BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

自虐のエネルギーについて

おはようございます。

こちらは夜の間に台風が過ぎ去って、今朝は晴れています☆

かなり明るい月も出ていました。


今朝の月。6時1分。



好きな1枚です。



今朝の空



これも月と雲とのショットハート


今日は朝のうちしかブログを書く時間が取れないので、早めに更新します♪^^

今回のテーマは、自虐のエネルギーについて

それがあなたに教えてくれていることは何でしょうか。

☆☆☆

自分で、自分のことが嫌い!という思いが強いと、

自虐のエネルギーを出すのが癖になってしまいます。

かつて私も、そうだったことがあるのですが、

ちょっとした言葉の端々にもそれがあらわれたり、

人に対して笑いをとる、明るくふざけるようなときにも、

「自虐」の癖が出てしまうんですね。


もちろん、行動やものの見方、考え方、発想にも、

それが反映されてしまうのです。


ものごとにいい・悪いはないですが

あなたが幸せを感じたい…と望んでいるなら、

自虐のエネルギーとはきっぱり決別した方がいいです。


「私なんか…」という思いに気をつけてください。

その思いを持ち続けたければ持ってもいいけれど、幸せな状態にはなりづらい。

自分で自分の幸せをじゃまして、遠ざけてしまいます。


フラットに(特別な思いを乗せることなく)、

「私は○○だよ」と自分を形容するのとは違って、

「私なんか○○」という表現は、罪悪感に端を発しています。


一見、似たことをしているようでいて、この、

罪悪感が元になっているか、なっていないか

という違いはエネルギーにはっきりと出ます。


ですから、言葉としては同じように、

「私は、○○だよ~」、「私なんか、○○だよ」

と、自分のことを描写したとして、

そこに何の罪悪感もなくただ形容したのであれば、

自虐のエネルギーは含まれていませんし、


一見、無害に見える内容でも、

その人にとってそこに罪悪感があれば、

自虐のエネルギーをまとっているということです。

具体的には、言葉より、元にあるエネルギーの違いなのですね。

それぞれの人の中に、イノセント※な自分を見つめてあげる視点と、

(※純粋無垢、けがれのない、無邪気な、という意味です)

自分に対し意地悪な、必要以上に厳しかったり悪意がある視点、

両方があるとして、

自分のことが嫌いな人、自虐的になる癖のある人は、

前者の視点を使いこなしておらず、

後者の視点ばかりを自分の中で稼働させてしまっています。

そんなにも、自分をいじめる必要はないですよね。


自分を虐げると、その反映を外にも見ることになってしまいます。

あたかも、人や状況が、自分を虐げているかのようにして見ます。


まずは「私」が自分を虐げていないかどうか、を見てください。


そしてもし、そうしていること(自虐していること)に気づいたら、

それを止めることができるのも、「私」から

ということに、気づいてくださいね。


★スピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★

個人セッションについて

お申込みのご案内


ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.