またしてもチーム(自分+2、3人?)で、
活動していました。

このエリアが福島県だということがわかりました。

背景は夜でした。
私たちはとある建物の、とある場所にいました。


それは一般の住居だと思うのですが、
コンクリート建ての建物で、私たちが探していた人は、バスルームにいました。

バスルームといっても、シャワーカーテンのかかっているバスタブのある、
わりと狭い個室で、ユニットバスだったかもしれません。


とにかく、私には現代のその建物も見えますが、
同時に、そこに重なって存在している女の人がおり、
その女性は百年~もしかすると数百年前の女性であると感じました。


長い髪の、当時にしてはたぶん長身だったのではないでしょうか、
ほっそりした女の人です。

年の頃は30代?
昔の人だからひょっとすると20代後半くらいなのかもわかりません。

(というのも、彼女がいわゆる、
「いかず後家」として見られていたことがわかるのですが、
当時のお嫁にいく年齢から考えると、その基準って今より早そうですから…)


彼女は下を向いて、ただ立っているのです。
現在ではバスルームになっているその場所に。

生きている私たちでいうと、頭がぼんやりしてよくわからないけど、
とくに意識してないけど、何かあってそこにいる、という感じ。


何かあって…

この女の人には何があったのでしょう?


それは、彼女は、お母さんを待っていたのでした。


彼女の生きていた当時、水害があったのです。
(私は津波かな、と思いましたが。詳しいところまではわかりません。)

そして、多くの人が亡くなりました。

この女の人もそのとき亡くなった1人ですが、
一緒に暮らしていた母親と避難している途中か、
それとも避難する間もなくあっという間だったかわかりませんが、

とにかく、「母を待っていなくては。」と、思っています。


そして、この場にいるのです。


こういうことが、彼女を見ると自然とわかります。

そして、ここからがいつものチームプレイです。


気づくと、チームのひとりが、年配のおじさんになっています。
その当時の人の服装。
(※夢の中で、外見はどのようにも変えられます。姿って本当はないので 笑)

笠をかぶってわらじとか履いていたかも…(ちょっと記憶が曖昧です)。


そして、女性に、気さくに、

「おーい!みんなもう○○(寄り合い所とか集合所みたいなところ)に、
集まってるよー。
あんたのお母さんもみんなとそこにいるよ、炊き出しもしてるよ、
待ってるからおいでー。」

みたいなことを、その人のなじみの言語で言いました。


そうだそうだ、というように、チームの他のメンバーも、
いつのまにか彼女のなじみの、村の人になって呼び掛けています。

彼女を囲み、私たちはよく馴れた、あたたかい雰囲気をつくります。


今回の水害はたいへんだったね、
さぁ、みんなもう先に避難しているからそこへ行こう、
あんたも休みたいだろう、お母さんも待ってるよ…

そんな感じで、促します。


女の人は、半ば夢みるような表情のまま、
何も言わずに、うながされるままに私たちの輪に入り、
ぶじに移動してゆきました。


説明しますと、いつも、私はここまで。

ここまでできたら、肉体にフォーカスした人間の管轄ではないのか、
非物質的な存在が引き継いでくれます。
案内された人は、その存在たちと去って行きます。

ちなみに、私が一緒にいる「チーム」の人は、非物質的な存在と思われます。


ではなぜ、亡くなったことに気がついてなかったり、去れずにいる人たちに、
非物質的な存在が最初から声をかけないの?

彼らは守ってくれているんでしょう?

と、疑問に思うかもしれませんが、


人の意識がこのような状態にあるとき、
生きている間の波長ととても近く、
つまりそちらに強くフォーカスしているので、非物質的な存在たちに気づきません。

なので、私のように現在、肉体にフォーカスした自分がある、
要するに「生きている人間」のヴァイブレーションを持つものが、
こうした次元で働きかけることで…

より自分の波長に「近い」ものが声をかければ、
そのヴァイブレーションがあれば、彼らも耳を傾けることができる、
非物質的サポーターたちのことにも気づくことができる、ということです。


私はそう理解しています。


☆☆☆

この出来事から目が覚めたとき、すごく不思議でした。

福島という場所…

今、毎日のように取り沙汰されている場所であるけれど。

なぜ、今回の震災で亡くなった人たちではなく、
数百年前に亡くなったあの女性のところへ行ったのか。


ふつうに考えれば、直近にあれだけ大きな出来事があって、
たくさんの方々が亡くなったのだから、
そこへのお手伝いに結びつきそうなものです。


個人的に、私の父方の実家が福島なので、
それではあの女性について、
祖先とか血縁とか…と、思いを巡らしてみましたが、
どうも直観センサーにはピンときませんでした。

もともとこういった活動は、自分としては意識してしていることではなく、
自然に起こることなので、不明な点が多いです。


いずれにしても…

もし、亡くなった誰かのことを案じながらこれを読んでいる方がいたら、
どうぞ心配しないでくださいね。

生きている間も、亡くなってからも、見守られていますから。

そして、あなたの思いも、伝わりますよ。


応援クリックしていただけるとうれしいです☆

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング


ありがとう!

☆スピリチュアル・カウンセリングをしています☆
「セッションのご紹介」
「お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.